Houdini 17.5 インポートとエクスポート

サポートしているファイルフォーマット

On this page

利用可能フォーマット

外部 vs. 内部ファイルフォーマット

外部 フォーマットはHoudiniとつながったスタンドアローンコンバータプログラムで実行します。 内部 フォーマットはHoudiniに組まれています。内部フォーマットの方がわずかに速いです。Houdini開発キットを使わなくても、新しい外部フォーマットを作成することができます。

独自のインポーター/エクスポーターを記述する方法

読み込み・書き込みできるようにしたいフォーマットがあれば、あなたのファイルフォーマットをそれ相当のネイティブのHoudiniフォーマットに変換またはその逆の変換をするコンバータを書くことができます。それから、$HFS/houdini/にある適切なIOテーブルに項目を追加します。コンバータプログラムはHoudini検索パス内であればどこにでも置くことができます。

データタイプ 中間フォーマット I/Oテーブル
ジオメトリ

.geo

$HFS/houdini/GEOio

チャンネル

.clip

$HFS/houdini/CHOPio

画像 任意のサポートされている画像フォーマット

$HFS/houdini/FBio

Note

通常は$HFS/houdiniのファイルを修正するべきではありません。ファイルを$HOME/houdiniにコピーして、そこで修正してください。

I/Oテーブルファイルの各行には、ファイル名の接尾辞、独自フォーマットを読み込むコマンド(引用符で囲む)、独自フォーマットを書き込むコマンド(引用符で囲む)を記述します。引用符で囲んだコマンドの中のファイル名を表現するには%sを使います。

今後のフォーマットは、この方法によって追加していきます。

インポートとエクスポート