Houdini 17.5 サンプル ノードのサンプル

SOP(ジオメトリ)ノードのサンプル

サンプル

Add

AddItUp Example for Add geometry node

このネットワークでは、Add SOPによるジオメトリの構築と操作に関するたくさんの使用方法を説明しています:

  • 空間内にポイントを作成する時に使用します。そして、指定したパターンでポイントからポリゴンを作成することができます。そのポリゴンはオープンまたはクローズにすることができます。さらに、各ポイントはエクスプレッションやキーフレームを使ってアニメーションすることもできます。

  • ポイントの作成と同時に他のプリミティブからポイントを取り出す時に使用します。これらのポイントはポリゴンを作成する時に使用します。

  • Add SOPは他のポリゴンオブジェクトから抽出したポイントを使ってポリゴンを作成する時に利用します。Group SOPでは、Add SOPが参照するポイントグループを作成することができます。

  • Add SOPはアニメーションするNullオブジェクトのグループからポリゴンを作成する時に使用します。Object Merge SOPはポリゴンの生成時にAdd SOPに取り込まれているSOPの中にあるNullポイントを参照します。 Fit SOPは参照したNullポイントから順番に補間スプラインを作成する時に使用します。

  • Add SOPプリミティブを作成しないでポイントを生成する時に使用します。また、Add SOPを使って他のオブジェクトのポイントを抽出することができます。

  • 最後に、Add SOPではさらに縦の列と横の列のポイントを作成することもできます。

Agent Layer

LayerVariations Example for Agent Layer geometry node

このサンプルは、いろいろなジオメトリのバリエーションを持ついくつかのレイヤーを作成して、 それらのレイヤーをエージェントにランダムに割り当てる方法を説明しています。

Agent Relationship

AgentRelationshipBasic Example for Agent Relationship geometry node

このサンプルでは、単純な親子エージェントのセットアップ方法について説明しています。

Agent Vellum Unpack

SimpleCrowdCloth Example for Agent Vellum Unpack geometry node

このサンプルでは、Vellum Solverを使って、群衆キャラクタの布をシミュレーションする単純なワークフローを説明しています。

Align

AlignTube Example for Align geometry node

このサンプルでは、あるオブジェクトが他のサーフェスの方向を向くようにAlign SOPがどのようにしてUV情報を使用しているのか説明しています。

Align SOPのUV参照パラメータは、 AlignTubeのサンプルのようにアニメーションすることができます。

UVパラメータをアニメーションすると、ジオメトリが他のサーフェスに沿うように向きと位置が色々と変化します。

Assemble

PackedFragments Example for Assemble geometry node

このサンプルでは、Assemble SOPを使用して、リジッドボディシミュレーション向けに球をパックオブジェクトに分解する方法を説明しています。

Attribute Composite

BlendAttr Example for Attribute Composite geometry node

このサンプルでは、Attribute Composite SOPを使ってアトリビュートをブレンドする方法を説明しています。

Attribute Copy

AttribCopyTessel Example for Attribute Copy geometry node

このサンプルでは、AttribCopy SOPを使って、あるジオメトリのアトリビュートを他のジオメトリに転送する方法を説明しています。

Paint SOPを使ってグリッド上に"顔文字"をカラーアトリビュートでペイントすると、そのカラーアトリビュートが他のグリッドにも転送されます。グリッドのサイズが異なるので、テセレーションが起きます。

ジオメトリのサイズが異なる時、AttribCopy SOPはアトリビュートのパターンを繰り返します。

Attribute Create

CurveTexturing Example for Attribute Create geometry node

AttribCreate SOPは、色々なオブジェクト固有のアトリビュートを作成する時に使用します。新しく作成したアトリビュートにはラベルと値を設定することが可能です。

このサンプルでは、レンダリング時のカーブの幅を設定するためにAttribCreate SOPで線幅アトリビュート名の"width"を作成しています。Switch SOPで以下の2つのバージョンを切り替えることができます。

  • 1つ目のAttribCreate SOPでは、X軸方向に一定幅のアトリビュートを作成しています。

  • 2つ目のAttribCreate SOPでは、エクスプレッションでカーブの幅を調整することで先細りの効果を表現しています。

このアトリビュートはレンダリング時にMantraで使われます。結果を確認するには、ビューポートのレンダリングアイコンを右クリックして、"render_example"を選択してください。

Attribute Fade

FadedTorus Example for Attribute Fade geometry node

このサンプルでは、impactレコードとAttribute Fade SOPを使ったアトリビュートの蓄積方法とフェード方法を説明しています。

Attribute from Volume

DeformVolume Example for Attribute from Volume geometry node

このサンプルでは、ボリュームを変形する方法を説明しています。 最初に、ボリュームの解像度に合った分割数でBox SOPを作成し、そこからポイントの3Dグリッドを作成します。 次に、ボリュームの密度アトリビュート名の"dens"をそれらのポイントに転送します。 最後に、好きなようにポイントを変形して、空っぽのボリュームを作成すれば、そのボリュームをポイントの密度で満たすことができます。

attribfromvolume Example for Attribute from Volume geometry node

このサンプルでは、AttribFromVolume SOPを使って、ボリュームの値をPointアトリビュートに転送する方法を説明しています。

Attribute Promote

AttribPromoteSphere Example for Attribute Promote geometry node

このサンプルでは、AttribPromote SOPを使って、ポイントとプリミティブ間でアトリビュートを転送(プロモート)する方法を説明しています。

Attribute Reorient

CopyUsingOrient Example for Attribute Reorient geometry node

このサンプルでは、Attrib Reorient SOPを使って、方向アトリビュート名の"orient"をポイントに追加する方法を説明しています。 それらのアトリビュートをCopy SOPを使って各インスタンスに適用しています。

Attribute String Edit

RandomMaterial Example for Attribute String Edit geometry node

このサンプルでは、Attrib String Edit SOPを使って、文字列Primitiveアトリビュートの修正と、 プリミティブ単位でグリッドのカラーをランダム化する方法を説明しています。 サンプルでは、material_overridePrimitiveアトリビュートの文字列値にdiff_intを修正しています。

Attribute Transfer

NormalsAttribTransfer Example for Attribute Transfer geometry node

AttribTransfer SOPは、ソースジオメトリの色々なPointアトリビュートをターゲットのジオメトリに転送するのに使用する場合があります。 この場合では、グリッドの法線アトリビュートNを他のグリッドに転送しています。

TransferColor Example for Attribute Transfer geometry node

Attribute Transfer SOPは、あるジオメトリのカラーアトリビュートを他のジオメトリに転送することができます。 Attribute Transfer SOPのパラメータを使って色々な効果を設定することができます。

Attribute Rename

AttributeRename Example for Attribute Rename geometry node

このサンプルでは、Attribute SOPを使ってHoudini内のアトリビュートを削除・名前変更する方法を説明しています。 RendermanのRIBを適切に出力するために、アトリビュートの名前を変更することがあります。

Attribute Wrangle

AddPoint Example for Attribute Wrangle geometry node

このサンプルでは、Attribute Wrangle SOPとaddpoint()VEXエクスプレッションを使って、単一の新しいポイントを追加する方法を説明しています。

CentroidPoints Example for Attribute Wrangle geometry node

このサンプルでは、primintrinsic関数を使用して、プリミティブの頂点数を取得する方法を説明しています。 最初に、プリミティブ-頂点の組を線形頂点値に変換してから、その線形頂点値で参照されたポイントを検索することで その頂点に該当するポイントを見つけることができます。

Bake Volume

FluffyTorus Example for Bake Volume geometry node

このサンプルでは、Bake Volume SOPをセットアップしてFogボリュームのシャドウによるライトフィールドを計算する方法を説明しています。 これによってMantraのConstantボリュームシェーダで適切にレンダリングするためのフィールドが出力されます。

Bend

FlounderBend Example for Bend geometry node

このサンプルは、新しいBendノードを使用して、魚のヒラメを曲げる方法を説明しています。

Blast

TorusBlast Example for Blast geometry node

このサンプルでは、Blast SOPを使ってモデルのエレメントを削除する方法を説明しています。

Blast SOPを使えば、指定したパターンでポイント、エッジ、ポリゴン、ブレークポイントを削除することができます。

Blend Shapes

BlendColors Example for Blend Shapes geometry node

このネットワークでは、Blend Shapes SOPを使って、あるジオメトリのカラーを他のジオメトリのカラーに変化させています。

Blend Shapesに接続した入力が、モーフィーングの対象になります。

Blend Shapes SOPは、指定したアトリビュートすべてを補間します。この場合では、複数の入力間の“Cd”を補間しています。

アニメーションを再生して、その効果を確認してください。

PolyBlend Example for Blend Shapes geometry node

Blend Shapes SOPを使って、入力ジオメトリから形状とアトリビュートをブレンドしています。

この場合では、3つの入力を変形する対象としてBlendShapes SOPに接続して、DifferencingとBlend Positionオプションにチェックを付けています。

ブレンド値が特定の効果を出すようにキーフレームしています。アニメーションを再生して、その結果を確認してください。

Block End

NumbersOnPoints Example for Block End geometry node

このノードは、ポイント上に番号をスタンプする方法を示しています。 これは、for-each loopを使用して、各ポイントを反復し、メタデータソースを使用して、現行の反復番号を取得します。

SimpleFeedback Example for Block End geometry node

これは、for-loopsを使用して、同じノードのシーケンスを何度もジオメトリに再適用する方法を示しています。

SwissCheese Example for Block End geometry node

このノードは、1つのジオメトリのすべてのピースを反復して、元のジオメトリからボリュームを連続して減算する方法を示しています。

Bound

BoundingBox Example for Bound geometry node

このサンプルでは、ジオメトリから境界ボックスを作成する方法を説明しています。

Box

BoxSpring Example for Box geometry node

Box SOPは、ボックスの作成以外のことにも使用します。これは、特定の目的で既存のジオメトリを囲むこともできます。 Box SOPは、単純な六面体のポリゴンボックスを作成したり、ジオメトリの境界ボックスを計算したり、Lattice SOPと組み合わせて使用します。 box.hipファイルには、以下の事を説明するために、2つのオブジェクトがあります:

  • animated_bounding_box

    animated_bounding_boxオブジェクトでは、アニメーションするオブジェクトを単純なボックスで囲む方法を説明しています。 これは、複雑なジオメトリを表示するときに、ボックスを表示フラグに設定し、複雑なジオメトリをレンダーフラグに設定したい場合に役に立ちます。

  • box_spring_lattice

    これは、Box SOPとLattice SOPを組み合わせて使用したサンプルです。 Box SOPは、あるジオメトリ、この場合は球を囲む時に使用します。Box SOPのDivisionsにチェックを付けて、その値にLattice SOPの分割数を参照するように設定することで適切なジオメトリを作成します。

ボックス上面のポイントは、Group POPでグループ化しています。Spring POPは、そのグループのポイントをFixed Pointsに設定して、ボックスを変形しています。

この方法でBox SOPを使用すれば、入力のジオメトリ(この場合は、basic_sphere)が変わると、自動的にボックスとラティスもサイズが変わります。

Bulge

BulgeCat Example for Bulge geometry node

Bulge SOP、メタボール、NURBSの球を組み合わせて単純な猫の頭を作成しています。

BulgeTube Example for Bulge geometry node

Bulge SOPを使って、磁力にメタボールを指定してジオメトリを変形しています。

磁力の強度はBulge SOPで調整することができます。

Metaball SOPのパラメータは、変形させるジオメトリのBulge SOPの最終効果を修正するために調整することもあります。

Cache

SlowParticles Example for Cache geometry node

このサンプルでは、Particle SOPを使用してパーティクルの流れを作成しています。

Cache SOPを使用して、パーティクルを遅くさせています。Cache SOPでは、アニメーションのフレームレートを制御して、グローバルフレームレートよりも遅くアニメーションを読むことができます。

Cap

CapCarousel Example for Cap geometry node

このサンプルでは、グループの作成によって指定した2つのジオメトリの領域を埋める方法を説明しています。

2つのGroup SOPを使って、group_bottomとgroup_middleの2つのグループを作成します。これらのグループは、Number Enableを使用して作成しています。Patternの番号は、プリミティブ番号に一致します。これらの番号は、Primitives Numbersを有効にすることで確認することができます。

2つのCap SOPを使って、2つのグループを埋めます。First V CapまたはLast V Capのどれかで穴を埋めることで、埋めたいグループの端をどのようにするのか選択することができます。

CapTubeExamples Example for Cap geometry node

このサンプルでは、円柱の穴を埋める方法をタイプ別で説明しています。

NURBS、メッシュ、Bezierの3つのジオメトリに対して穴を埋めています。

ジオメトリのタイプ別にfaceted, shared, rounded, tangentialの穴埋めのタイプのサンプルを用意しています。

穴埋めのタイプの詳細は、Cap SOPのヘルプを参照してください。

Capture Attribute Unpack

VexDeform Example for Capture Attribute Unpack geometry node

これは、Capture Attribute Unpack SOPを使用して、キャプチャアトリビュートをVEXにアクセス可能な何かに変える方法を説明したサンプルです。 これには、キャプチャアトリビュートを滑らかにして、それらのVEXで完全に変形させるメソッドを用意しています。

Carve

CarveExtractCurve Example for Carve geometry node

このサンプルでは、Carve SOPを使ってサーフェスジオメトリから色々なエレメントを抽出する方法を説明しています。

ジオメトリのタイプに応じて、Carve SOPはポリゴンオブジェクトからポイントを抽出したり、NURBSサーフェスからカーブを抽出します。

さらに、Carve SOPはサーフェスのUとVの情報を使って色々なエレメントを抽出し、UとVの値をアニメーションすることで、ポイントやカーブがジオメトリ上を移動するといった色々な効果を作成することができます。

CopySpikes Example for Carve geometry node

このサンプルでは、Carve SOPがサーフェスから3Dアイソパラメトリックカーブを抽出する方法と、その抽出したカーブをコピーのテンプレートとして使用する方法を説明しています。

Carve SOPを使ってプリミティブをスライスしたり、複数の断面にカットしたり、プリミティブからポイントや横断面を抽出することができます。

このサンプルでは、Extractオプションを使って3Dアイソパラメトリックカーブを抽出しています。Carve SOPは同じV方向の値を持ったサーフェス上のポイントからカーブを抽出するので、円盤のような形状が連続して作成されています。

Copy SOPは、それらのカーブ上のポイントをテンプレートとして使用して、ソースジオメトリをコピーしています。

DiscCarve Example for Carve geometry node

このサンプルでは、NURBSサーフェスからカーブを抽出して、そのカーブをアニメーションする時のCarve SOPの使用方法を説明しています。

Carve SOPはUとVのサーフェスデータを使ってジオメトリを刻みます。

このサンプルでは、他のジオメトリの入力として使用するカーブを抽出して面白い効果を作成しています。

Carve SOPで、V方向を指定して、その値を0から1までの範囲で、キーフレームやエクスプレッションを使ってアニメーションしています。

Channel

BlobbySphere Example for Channel geometry node

このサンプルでは、Channel SOPを使ってCHOPからSOPに情報を送信して、その情報をジオメトリに追加する方法を説明しています。

アニメーションする球を使用して、その球で選択した領域のアニメーションに遅延を設定しています。

CHOPネットワークでは、Geometry CHOPが球ジオメトリのポイントポジションデータを取り込み、遅延の効果を出すためにそのデータをLag CHOPに渡してします。 Channel SOPはLag CHOPを参照して、ポイントデータを元のNURBSの球の選択した領域に戻しています。

ChannelSOPColorExample Example for Channel geometry node

このサンプルでは、CHOPを使ってジオメトリのカラー値をChannel SOPを通じて駆動する方法を説明しています。

Circle

CircleExamples Example for Circle geometry node

このサンプルでは、Circleのジオメトリタイプと円弧タイプの違いを説明しています。

ジオメトリタイプには、primitives, polygons, NURBS, Beziersがあります。

円弧タイプには、closed circle, open arc, closed arc, sliced arcがあります。

サンプルの円弧は、アニメーションするので、アニメーションを再生して、その円弧が開いていることを確認してください。

Clay

ClayBasic Example for Clay geometry node

このサンプルでは、Clay SOPの使用方法を説明しています。サンプルを見やすくするためにポイントをアニメーションしています。

Matrix - ポイントのトランスフォーメーションをMatrixで指定します。

Vector - ポイントをベクトルに沿って移動します。

Point - ポイントをオブジェクト空間の絶対XYZ座標に移動します。

Primitive - ポイントが2番目の入力のプリミティブの(U,V)にスナップします。 2番目の入力がなければ、自身の(U,V)にスナップします。

Clip

ClipParticle Example for Clip geometry node

このサンプルでは、Clip SOPで無限平面を使用して、パーティクルの流れを切り取る非常に単純な方法を説明しています。

アニメーションを再生して、その効果を確認してください。

ClipVariations Example for Clip geometry node

このサンプルでは、ジオメトリに対してClip SOPの色々な使用方法を説明しています。

クリップ平面で制限したジオメトリの部分に依存して、効果が生成されています。

Clip SOPはクリップ平面でグループ境界を指定することで、グループツールとしても使用することができます。

クリップ平面はアニメーション可能です。アニメーションを再生して、その結果を確認してください。

Cloth Deform

CaptureDeform Example for Cloth Deform geometry node

このサンプルでは、Cloth CaptureノードとCloth Deformノードを使って低解像度の布のシミュレーションを高解像度の布に転送する方法を説明しています。

Cluster Points

アニメーションするソースポイント Example for Cluster Points geometry node

ポインの数が変わるソースジオメトリをクラスタにする時、そのクラスタとクラスタの番号はフレーム毎にランダムに変化するので、おかしな結果になります。それを避けるために、いくつかのテクニックを使って、ポイントの最終番号に基づいたクラスタを作成しなければなりません。

最初に、Cluster Pointsノードでクラスタにするポイントのポイントポジションのセットを指定するために、 Cluster Pointsノードの2番目の入力 を接続します。これを rest position と呼びます。

例えば、Impact Analysisツールは、RBDオブジェクトの衝突からポイントを作成します。その結果のジオメトリのポイントの数は、RBDオブジェクトが衝突するほど増えます。

  1. ROP OutputドライバFileノードを組み合わせて、インパクトポイントジオメトリをディクスにキャッシュ化します。

    (サンプルのファイルは単純化するためにディスクにキャッシュ化していません)

  2. FileノードからTimeshiftノードを枝分かれして、Timeshiftの出力をCluster Pointsノードの2番目(rest position)の入力に接続します。

  3. Timeshiftノードの Frame パラメータをクラスタを実行したい時間のフレームに設定します。通常はエフェクトの最後のフレームです。$NFRAMES変数を使えば、常にシーンの最後のフレーム番号を設定することができます。

次に、必要な分だけスモークボックスを作成するために、Smoke Objectノードの Continuous を有効にしなければなりません。 これは、 すべてのフレーム でインスタンスポイント毎に新しいスモークボックスを作成します。 これを回避するために、クラスタの中心点が現れるフレームにだけボックスを作成します。 サンプルファイルでは、For Each SOPを使ってクラスタの中心点現れるフレーム以外のすべてのフレームのクラスタの中心点を削除しています。

ばら撒いたポイントのポジションと番号がジオメトリを変形した時にフレームが変わっても、つじつまが合うようにするには、ばら撒いたポイントをくっつける方法を参照してください。

Comb

CombGrass Example for Comb geometry node

このサンプルでは、Comb SOPを使ってインタラクティブに法線上を"ペイント"することでポイント法線の方向を変更する方法を説明しています。

2つのComb SOPを使って、別々の方向を向いたグリッドの法線の方向を整えています。 Sequence Blend SOPで2つのComb SOPをブレンドすることで法線が揺れているように見せています。

単純なラインジオメトリをそれらのポイントに接続しています。

Comb SOPは髪の毛や草原などのアニメーションに使うことができます。

Connectivity

ConnectedBalls Example for Connectivity geometry node

このサンプルでは、Connectivity SOPで生成したアトリビュートを使って、DOPシミュレーションの別々のジオメトリに色を付ける方法を説明しています。

Convert

ConvToTrimSurface Example for Convert geometry node

このサンプルでは、Convert SOPを使って、トリムされたNURBS/Bezierサーフェスを作成する方法を説明しています。

トリムされたサーフェスのテクスチャの扱い方を比較した4つのサンプルがあります。

  • Grid Surface グリッド上の単純なテクスチャマップ。

  • Trimmed Circle Using the Trim SOP Project SOPとTrim SOPを使ってトリムされたサーフェスを作成する一般的な方法。

  • Trimmed Circle Using the Convert SOP Convert SOPを使ってトリムされたサーフェスを作成する方法。

  • NURBS Surface Using the Convert SOP トリムされていないサーフェス上にテクスチャをパラメータ化する方法。

テクスチャのパラメータ化を分かりやすくするために、ポイント表示とワイヤーフレーム/シェーディングモードの切り替えをします。

ConvertBasic Example for Convert geometry node

このサンプルでは、Convert SOPが単純な球を使ってジオメトリタイプを変換する色々な方法を説明しています。

この説明ではチャートを使用しています。

チャートの左側では、変換元のジオメトリタイプを説明しています。

チャートの上側では、変換先のジオメトリタイプを説明しています。

この説明で使用しているSphere SOPとConvert SOPすべては、違いを分かりやすくするためにデフォルト値を使用しています。

CurveToPrimCircle Example for Convert geometry node

このサンプルでは、カーブをプリミティブの円に変換する方法を説明しています。

NURBSまたはBezierの閉じたカーブをプリミティブの円に変換するには、最初にポリゴンに変換する必要があります。

閉じたポリゴンカーブに変換してしまえば、カーブをプリミティブの円に変換することが可能です。

Potatochip Example for Convert geometry node

このサンプルでは、Convert SOPを使って閉じたカーブをサーフェスに変換する方法を説明しています。

サンプルには2つのバージョンがあります。1つ目は、カーブがサーフェスに上手く変換されています。 2つ目は、元のカーブの形状が凹んでいるので上手くサーフェスに変換されていません。

シェーディングモードで表示すると分かりやすいです。

/nodes/sop/cookie

CookieBasic

このサンプルでは、Cookie SOPの色々な使い方を説明しています。

CookieGear

このサンプルでは、Cookie SOPを使ってブーリアン演算を実行する方法を説明しています。

このインスタンスでは、ポイントをFacet SOPを使って結合し、Divide SOPを使ってサーフェスを滑らかにして、Cookie SOPで円柱で減算して穴を空けています。

CookieStar

このサンプルでは、Cookie SOPを使ってブーリアン演算を実行する方法を説明しています。

星の形状を作成して、それを球から減算しています。

Copy Stamp

CopyAttributes Example for Copy Stamp geometry node

Copy SOPはジオメトリをコピーするだけでなく、それ以上のこともできます。このサンプルでは、Copy SOPを使ってテンプレートジオメトリ(またはポイント)からカラーアトリビュートをコピーしたジオメトリに転送しています。

カラー情報を追加したポリゴンの球をソースジオメトリとして使用しています。球からカラーアトリビュート(Cd)付きのポイントを抽出し、それをCopy SOPでテンプレートとして使用します。Copy SOPはカラー情報をコピーしたポリゴンの円に転送します。

CopyTemplateAttribs Example for Copy Stamp geometry node

Copy SOPは、テンプレートから特定のアトリビュートを、コピーしたプリミティブに転送することができます。このサンプルでは、カラーアトリビュートを設定したポイントをテンプレートとして、球にカラーアトリビュートを追加しています。Particle SOPは球のポイントからパーティクルを生成するために使用しています。

Copy SOPは次の2つの事をしています:

  • ジオメトリをパーティクルにコピー。

  • ソースの球のポイントからカラーアトリビュートをパーティクルの位置にあるジオメトリに転送。

アニメーションを再生して、その効果を確認してください。

ParticleCopyScale Example for Copy Stamp geometry node

Copy SOPは、Particle SOPを使ったパーティクルをテンプレートとしてジオメトリをコピーすることができます。このサンプルでは、Copy SOPのScaleパラメータを使って特殊な効果を作成しています。 Copy SOPは、Scale以外にもコピーしたジオメトリのアトリビュートを制御することができます。

アニメーションを再生して、その効果を確認してください。

StampRandom Example for Copy Stamp geometry node

このサンプルでは、Copy SOPを使って、色々なオブジェクトを指定したテンプレートジオメトリにランダムにコピーしています。それをするためにCopy SOPのStamp機能を使っています。さらに、全体のプロセスがプロシージャルなので、コピーするジオメトリのタイプと数、使用するテンプレートの種類を決めるオプションがあります。

Copy SOPのStampタブ内に"switch"という名前の変数を作成しています。この変数はSwitch SOPのSelect Inputパラメータの入力値を駆動します。同様に、Copy SOPは入力ジオメトリをランダムな数だけテンプレートのポイントにコピーすることができます。

StampStars Example for Copy Stamp geometry node

このサンプルでは、Copy SOPのStampの機能のパワーを説明しています。

ここでは、Copy SOPを使って、円を球のポイントにコピーしています。 Stampタブでは、円の分割数、スケール、カラー、押出し量などの色々な調整をコピーに適用しています。その結果、色々な形の“星”がランダムに生成されています。

Stampにエクスプレッションを使えば、単純な円から色々な数の星を作成することができます。

Crease

CreaseBasic Example for Crease geometry node

このサンプルでは、Crease SOP, Vertex SOP, Attribute Create SOP, Subdivide SOPの4つの方法を使って、creaseweightアトリビュートをポリゴンジオメトリに追加しています。

また、MantraとRenderManでレンダリングした際にも違いが出てきます。Mantraは著作権の問題でcreaseをレンダリングできないことを知っておいてください。

Note

Mantraでcreaseをレンダリングするには、そのジオメトリを計算できるようにSubdivision SOPを追加する必要があります。オブジェクトレベルでRenderタブのGeometryパラメータをGeometry As Isに設定してください。

RenderManを使用していれば、Subdivide SOPは単なる結果のプレビュー用にすぎません。RenderManはレンダリング中にcreaseを計算します。オブジェクトレベルでRenderタブのGeometryパラメータをPolygons as Subdivision Surfacesに設定してください。

Creep

CreepBlob Example for Creep geometry node

このサンプルでは、メタボールをサーフェス上に這わせる方法を説明しています。 このケースでは、サーフェスは捻じ曲がったチューブで、メタボールは管を通過して押し出される"ブロッブ"のように見えます。

チューブは、メタボールを這わせるために作成しています。 円は同じチューブからプロファイルを抽出して作成しています。 円はCreep SOPでチューブに沿ってアニメーションしています。

メタボールは抽出した円のポイントに接続して"ブロッブ"を作成しています。

CreepParticleTubeA Example for Creep geometry node

このサンプルでは、パーティクルがサーフェス上を這う2通りの方法を説明しています。このケースでは、サーフェスは捻じ曲がったチューブです。

1つ目がサーフェスの内側にパーティクルを這わせる方法、2つ目がサーフェスの外側にパーティクルを這わせる方法を説明しています。これはCreep SOPのz scaleを変更することで、サーフェス法線方向にパーティクルをオフセットしています。

パーティクルはチューブから抽出した円から発生しています。

CreepSpiral Example for Creep geometry node

このサンプルでは、Creep SOPを使ってラインをチューブの上に螺旋状に巻きつける方法を説明しています。

CreepText Example for Creep geometry node

このサンプルでは、テキストジオメトリがアニメーションサーフェスに沿って這います。

サーフェスは、Sequence Blend SOPでアニメーションするカーブを2つ使ってスキンしています。Creep SOPでジオメトリを這わせるにはカーブではなくサーフェスが必要です。

CreepWeave Example for Creep geometry node

このサンプルでは、ジオメトリを受け取り、それをアニメーションするサーフェスに這わせる方法を説明しています。

織物の形をしたfabric.bgeoをFile SOPで取り込んでいます。 NURBSグリッドはsinとnoise関数を使って、波のように揺れるアニメーションを表現しています。

fabric.bgeoがCreep SOPでアニメーションするサーフェス上を這うことで、織物が波のように揺れているように見えます。

Crowd Source

PopulateRandomAgents Example for Crowd Source geometry node

このサンプルは、いくつかの異なったタイプのエージェントを群衆に集める方法を説明しています。

Curve

CurveHood Example for Curve geometry node

このサンプルではCurve SOPを使って車のフードを作成する方法を説明しています。

あるカーブのポイントに依存して新しいカーブ上にポイントを作成しています。これによって、あるカーブ上のポイントを動かして他のカーブに影響を与えることができます。

Curveclay

CurveClayBasic Example for Curveclay geometry node

このサンプルでは、CurveClay SOPを使ってNURBSやBezierのジオメトリに対してエンボス加工を作成しています。

CurveClay SOPを使った2通りの方法でフォントを球面上に刻印しています。

1つ目が投影したプロファイルを使った方法、2つ目が2つのプロファイルを使った方法です。

UltraSharpFont Example for Curveclay geometry node

このサンプルでは、CurveClayのジオメトリを改良する方法を説明しています。

文字"t"をグリッド上に投影しています。CurveClay SOPはプロファイル情報を認識し、それを使ってサーフェスジオメトリを変形します。

CurveClayのジオメトリのエッジを鋭くするために、SharpnessとRefinementパラメータを試してみてください。

Delete

DeleteDemo Example for Delete geometry node

このサンプルでは、Delete SOPでシーンから特定のジオメトリを削除する方法を説明しています。

ジオメトリは、ポイントまたはポイント番号、グループ、境界ボックス内の位置で削除することができます。

DeleteFan Example for Delete geometry node

Delete SOPでは、色々な方法を使ってプリミティブを削除することができます。

このサンプルのファンのように、プリミティブをパターン範囲を使って削除して、面白いオブジェクトを作成することができます。

DeltaMush

DeltaMushDemo Example for DeltaMush geometry node

このサンプルでは、Delta Mush SOPを使用したボーン変形の平滑化の方法を説明しています。

Dissolve

DissolveBox Example for Dissolve geometry node

このサンプルでは、Dissolve SOPでジオメトリのポイント、エッジ、プリミティブを削除する方法を説明しています。 Dissolve SOPは色々なエレメントを削除した後に残る穴に自動的にパッチを当てます。

Divide

RemoveSharedEdges Example for Divide geometry node

Divide SOPはジオメトリからエッジを除去することが可能です。 このサンプルでは、Divide SOPは単純なグリッドから内部エッジをすべて除去しています。

Dop Import

LowHigh Example for Dop Import geometry node

このサンプルではRBDオブジェクトに対応するために低解像度と高解像度のセットアップをする方法を説明しています。 どちらの解像度もDOP Import SOPを参照して、低解像度ジオメトリでシミュレーションをして、その結果を高解像度ジオメトリに転送してレンダリングしています。

ProxyGeometry Example for Dop Import geometry node

このサンプルでは、DOP Import SOPを使って、DOPシミュレーションでプロキシジオメトリ(代用ジオメトリ)の使用を可能にするテクニックを説明しています。 1組みのジオメトリをシミュレーションに使用し、そのシミュレーション結果のトランスフォーメーション情報をもっと解像度の高いジオメトリに適用しています。

DOP Import Records

dopimportrecordsexample Example for DOP Import Records geometry node

このサンプルでは、DOPシミュレーションの記録に一致したポイントを作成しています。 DOP Import Recordsノードは、オブジェクト毎に1個のポイントまたはインパクト毎に1個のポイントを作成することができます。

/nodes/sop/duplicate

DuplicateBox

このサンプルでは、Duplicate SOPを使ってboxジオメトリをスケールとオフセットを累積させながらコピーを複数回繰り返しています。現行コピー番号を意味するグローバルパラメータの$CYを使ったエクスプレッションを使ってパラメータを制御しています。

Edge Collapse

EdgeCollapseBasic Example for Edge Collapse geometry node

このサンプルで示すように、Edge Collapse SOPは、単純にエッジを削除します。 ポイント番号は、欠落したエッジに順応するように再配置されます。

Edge Cusp

EdgeCuspStairs Example for Edge Cusp geometry node

Edge Cusp SOPは、簡単にレンダリング時にモデル上に明確なエッジを作成することができます。 Edge Cuspは、共有エッジを個別化し、ポイント法線を再計算してエッジを作成します。

Edge Divide

EdgeDivideBasic Example for Edge Divide geometry node

このサンプルでは、EdgeDived SOPを使ってポリゴンのエッジ上にポイントを挿入する方法を説明しています。

Edge Flip

EdgeFlipBasic Example for Edge Flip geometry node

このサンプルでは、EdgeFlip SOPを使ってサーフェス上の選択したエッジを反転する方法を説明しています。

PolySplit SOPを使ってポリゴンにエッジを作成し、それをEdgeFlip SOPを使って回転しています。

Edge Fracture

EdgeFracture Example for Edge Fracture geometry node

このサンプルでは、EdgeFracture SOPを使って、入力メッシュのエッジに沿わせて様々な粉砕を行なう方法を説明しています。

Edit

ReferenceGeometry Example for Edit geometry node

このサンプルでは、アニメーションするジオメトリにEdit SOPを適用した時にEdit SOPのReference Geometryの入力を接続した場合と接続しない場合の違いを説明しています。

TerrainEdit Example for Edit geometry node

このサンプルでは、Edit SOPを使って地形を作成する方法を説明しています。

Extract Transform

ExtractAnimatedTransform Example for Extract Transform geometry node

このサンプルでは、剛体の動きを表現した変形ジオメトリから、トランスフォームがアニメーションされたパックプリミティブを作成する方法を説明しています。 この結果は、リジッドボディシミュレーションのColliderに適しています。

Extrude

ExtrudeFont Example for Extrude geometry node

このサンプルでは、Extrude SOPを使って、ボリュームとジオメトリを平坦なプリミティブから作成する方法を説明しています。

また、ジオメトリを別パートにグループ分けする方法と各グループに別々のシェーダを適用する方法も説明しています。

Facet

FacetVariations Example for Facet geometry node

このサンプルでは、Facet SOPを使って、指定したオブジェクトを滑らかにしたり、多角化したりする方法を説明しています。 また、ポイントが結合できることも説明しています。

右矢印キー(次のフレームに移動)を押すと、各サンプルが表示されます。

Falloff

falloff_twisted_squab Example for Falloff geometry node

このサンプルでは、Falloffを使ってモデルまでの距離を測定し、その距離アトリビュートを利用した独自デフォーマを作成して、そのモデルの変形量を駆動させる方法を説明しています。

File

PackedPoints Example for File geometry node

このサンプルでは、File SOPを使って、ディスクのパックプリミティブの遅延ロードを実行して、 モーションブラーのレンダリングでフレーム毎に複数ジオメトリのサンプリングを行なう方法を説明しています。 パックジオメトリをディスクに保存すると、参照付きでポイントジオメトリのみがディスクファイルに保存されます(ディスクファイルは非常に軽いです)。

PackedSamples Example for File geometry node

このサンプルでは、File SOPを使って、パックプリミティブの遅延ロードを実行して、 モーションブラーのレンダリングでフレーム毎に複数ジオメトリのサンプリングを行なう方法を説明しています。

PackedSequence Example for File geometry node

このサンプルでは、File SOPを使ってパックディスクシーケンスを読み込む方法を説明しています。

Fillet

GridFillet Example for Fillet geometry node

Fillet SOPを使えば、2つのNURBSサーフェス間にパラメータ付きでブリッジを作成することができます。 フィレットは元のサーフェスのUV情報をブリッジに使用します。

フィレットのタイプには、Freeform、Convex、Circularがあります。Freeformは通常では自然とした滑らかな形状を生成します。 左右のUV、Width、Scale、Offsetなどのパラメータを使ってサーフェス間のフィレットの位置を制御します。

Find Shortest Path

DirectedEdgesPath Example for Find Shortest Path geometry node

このサンプルでは、FindShortestPath SOPを使って、指向性のエッジを持つジオメトリから最短パスを見つける方法を説明しています。 指向性のエッジは、1方向にしか移動できません。

SOPがどのように間違えた方向を回避するのか、なぜ出力方向のエッジのみではポイントに到達できないのかを調べるために、指向性のエッジだけでなく、開始/終了点も変更してみてください。

PathAnalysis Example for Find Shortest Path geometry node

これは、FindShortestPathとAttribWrangleによる測定に基づいた"中心軸"パスを優先にする高度なサンプルです。これは、壁への近接を回避するのに役に立ちます。

空間内でもっと簡単に確認するには、Display OptionsダイアログのOptimizationタブにあるCulling > Remove Backfacesをオンにします。 Switchノードを使って別の中心軸測定を可視化してみてください。パスの中心軸を考慮しない同じサンプルを、違いがわかるようにSOPネットワーク内の端に置いています。

Fit

FitCurves Example for Fit geometry node

このサンプルでは、Fit SOPを使ってNURBSカーブを基本ポリゴンカーブにフィットさせる方法を説明しています。

Fit SOPは、入力ジオメトリのポイントを通過するNURBSまたはBezierカーブを新しく構築します。

フィッティングには方法が2通りあります:

Interpolationは、入力カーブ(元のポリゴンカーブ)と同じCVの数を出力します。

Approximationは、CVの数を減らすと同時に、入力ポイントを通過するカーブを近似します。

アニメーションを再生して、これら2つの方法がカーブに与える影響の違いを確認してください。

FitSurfaces Example for Fit geometry node

このサンプルでは、Fit SOPを使ってポリゴンメッシュをNURBSサーフェスにフィットさせる方法を説明しています。フィッティングには方法が2通りあります:

  • Approximationは、データポイントのパスに従っておおまかにプリミティブを生成します。

  • Interpolationは、データポイントすべてを通過するプリミティブを生成します。

/nodes/sop/fluidsource

ColourAdvect

このサンプルでは、Fluid Source SOPを使って、新しいボリュームの色を煙のシミュレーションに加えて移流させる方法を説明しています。

CoolLava

このサンプルは、Cool Within Objectシェルフツールを使用して、溶岩を冷却する方法を説明しています。

TorusVolume

このサンプルでは、Fluid Source SOPを使って、トーラスから流体シミュレーション用のボリュームを作成する方法を説明しています。

Font

BubblyFont Example for Font geometry node

Font SOPを使ってシーン内に3Dテキストジオメトリを作成することができます。

ジオメトリはポリゴン、Bezier、またはその2つを組み合わせて設定されます。

カーブを含んだ文字にはBezier、直線のエッジにはポリゴンという組み合わせが使われます。

デフォルト以外のフォントはFontパラメータで指定します。

FontBasic Example for Font geometry node

このサンプルでは、Font SOPを使ってテキストの書式で利用可能なパラメータをいくつか説明しています。

Force

ForceBasic Example for Force geometry node

このサンプルでは、Metaball SOPとParticle SOPをForce SOPと組み合わせてダイナミックアニメーションを作成する方法を説明しています。

Force SOPのRadial Forceパラメータを使用すると、パーティクルが内側と外側に吹きつけられます。 Directional Forceパラメータを使用すると、ある軸を基準にメタボールがぐるぐるまわると、それに伴って回転する渦が作成されます。

再生ボタンを押してアニメーションを確認してください。

/nodes/sop/foreach

ForEachExamples

このサンプルでは、For Each SOPの使い方をグループ、ナンバー、アトリビュート値の3通りで説明しています。

ForEachMagnet

このサンプルでは、ForEach SOPを3つのモード(グループ、アトリビュート、ナンバー)で使い方を説明しています。 ローカル変数をサポートしないSOP(例:Magnet)は、このサンプルで示す3つのモードのどれかを使えば、ローカル変数をサポートするようにできます。

cheese

このサンプルでは、ForEach SOPを使って一切れのチーズに球を個々にブーリアン演算する方法を説明しています。

cutup

このサンプルでは、ForEach SOPを使って、あるオブジェクトが他のオブジェクトの各パートと交差して、結果を一緒にマージする方法を説明しています。

repeatsmooth

このサンプルでは、ForEach SOPを使って、同じSOPをジオメトリに繰り返して適用し、且つ、繰り返しの周期毎にその効果を累積していく方法を説明しています。

Fractal

FractalGeoTypes Example for Fractal geometry node

このサンプルでは、Fractal SOPでジオメトリを変形してランダムで凸凹なサブディビジョンサーフェスを生成します。 これは地形、景観、岩、破片などを表現するのに役に立ちます。

Fractal SOPを各ジオメトリタイプに適用してジオメトリタイプによって変位に違いがあることを確認してください。

Fur

Clumping Example for Fur geometry node

Fur SOPは髪の毛のようなカーブをインスタンス化するために使用します。

このケースでは、1つ目のFur SOPでクランプ(束)に適用するカーブを作成しています。 2つ目のFur SOPではクランプ(束)を定義しています。

FurBall Example for Fur geometry node

このサンプルでは、Fur SOPがガイドカーブとスキンジオメトリに応じて髪の毛のようなカーブを作成する方法を説明しています。

FurBallWorkflow Example for Fur geometry node

このサンプルでは、Fur SOPとMantra Fur Procedural SHOPをアニメーションするスキンジオメトリに適用する方法を説明しています。 CVEXシェーダを使って、ジオメトリに割り当てられたアトリビュートに応じて髪の毛の見た目を定義しています。

FurPipelineExample Example for Fur geometry node

このサンプルでは、カスタムシェーダを使ってFur SOPで生成したファーの外観を定義する方法を説明しています。

FurRandomScale Example for Fur geometry node

このサンプルでは、CVEXシェーダを使ってプロシージャルなエフェクトをFur SOPで生成したカーブに適用する方法を説明しています。 Fur SOPのガイドジオメトリとスキンジオメトリの入力からのアトリビュートすべてをCVEXシェーダで利用可能です。 CVEXシェーダは、各カーブの固有IDを示す"fur_id"と各ポイントの位置を示す"P"のアトリビュートを使用します。

FurTextureMap Example for Fur geometry node

このサンプルでは、テクスチャマップを使ってファーに色を付ける方法を説明しています。

PointFur Example for Fur geometry node

このサンプルでは、ポイントを使って、ヘアーの根元の位置を指定する方法を説明しています。

Shaved Example for Fur geometry node

このサンプルでは、テクスチャを使ってファーの密度を設定する方法を説明しています。

Fuse

FuseHood Example for Fuse geometry node

このサンプルでは、Fuse SOPを使って独立したカーブ間のポイントを結合する方法を説明しています。

車のフードの3つのパネルを作成してFuse SOPを使って1つに結合しています。

Glue Cluster

glueclusterexample Example for Glue Cluster geometry node

このサンプルでは、Glue Cluster SOPとGlue Network Constraint DOPを使ってボロノイ破壊するパーツを1つにまとめる方法を説明しています。 これによって、クラスタリングが凹状のオブジェクトを用意しなくてもBulletと使用することができるようになります。

Grid

GridBasic Example for Grid geometry node

Grid SOPは非常によく使われるプリミティブで、特にパーティクルのソースで使われます。非常に汎用的でたくさんのサーフェスパラメータのオプションがあります。

このサンプルには、Primitive TypesとConnectivityを色々と変えたグリッドがあります。

/nodes/sop/group

FeaturedEdges

このサンプルでは、Edge Groupを使って、オブジェクトの特徴的なエッジをPolyreduceで保持する方法を説明しています。

Group Copy

GroupCopyBox Example for Group Copy geometry node

このサンプルでは、他のネットワークのグループに基づいて、ジオメトリをグループ化する方法を説明しています。

Group Transfer

TransferProximity Example for Group Transfer geometry node

このサンプルでは、Group Transfer SOPによって、グループのプリミティブの近接度から、グループを新しいジオメトリセットに転送する方法を説明しています。

/nodes/sop/heightfield_erode-2.0

upscaling

このサンプルでは、解像度別に複数の侵食パスを処理することで、効率的に大規模侵食をシミュレーションする方法を説明しています。

volcano

このサンプルでは、独自の侵食DOPシミュレーションを作成する方法について説明しています。

Hole

HoleBasic Example for Hole geometry node

このサンプルでは、Hole SOPの使い方を説明しています。

そこにはHole SOPを使ったサンプルが4つあり、サーフェスに穴を追加したり、穴を削除する方法を説明しています。

IsoOffset

Brickify Example for IsoOffset geometry node

このサンプルでは、IsoOffset SOPを使ってオブジェクトをブロック化する方法を説明しています。

SquabVolume Example for IsoOffset geometry node

このサンプルは、isooffsetを使用してボリュームに変換されたSquabテストオブジェクトに対して Volume Visualizerの使用方法を説明しています。

Join

BasicJoin Example for Join geometry node

このサンプルでは、Join SOPが複数のパーツのジオメトリをフェースとサーフェスで接続する方法を説明しています。

Join SOPは個々のパーツのジオメトリをアトリビュートを引き継いで1つのプリミティブに結合します。

NURBS、Bezier、メッシュのサーフェスをJoin SOPで使用します。

ポリゴンはJoin SOPでは機能しません。

Lattice

BallBounce Example for Lattice geometry node

このサンプルでは、Lattice SOPを使って跳ね返るボールの作成方法を説明しています。

DeformLattice Example for Lattice geometry node

Lattice SOPは、ソースジオメトリを囲んだ単純なジオメトリを操作することでアニメーションする変形を作成することができます。

このサンプルでは、Lattic SOPでアニメーションするBOX SOPを使用してソースジオメトリを変形する方法を説明しています。 このケースでは、ソースジオメトリは球を使用しています。

LatticePerChunk Example for Lattice geometry node

このサンプルでは、ForEach SOPを使ってLattice SOPを球の各セグメントに適用する方法を説明しています。

/nodes/sop/layer

MultiTexture

このサンプルでは、Layer SOPを使って複数のテクスチャを1つのオブジェクト上に重ねる方法を説明しています。

MultiUV

このサンプルでは、Layer SOPとVEX Layered Surface SHOPを使用することで、別々のUVセットに複数のシェーディングレイヤーを持たせる方法を説明しています。

Line

LineDirection Example for Line geometry node

このサンプルでは、Line SOPを使ってラインを生成する方法を説明しています。

L-System

LSystemMaster Example for L-System geometry node

L-System SOPは、反復処理によって複雑な形状を定義することが可能です。このノードは初期文字列を繰り返して評価する数学的な言語を使用し、その評価結果からジオメトリを生成します。各評価の結果が次のジオメトリの反復の基本になり、ジオメトリが成長していきます。

このサンプルのネットワークは、あなたが初めてL-Systemの独自ルールを記述するのに十分です。

しかし、L-Systemの作成に本気で興味のある人は次の本を読むべきです:

The Algorithmic Beauty of Plants, Przemyslaw Prusinkiewicz and Aristid Lindenmayer

L-Systemのコマンドの完全なリストは、Houdiniのヘルプを参照してください。

LsystemBuilding Example for L-System geometry node

このサンプルは、L-System SOPを使って窓のあるビルを生成する方法を説明しています。

Magnet

MagnetBubbles Example for Magnet geometry node

このサンプルではMagnet SOPでジオメトリを変形する方法を説明しています。

Magnet SOPの影響力をメタボールの大きさに設定しています。その影響力は、サーフェスとメタボールの中心との距離に基づいて変形します。

このサンプルでは、平面のサーフェス上を跳ねて移動するパーティクルにメタボールを追加しています。そのサーフェスとメタボールが交差した箇所が泡のように変形します。

MagnetDistortion Example for Magnet geometry node

このサンプルでは、Magnet SOPの色々な使い方を説明しています。 Magnet SOPを使ってポイントの位置・カラー・法線・Velocityに影響を与えることができます。

Match Topology

MatchTopologySphere Example for Match Topology geometry node

このサンプルでは、Match Topology SOPを使ってポイント番号とプリミティブ番号を揃える方法を説明しています。

Tracking Points, Reference Points, and Assume Primitives Matchの機能は、完全な一致を得るために使用します。

MDD

SimpleMDD

このサンプルでは、MDD SOPとMDD File Writer ROPの使い方を説明しています。

Measure

MeasureArea Example for Measure geometry node

このサンプルでは、Measure SOPを使って、プリミティブの面積に基づいて、グループを作成する方法を説明しています。

MeasureLaplacian Example for Measure geometry node

このサンプルでは、Laplacianの測定法を使ってアトリビュートを平滑化または鮮明化する方法を説明しています。

Merge

MergeAttributes Example for Merge geometry node

Merge SOPは入力のアトリビュートすべてを入力のジオメトリすべてに適用します。各入力ジオメトリが独自のアトリビュートを持っている場合があります。

3つの球をMerge SOPに接続しています。1番目の球にはアトリビュートがありません。2番目の球にはPoint SOPでカラーアトリビュート(Cd)が追加されています。 3番目の球には別のPoint SOPで法線アトリビュート(N)が追加されています。

Merge SOPはアトリビュートを構築する方法を 知りません が、アトリビュートを追加することができます。その結果、Merge SOPで追加されるアトリビュートすべてはゼロに設定されます。 1番目と2番目の球はそれぞれカラー値が白(1,1,1)、青(0,0,1)にも関わらず黒になっています。これは法線アトリビュートが追加されて、値がゼロに設定されているからです。

アトリビュートの値を指定するなら、Merge SOPに頼らないようにしてください。

Metaball

BlendMetaballs Example for Metaball geometry node

このサンプルは、メタボールがフォースとして作用することを基本的な例を使って説明しています。メタボールはMetaball SOPで作成することができます。

Point SOPは、各フォースがお互いに引き寄せられた状態のメタボールを視覚的に表現するために使用しています。

MetaExpression Example for Metaball geometry node

このサンプルでは、Attribute Create SOPのmetaExpressionを使ってメタボールを色々な方法でくっつける方法を説明しています。

Mirror

MirrorSpout Example for Mirror geometry node

このサンプルでは、Mirror SOPを使ってジオメトリをミラーする方法を説明しています。

Normal

BoxNormals Example for Normal geometry node

このサンプルでは、Normal SOPを使用して、5つのタイプのボックスと押し出されたテキストに対して、ポイント法線と頂点法線の見た目の違いを説明しています。

Paint

PaintAttributes Example for Paint geometry node

このサンプルでは、Paint SOPでジオメトリ上にアトリビュートをペイントして、アトリビュートでジオメトリを修正する方法を説明しています。

PaintColour Example for Paint geometry node

このサンプルでは、Paint SOPでジオメトリに色を塗る方法を説明しています。

PaintPoints Example for Paint geometry node

このサンプルでは、領域単位でポイント数を設定して、ジオメトリ上にペイントでポイントを撒き散らす方法を説明しています。

/nodes/sop/particle

FlutteringLeaves

このサンプルでは、Particle SOPを使って、ひらひらと舞う葉っぱのシミュレーションの作成方法を説明しています。

また、Point SOPでポイント法線を修正することで、パーティクルの速度と方向に影響を与える方法を説明しています。 パーティクルとは実際には空間内のポイントなので、パーティクルのアトリビュートを制御するにはPoint SOPを使用するのが効果的な方法です。

再生ボタンを押してシミュレーションを確認してください。

PScale

このサンプルでは、Particle SOPを使って指定したパーティクルのデフォルトサイズを設定する方法を説明しています。

単純なグリッドを使って風で流されて行くパーティクルの動的シミュレーションを作成することができます。 パーティクルがグリッドから離れるほど、パーティクルがゆっくりと消えていきます。

ParticleAttractor

このサンプルでは、メタボールをフォースとしてParticle SOPを使用する方法を説明しています。

パーティクルは原点から発生し、止まっているメタボールに向かって進みます。 メタボールにはForce SOPが適用されていて、パーティクルがメタボールに到達すると広がっていきます。

ParticleCollisionBasic

これは、Particle SOPを使ってSOPレベルでパーティクルを発生し、ジオメトリと衝突さる基本的なサンプルです。

ParticleDisturbance

このサンプルでは、パーティクルのソースにグリッドを使い、MetaballとForce SOPを組み合わせてParticle SOPを使うことで物理アニメーションを作成しています。

メタボールの船が航跡沿いからパーティクルを外側に弾き出しながら突き進んで行きます。 Force SOPを使うことでパーティクルが船に反応するようになっています。

アニメーションを再生して全体の効果を確認してください。

ParticleExamples

このサンプルでは、Particle SOPの色々な使い方を5つの説明しています。

  • Creep Creep SOPを使ってサーフェス沿いにパーティクルを這わせます。

  • Group サーフェス上のポイントのグループからパーティクルを発生します。

  • Bounce パーティクルを跳ね返らせます。

  • Split 接触時にパーティクルを分割します。

  • Collide 衝突オブジェクトからパーティクルを発生します。

  • Moving Object 移動オブジェクトからパーティクルを発生します。

  • Force メタボールを使ってパーティクルに力を加えます。

ParticleFountain

このサンプルでは、いくつかのParticle SOPと基本モデルから噴水を作成する方法を説明しています。

法線オフセット、速度の多様化、衝突時の動作を設定して、パーティクルの動きと見た目を設定する方法がわかります。

ParticlePusher

このサンプルでは、Metaball SOPとForce SOPを使って、Particle SOPで生成したパーティクルの流れを左右に押し出す方法を説明しています。

パーティクルは球から広がって発生すると同時に、メタボールが左右に動いてパーティクルを押し出します。

アニメーションを再生して全体の効果を確認してください。

ParticleTube

Particle SOPはSOPレベルでパーティクルを作成することができ、そのパーティクルを直接ジオメトリと作用させることが可能です。 さらに、パーティクルは次々とポイントジオメトリとして扱われます。

このサンプルでは、チューブオブジェクト上を這うパーティクルとチューブオブジェクトに衝突するパーティクルがあります。 そのオブジェクトのポイント法線(パーティクルの法線を含む)を調整してSOP内のパーティクルを制御することも可能です。

Partition

PartitionBall Example for Partition geometry node

このサンプルでは、Partition SOPによってDOPオブジェクトを決定して、DOPシミュレーション内のジオメトリを分解する方法を説明しています。

Peak

PeakEars Example for Peak geometry node

このサンプルでは、Peak SOPを使って頭にとがった耳を作成する方法を説明しています。

Peak SOPに"先端"となるポイント番号を指定し、法線に沿ってそのポイントを移動してとがった耳を作成しています。

Platonic Solids

PlatonicSolidsTypes Example for Platonic Solids geometry node

Platonic Solids SOPは色々なタイプのプラトン立体を生成します。プラトン立体とは、凸状で頂点とフェースすべてがまったく同じ形式の多角形のことです。プラトン立体は、正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の5つだけあります。このSOPではそのタイプを選択することができます。

このサンプルでは、異なる多角形が7つあり、どれもPlatonic Solids SOPで作成することができます。

Point

AimPointNormals Example for Point geometry node

このサンプルでは、Point SOPを使ってポイント法線の方向をパスに沿わせる方法を説明しています。 これによって、ジオメトリをポイントにコピーした時にジオメトリの向きを制御できるようになります。

Carve SOPにエクスプレッションを使用することで、フレーム毎に1ポイントの基準でポイントを螺旋に沿って抽出しています。 円錐を抽出したポイントに連続でコピーすることで、パスに沿ってアニメーションします。

CrossProduct Example for Point geometry node

このサンプルでは、Point SOPを使って外積を計算する方法を説明しています。 外積は、2つの入力ベクトルに垂直なベクトルを定義します。

このサンプルを可視化する場合は、SOPネットワークに移動して、ディスプレイツールバーの Point Normals を有効にしてください。

PointBorrowing Example for Point geometry node

このサンプルでは、Point SOPで他の入力に応じてジオメトリを変形する方法を説明しています。

球を作成して、そのポイントをランダムに変形しています。 そして、Point SOPに元の球と変形した球の両方を入力に接続して、元の球と変形した球の平均値となる球を作成しています。 これには、単純な数式によってポイント毎に2つの球の位置を平均化しています。

PointExamples Example for Point geometry node

Point SOPは非常に汎用的なオペレータです。 このサンプルでは、Point SOPを使ってポイントのウェイト、カラー、法線、UVのアトリビュートを制御する方法を説明してます。

さらに、Point SOPによってPointアトリビュート間に色々な関係を作成することができます。

PointNormals Example for Point geometry node

このサンプルでは、Point SOPを使って法線をジオメトリに追加する方法を説明しています。

また、ポイント法線をコピーしたジオメトリの向きとシェーダの外観に影響を与える方法も説明してます。

PointOffsetSurface Example for Point geometry node

Point SOPを使って単純な変位を作成して、それを球のサーフェスの一部に適用しています。

Point Positionでポイント法線と数値を設定すれば、ポイントは法線方向に変位します。 そしてMergeとSkin SOPを使って、変位したサーフェスと元のサーフェスを接続しています。

PointSpiral Example for Point geometry node

このサンプルでは、Point SOPを使って直線を螺旋に変換する方法を説明しています。

ここでは2つの方法があります。 1つ目が直線のポイント番号を使ってエクスプレッションで定義する方法です。 2つ目が直線の境界ボックスのポイントの位置を使ってエクスプレッションで定義する方法です。

PointTerrainErode Example for Point geometry node

このサンプルでは、Fractal SOPを使って山の景観を作成する方法を説明しています。

Point SOPによって山を次々と削っています。 Point SOPでSpareチャンネル"erode"とclamp()関数を使って、全体の土地を制御しています。

PythonExpressionSopDeformer Example for Point geometry node

このサンプルでは、SOPノード内に単純なPythonエクスプレッションを使って、グリッドを変形する方法を説明しています。 エクスプレッションでは、PythonのMathライブラリをインポートして、noiseを使ってグリッドのポイントを変形しています。

Point Cloud Iso

TwistyCube Example for Point Cloud Iso geometry node

このサンプルでは、Point Cloud Iso Surface SOPを使って点群からポリゴンを構築する方法を説明しています。

Points from Volume

AlphaOmega Example for Points from Volume geometry node

このサンプルでは、Points From Volume SOPでFLIPシミュレーション用のターゲットゴールを作成して、指定したジオメトリを満たすようにします。

PolyBevel

PolybevelBox Example for PolyBevel geometry node

このサンプルでは、Poly Bevel SOPを使ってジオメトリを面取りする方法を説明しています。

Poly Bridge

BridgeCurvesandPrims Example for Poly Bridge geometry node

これには、Bridge SOPの使用方法を説明したサンプルが2つ入っています。

最初のサンプルでは、カーブをNURBSに投影して、そのカーブでトリムしたNURBSにBridge SOPを使用する方法を説明しています。2番目のサンプルでは、2つに離れたプリミティブにBridge SOPを使用する方法を説明しています。

再生ボタンを押してBridge_ Two_Carvesオブジェクトのアニメーションを確認してください。

/nodes/sop/polycap

PolycapTube

このサンプルでは、Poly Cap SOPを使って、ジオメトリ内の穴を塞ぐ方法を説明しています。

PolyCut

PolyCutBasic Example for PolyCut geometry node

このサンプルでは、PolyCut SOPを使って、アトリビュートに応じてカーブを分解する方法を説明しています。

Poly Extrude

PolyextrudeTube Example for Poly Extrude geometry node

このサンプルでは、Poly Extrude SOPを使ってジオメトリを押し出す方法と、さらに、Poly ExtrudeコントロールのGlobalとLocalの違いを説明しています。

/nodes/sop/polyknit

PolyKnitBasic

このサンプルでは、PolyKnit SOPによるポリゴンの結合の色々なオプションを説明しています。 PolyKnit SOPは穴や隙間を塞いだり、ポリゴンのエッジを再定義するのに役に立ちます。

PolyKnitを使って手動で既存のポリゴン間にポリゴンを縫い合わせることができます。 新しいポリゴンを"縫い合わせる"ための入力ポイントのリストを指定してポリゴンを作成します。

PolyKnitはポイントの選択順やリストのパターンによって結果が異なります。 PolyKnit SOPによる新しいポリゴンの作成方法に関する詳細はヘルプを参照してください。

PolyPatch

PolyPatchDNA Example for PolyPatch geometry node

このサンプルでは、Poly Patch SOPを使ってプロシージャルに複雑なモデルを作成する方法を説明しています。

ここではDNAモデルを作成しています。

PolyReduce

PolyreduceBatwing Example for PolyReduce geometry node

このサンプルでは、Polyreduce SOPを使って、ジオメトリのポリゴン数を減らす方法を説明しています。

PolySoup

PolysoupTorus Example for PolySoup geometry node

このサンプルでは、Polysoup SOPを使って、高解像度ポリゴンをメモリ使用量が少ない単一プリミティブに変換する方法を説明しています。

PolySplit

PolySplitHood Example for PolySplit geometry node

このサンプルでは、PolySplit SOPでポリゴンを分割して車のフードのジオメトリを改良する方法を説明しています。

PolyStitch

PolyStitchBasicSmooth Example for PolyStitch geometry node

このサンプルでは、Poly Stitch SOPでUVが一致しないポリゴン間の継ぎ目を縫い合わせたり、改良する方法を説明しています。 このノードは継ぎ目を滑らかにしたり、裂け目を除去するのに役に立ちます。

PolyWire

PolywireModel Example for PolyWire geometry node

このサンプルでは、Poly Wire SOPを使ってポリゴンの枠にポリゴンを作成する方法と、パラメータをローカル変数でカスタマイズできることを説明しています。

Primitive

PrimCenter Example for Primitive geometry node

このサンプルでは、Primitive SOPを使って正しくプリミティブをカーブに沿わせる方法を説明しています。

Sweep SOPはデフォルトでは、プリミティブの原点をカーブ上に配置します。 プリミティブの重心が原点から離れていると、プリミティブもカーブから離れて配置されます。

正しくプリミティブの重心をカーブに配置するには、その重心を原点にしなければなりません。 それをするために、Primitive SOPを使用しています。

PrimRotate Example for Primitive geometry node

このサンプルでは、Primitive SOPでグリッド上の個々のプリミティブを回転する方法を説明してます。

Group SOPを使ってグリッド上の境界ボックスをアニメーションしているため、Primitive SOPでランダムな回転が有効になっています。

PrimitiveColors Example for Primitive geometry node

このサンプルでは、Primitive SOPでカラーアトリビュートをプリミティブに追加する方法を説明しています。

rand()関数をRGBフィールドに使用することで、各プリミティブに別々のランダムなカラーを生成しています。

prim()関数はSOPのアトリビュート値を参照するために使用し、他のSOPのアトリビュート値を駆動しています。

PrimitiveExplode Example for Primitive geometry node

このサンプルでは、Primitive SOPでオブジェクトの個々のプリミティブを制御できることを説明しています。

Translateパラメータにエクスプレッションを使用して、プリミティブが重心から離れる アニメーションを作成しています。 さらに、他のエクスプレッションによってプリミティブをランダムに回転したり、各プリミティブにランダムなカラーを設定しています。

それらのパラメータによって元の球を破壊する爆発を表現しています。

PrimitiveMetaWeight Example for Primitive geometry node

このサンプルでは、Primitive SOPで他のジオメトリのアトリビュートを駆動する方法を説明しています。 このケースでは、Metaball SOPのWeightパラメータに影響を与えています。

さらに、パラメータをアニメーションしています。再生ボタンを押してアニメーションを再生してください。

Profile

FlagProfiles Example for Profile geometry node

このサンプルでは、Project SOPでサーフェス上のプロファイルを作成する方法する方法を説明しています。

Profile SOPでサーフェスからプロファイルを抽出したり、プロファイルをサーフェスに再マップしています。 プロファイルをサーフェスに合わせてアニメーションさせたり、サーフェス内をアニメーションさせています。

Project

ProjectCurve Example for Project geometry node

このサンプルでは、Project SOPでTubeジオメトリにCircleを投影しています。

Circleプロファイルをベクトル方向でTubeに投影しています。 Trim SOPでそのプロファイルを使用してTubeに穴を空けています。

Rails

BasicRail Example for Rails geometry node

このサンプルでは、Rail SOPで単純なカーブを指定して、そのカーブに基づいてサーフェスを作成しています。

単にSOPのパラメータを変えるだけで、色々なサーフェスを作成することができます。 最終的にはカーブが消えてサーフェスが残ります。

Ray

RayWrap Example for Ray geometry node

Ray SOPは、あるサーフェスを他のサーフェス上に投影します。

これは、投影元のサーフェスの法線と投影先のサーフェスとの衝突を計算しています。

このサンプルでは、Ray SOPでGridサーフェスをSphereサーフェス上に投影しています。 Facet SOPは、投影したGridの法線を修正しています。

RBD Constraints From Lines

RBDConstraints Example for RBD Constraints From Lines geometry node

このサンプルでは、RBD Constraints from Lines、RBD Constraints from Curves、RBD Constraints from RulesのSOPの使い方を説明しています。

Refine

BasicRefine Example for Refine geometry node

このサンプルでは、Refine SOPを使って、たくさんのタイプのサーフェスからディテールを追加・削除する方法をいくつか説明しています。

Remesh

Squidremesh Example for Remesh geometry node

このサンプルでは、Remesh SOPを使って、巨大イカ蟹のモデルを、ハードエッジを保持しながら再メッシュする方法を説明しています。

Resample

ResampleLines Example for Resample geometry node

このサンプルでは、3つのタイプのカーブ(Polygon, NURBS, Bezier)に対してResample SOPを使う方法を説明しています。

Resample SOPは、カーブをポリゴンラインのセグメントに変換することでカーブを再構築します。

カーブは"Along Arc"や"Along Chord"で再構築されます。 "Along Arc"は再構築の基準としてHull情報を使用し、Maximum Segment LengthやMaximum Segmentの数で定義することができます。 "Along Chord"はMaximum Segment Lengthだけで定義することができます。

Maximum Segmentの数に基づいてカーブを再サンプリングすると、カーブの始点から終点までの長さを測定して、カーブを等間隔のセグメントのラインに分割されますが、長さは指定できません。 ラインのディテールはセグメントの数に比例しています。

Maximum Segment Lengthに基づいてカーブを再サンプリングすると、全体のカーブが最後のセグメント以外は同じ長さのセグメントのラインに分割されます。 Maintain Last Vertexオプションをオンにすると、最後のセグメントの長さは終点までの距離を保持するのでMaximum Segment Lengthの値以下になります。 オプションをオフにすると、最後のセグメントの長さは終点までの距離が無視され、他のセグメントと同じ長さになります。

ディスプレイツールバーのPointsを有効にして、Resample SOPがどのようにラインセグメントを再リサンプリングしているのか確認してください。

Rest Position

BasicRest Example for Rest Position geometry node

Rest Position SOPは、変形するサーフェスにシェーダを密着させるために、サーフェス法線に基づいたアトリビュートを作成します。

すべてのプリミティブがrestアトリビュートをサポートしていますが、二次曲線/曲面のプリミティブ(円、チューブ、球、メタボール)に関しては、Rest Position(静止位置)の移動のみサポートしています。 つまり、Rest Normal(静止法線)は、それらのプリミティブタイプでは正しく動作しません。

ジオメトリを変形したり、ボリュームまたはソリッドのマテリアル/パターンをシェーダに割り当てる時のみ、Rest Position SOPを使用してください。

Mantraでポリゴンやメッシュに対してFeathering(境界ぼかし)を使う場合は、Rest Normal(静止法線)が必要になります。 NURBS/Bezierは、Rest Position(静止位置)を使って正しいRest Normal(静止法線)を計算します。

その効果を確認するために、レンダリングをセットアップする必要があります。

Rest適用なし Rest適用あり

Revolve

BasicRevolve Example for Revolve geometry node

このサンプルでは、Revolve SOPに指定した軸でカーブやサーフェスを回転させてジオメトリを作成する方法を説明しています。 トーラスや花瓶のような単純なオブジェクトはRevolve SOPとユーザー定義の入力で生成します。

ここでは、ジオメトリタイプ毎のRevolve SOPのパラメータの違いを確認してください。

Sequence Blend

Birdy Example for Sequence Blend geometry node

同じポイントの数で同じポイントの並びで作成したジオメトリを3つ用意しています。 各ジオメトリをSequence Blend SOPに接続しています。 Sequence Blend SOPのBlend Factorパラメータにエクスプレッションを使うことで、3つの入力からモーフィングアニメーションを作成しています。

BlendPUsingv Example for Sequence Blend geometry node

このサンプルでは、Sequence Blend SOPを使って、Velocityを考慮しながらポイント位置をブレンドする方法を説明しています。

BlendPointAttributes Example for Sequence Blend geometry node

このサンプルでは、Sequence Blend SOPを使ってPointアトリビュートをブレンドする方法を説明しています。

BlendPrimitiveAttributes Example for Sequence Blend geometry node

このサンプルでは、Sequence Blend SOPを使ってPrimitiveアトリビュートをブレンドする方法を説明しています。

BlendVertexAttributes Example for Sequence Blend geometry node

このサンプルでは、Sequence Blend SOPを使ってVertexアトリビュートをブレンドする方法を説明しています。

Scatter

DoorWithPolkaDots Example for Scatter geometry node

このサンプルでは、入力ジオメトリを再修正したり壊すことでトポロジーが変わってしまっても、整合性を保つようにポイントをばら撒くScatter SOPの使い方を説明しています。 これは、テクスチャ空間にポイントをばら撒くオプションで実現しています。

GrassGrow Example for Scatter geometry node

この単純なサンプルでは、Scatter SOPを使って地形上に草をランダムにばら撒く方法を説明しています。

SpikyDeformingTorus Example for Scatter geometry node

このサンプルでは、Scatter SOPとAttribute Interpolate SOPを使用して、ジオメトリが変形しても、ばら撒かれたポイントが整合性を保つように簡単に調整する方法を説明しています。

SpottedSoccerBalls Example for Scatter geometry node

このサンプルでは、Scatter SOPを使用して、別々の破片が追加または削除されても、整合性を保つようにポイントをばら撒く方法を説明しています。 これは、プリミティブ毎に独自の乱数シードを使用するオプションで実現しています。

Skin

SkinBasic Example for Skin geometry node

このサンプルでは、1つの入力の円を複数コピーして配置した円や、2つのジオメトリタイプが違う円の間を通過するサーフェスをSkin SOPで作成する方法を説明しています。

SkinCurves Example for Skin geometry node

このサンプルでは、Skin SOPを使って、1本のカーブにサーフェスを作成する方法、6本のカーブに対して2本のカーブ毎にサーフェスを作成する方法、三角状に配置された3本のカーブに対してサーフェスを作成する方法を説明しています。

SkinGroup Example for Skin geometry node

このサンプルでは、Skin SOPを使って、n番目おき毎にサーフェスを作成する方法を説明しています。

SkinShip Example for Skin geometry node

このサンプルでは、宇宙船の作成でSkin SOPを使用する方法を説明しています。

最初にCurve SOPでカーブを作成します。 次に、Skin SOPで個々のカーブを指定してサーフェスを作成します。

SkinSurfaceCopies Example for Skin geometry node

このサンプルでは、Skin SOPを使って新しくサーフェスを作成する方法を説明しています。

ここでは、トーラスからサーフェスを抽出し、それを複数コピーして、それらのサーフェスを通過するスキンを作成しています。

Smooth

Hills Example for Smooth geometry node

このサンプルでは、Smooth SOPでポイント間の距離がより均一になるように改良する方法を説明しています。

サーフェスを定義しているポイントの小さい変化に対しては平らにする一方で、大きな変化に対してはその値の傾向に偏ります。

Solid Fracture

SolidFractureWeld Example for Solid Fracture geometry node

このサンプルでは、Vellum Solverによる接合や切断をするために、SolidFractureを使って四面体を分割する方法について説明しています。

Solver

CircleSolvers Example for Solver geometry node

このサンプルは、ソルバノードを使用して、 常微分方程式により、オブジェクトをトランスフォームすることができるいろいろな方法を説明しています。

このサンプルには、6個の異なるソルバがあります。 また、評価基準として正確な解もあります。 ソルバは、以下の 初期条件を持つ結合常微分方程式を解く数値法です:

x' = y ; x(0) = 1
y' = -x ; y(0) = 0

常微分方程式の数値法は: Forward Euler, Runge-Kutta Second Order, Runge-Kutta Third Order, Runge-Kutta Fourth Order, および2つの方法で解かれるParker-Sochackiです。 あるバージョンでは、Parker-Sochackiは、5の位数でハードコード化されます。 別のバージョンでは、Parker-Sochackiは、ユーザーが階数を調整することができるfor loopで書き込まれます。

Footsteps Example for Solver geometry node

このサンプルでは、グリッドにSDFを使って簡単な足跡を作成する方法を説明しています。

SimpleCloth Example for Solver geometry node

このサンプルでは、Verletインテグレーションと単純な明示的なバネを使って簡単な布をシミュレーションする方法を説明しています。

SimplePop Example for Solver geometry node

このサンプルでは、簡単にパーティクルシステムの使い方を説明しています。 ここでは、ソースジオメトリからパーティクルを発生させ、重力でパーティクルを落下させています。

Sphere

SphereTypes Example for Sphere geometry node

このサンプルでは、Sphere SOPが作成可能なジオメトリタイプすべてとそれらの違いを説明しています。

正しいジオメトリタイプを選択すれば、ネットワークフローとレンダリングを高速にすることができます。

Spray Paint

Splurgegun Example for Spray Paint geometry node

このサンプルでは、メタボールをSpraypaint SOPに接続して、ペイントできるスプレー銃を作成する方法を説明しています。

/nodes/sop/spring

BoundLattice

このネットワークでは物理シミュレーションでよく利用される3つのSOP(Bound, Spring, Lattice)を使用しています。

ソースジオメトリとして単純なポリゴンの球を作成しています。変形する参照として動作するBound SOPに球を接続しています。 また、Bound SOPは変形するオブジェクトを補強します。

境界ボックスを衝突オブジェクトのグリッドのグループと一緒にSpring SOPに接続しています。 Spring SOPは、他のオブジェクトと衝突した際のソースジオメトリの変形と挙動を適切に計算して物理運動をシミュレーションします。 Spring SOPは、オブジェクトの変形に影響を与える色々なアトリビュート(質量、摩擦などの特性)と一緒に外部の力を追加できる場所です。

最後にLattice SOPがSpring SOPから変形情報を受取、それをソースジオメトリの球に追加しています。

SpringExamples

このサンプルでは、Spring SOPの3つの主な機能を説明しています。

Spring SOPで2つのオブジェクト間に相互作用が働くようにして、動きを定義し、力を加えることで入力のジオメトリを変形すれば、布のような効果を作成することができます。

アニメーションを再生してSpring SOPの動作を確認してください。

SpringFlag

このサンプルでは、Spring SOPで旗をシミュレーションする方法を説明しています。

ここでは、Spring SOPがGrid SOPのポイントに対して物理法則をシミュレーションした力を追加して、旗のエフェクトを作成しています。

SpringHair

このサンプルでは、Spring SOPで動的な髪の毛を作成する方法を説明しています。

ラインを球のポイント上にコピーして、それらをソースとしてSpring SOPに接続しています。 そして、Metaball SOPとForce SOPを髪の毛のモーションエフェクトとして接続しています。

SpringLine

このサンプルでは、Spring SOPで直線をラバーバンドのような特性を追加しています。 Xform SOPと組み合わることで、ラバーバンドが床の上を跳ねます。

Stitch

StitchGrid Example for Stitch geometry node

このサンプルでは、Stitch SOPでジオメトリのエッジまたはサーフェスの結合の方法を説明しています。

グリッドを作成し、階段方式で複製したものをStitch SOPを使って接続しています。

Subdivide

SubdivideCrease Example for Subdivide geometry node

このサンプルでは、ボックスの底面を細分化すると同時に上面の折り目を保持する方法を2つ説明しています。

Surfsect

SurfsectBasic Example for Surfsect geometry node

このサンプルでは、Sursect SOPのブーリアン演算の使い方を説明しています。

球からボックスを減算して、6つの円盤を残し、ボックスから球を減算して、角だけを残しています。

Sweep

SweepBasic Example for Sweep geometry node

このサンプルでは、Sweep SOPでジオメトリをカーブ上のポイントにコピーする方法を説明しています。

Sweep SOPは、コピーするジオメトリをコピー先のカーブ上のポイントに自動的に垂直に配置することができる独特な使い方ができます。 コピーしたジオメトリのスケールにバリエーションを加えるためにエクスプレッションを使っています。

SweepCurve Example for Sweep geometry node

このネットワークには、Sweep SOPのサンプルがあります。NURBSのカーブとNURBSの円をそれぞれSweep SOPのBackboneの入力に使用しています。

Sweep SOPのCross Sectionのスケールを制御することで色々な効果を表現することができます。 最後に、Sweep SOPで作成したジオメトリにSkin SOPを使ってサーフェスを張っています。

SweepDome Example for Sweep geometry node

このサンプルでは、Sweep SOPのBackbone(ジオメトリのコピー先)にグリッドを指定し、Cross Section(コピーするジオメトリ)にハルとして円弧(Circle SOP)を指定しています。

その結果のSweepオブジェクトに対してSkin SOPでサーフェスを張っています。

WigglyWorm Example for Sweep geometry node

このサンプルでは、Sweep SOPで簡単に変形可能なジオメトリを構築する方法を説明しています。 Sweep SOPにはBackbone(コピー先のジオメトリ)とCross Section(コピーするジオメトリ)が必要です。

sin()関数を使って、蛇のように動くBackboneのアニメーションを作っています。 Backboneの各ポイントに円をコピーして虫の骨組みを作成しています。 最後にSkin SOPで虫の体を作成して完成です。

TimeShift

PlateBreak Example for TimeShift geometry node

このサンプルでは、TimeShift SOPを使って破壊シミュレーションでスローモーションのエフェクトを表現する方法を説明しています。

Torus

TorusExamples Example for Torus geometry node

このサンプルでは、色々なジオメトリタイプのトーラスの作り方を説明しています。

Triangulate 2D

Chainmail Example for Triangulate 2D geometry node

このサンプルでは、鎖かたびらの環を作成する新しいTriangulate2D SOPの高度な使い方を説明しています。

/nodes/sop/twist

BasicTwist

このサンプルでは、Twist SOPの柔軟性を説明しています。 Twist SOPでは、twist, bend, shear, taper, linear taper, squashなどのたくさんの処理ができます。

ここでは、Twist SOPのPolygon, Mesh, NURBs, NURBs Perfect, Bezier, Bezier Perfectの別々のジオメトリタイプへの影響の違いを説明しています。

Unpack

UnpackWithStyle Example for Unpack geometry node

このサンプルでは、アンパックと同時にスタイルシート情報を評価することができるUnpack SOPの機能について説明しています。 Nested Packed Primitiveでは、スタイル情報を維持しつつも部分的にアンパックできることを説明しています。 このサンプルでは、Python SOPを使って、プリミティブ単位でスタイルシートから情報を抽出する方法も説明しています。

UV Project

ProjectionTypes Example for UV Project geometry node

このサンプルでは、UV Project SOPでサポートされている色々な投影タイプを説明しています。

UV Transform

SoftRotate Example for UV Transform geometry node

このサンプルでは、UV Transform SOPでSoft Radiusを有効にして、テクスチャ座標の回転をアニメーションする方法を説明しています。

再生ボタンを押してアニメーションを再生してください。

Vellum Drape

CorrectOverlapDrape Example for Vellum Drape geometry node

このサンプルでは、Vellum Drape SOPを使って、最初から重なった布から有効な開始位置を見つける方法について説明しています。

Vellum Rest Blend

BasicRestBlend Example for Vellum Rest Blend geometry node

このサンプルでは、Vellum Rest Blendを使って、ジオメトリからVellum拘束の静止状態を更新する色々な方法について説明しています。

Vellum Solver

AnimatedConstraints Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、シミュレーション中にVellum拘束のプロパティをアニメーションさせる方法について説明しています。

ArmLayer Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、layerPointアトリビュートを使って、何重ものVellum Clothをシミュレーションした時の衝突を改善する方法について説明しています。

ArmTarget Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Pin to Target拘束を使って、Vellum Clothをキャプチャ/変形ジオメトリに引き寄せる方法について説明しています。

CollisionDisable Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、disableexternalPointアトリビュートを使って、ポイント単位でVellumコリジョンを無効にする方法について説明しています。

DynamicAttach Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、衝突オブジェクトまでの近接度に基づいてVellumシミュレーション中にAttach to Geometry拘束を作成する方法について説明しています。

DynamicStitchGlue Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、シミュレーション中にVellumジオメトリを動的に縫合または接着させる方法について説明しています。

GluedGrains Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Vellum Grainsをお互いに接着させて、粘着的なパーティクルの効果を表現する方法について説明しています。

HairOrient Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Vellum Solverの入力のヘアーガイドの向きを標準のGroomingツールを使わずに更新するもっと効率的で安定した方法を説明しています。

ResolutionTarget Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、詳細な皺のままモーション全体を維持できるように、高解像度のVellum Clothシミュレーションを前の低解像度シミュレーションに合わせる方法について説明しています。

SimpleWeld Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Vellum Solverで布が引き裂かれるようにするための単純な接合部の切断方法について説明しています。

StiffnessDropoff Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Stiffness Dropoffパラメータを使って、そっと引き離すPin拘束を作成する方法について説明しています。

TetrahedralFiber Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Tetrahedral Fiber拘束を使って、収縮するソフトボディをシミュレーションする方法について説明しています。

VaryingFriction Example for Vellum Solver geometry node

このサンプルでは、Pointアトリビュートを使って、ポイント単位でVellum Clothシミュレーションの摩擦を変更する方法について説明しています。

Vertex Split

VertexTexture Example for Vertex Split geometry node

このサンプルでは、Vertex Split SOPを使って頂点テクスチャ座標をポイントポジションにコピーするのに十分なポイントを追加する方法を説明しています。

Visibility

VisibilityCheckers Example for Visibility geometry node

このサンプルでは、Visibility SOPで2D/3Dビューポートで選択したプリミティブを表示・非表示する方法を説明しています。

Volume Analysis

volumeanalysis_curvature Example for Volume Analysis geometry node

このサンプルでは、Volume Analysis SOPでボリュームの曲率を計算し、曲率の値から元のポイントに色を付ける方法を説明しています。

volumeanalysis_grad Example for Volume Analysis geometry node

このサンプルでは、Volume Analysis SOPでボリュームの勾配を計算し、その勾配からジオメトリのポイントを変位する方法を説明しています。

Volume Blur

volumeblur Example for Volume Blur geometry node

このサンプルでは、Volume Blur SOPでローカルフィルターをblur(ブラー), dilate(膨張), erode(侵食)のボリューム値に適用する方法を説明しています。

Volume Compress

volumecompress Example for Volume Compress geometry node

このサンプルでは、Volume Compress SOPで外観をあまり影響を与えずにボリュームのメモリ使用量を減らす方法を説明しています。

Volume Feather

volumefeather Example for Volume Feather geometry node

このサンプルでは、Volume Feather SOPでシャープなボリュームを単純に外側または内側方向に平滑化する方法を説明しています。

Volume from Attribute

volumefromattrib Example for Volume from Attribute geometry node

このサンプルでは、Volume From Attrib SOPでPointアトリビュートをボリュームボクセルに転送する方法を説明しています。

Volume Merge

DetectOverlap Example for Volume Merge geometry node

このサンプルでは、Volume SOPとVolume Merge SOPをプロシージャルに使って、たくさんの入力のボリュームの重複した領域を検出する方法を説明しています。

volumemerge Example for Volume Merge geometry node

このサンプルでは、Volume Merge SOPで複数のインスタンス化したボリュームを1台のカメラの視界領域のボリュームに平坦化する方法を説明しています。

Volume Reduce

barycenter Example for Volume Reduce geometry node

このサンプルでは、Volume Reduce SOPで3Dオブジェクトの重心を計算する方法を説明しています。

Volume Resample

volumeresample Example for Volume Resample geometry node

このサンプルでは、Volume Resample SOPでボリュームの解像度を増減する方法を説明しています。 また、サンプリングオプションを変えて、ボリュームの品質に影響を与える方法も説明しています。

Volume Surface

volumesurface_explicitgrade Example for Volume Surface geometry node

このサンプルでは、Volume Surface SOPで、三角形のサイズを指定するための他のボリュームを使って、SDFをサーフェス化する方法を説明しています。

volumesurface_hierarchy Example for Volume Surface geometry node

このサンプルでは、Volume Surface SOPで勾配を指定してSDFの階層をサーフェス化する方法を説明しています。

volumesurface_simple Example for Volume Surface geometry node

このサンプルでは、Volume Surface SOPで順応性のあるトライアングルサイズを使ってSDFをサーフェス化する方法を説明しています。

Volume VOP

ImportVolumes Example for Volume VOP geometry node

このサンプルでは、複数のボリュームをVolume VOP SOPに取り込む方法を説明しています。

Voronoi Split

VoronoiSplitWeights Example for Voronoi Split geometry node

このサンプルでは、Voronoi Split SOPのWeight Attributeオプションを使って、パワーダイアグラム(ラゲールボロノイ図)を作成する方法について説明しています。

Wire Blend

Wireblend Example for Wire Blend geometry node

このサンプルでは、Wire Blend SOPで入力のカーブをブレンドする方法を説明しています。 ここでは、モーフィングのターゲットとなる3つカーブをWire Blend SOPに接続し、Differencingオプションにチェックを付けています。 入力のモーフィングのブレンド値をキーフレームして、特定のエフェクトを表現しています。 アニメーションを再生して、結果を確認してみてください。

Transform

ModulusTransform Example for Transform geometry node

このサンプルでは、Transform SOP、Group SOP、剰余演算(%)を使って、周期的なアニメーションを作成する方法を説明しています。

Transform Pieces

TransformFracturedPieces Example for Transform Pieces geometry node

このサンプルでは、Transform Pieces SOPを使って、低解像度ジオメトリによるDOPリジッドボディ破壊シミュレーションの結果から、 高解像度ジオメトリをトランスフォームする方法を説明しています。

ノードのサンプル

ノードタイプ別のサンプル