Houdini 18.0 ノード TOPノード

HDA Processor TOP node

デジタルアセットをクックするワークアイテムを生成します。

On this page

このノードは、Hythonを使ってHDAをクックするワークアイテムを生成します。 HDAのパラメータの値は、このノードのHDA Parametersタブで指定することができます。 それらのパラメータは、ワークアイテム上のアトリビュートとして適用され、クック前にそのHDAを構成するジョブ環境で使用されます。

現在のところ、HDA Processorノードは、Object、Sop、Cop2、LopのタイプのHDAsに対応しています。

TOP Attributes

HDA Processorは、このノードの HDA Parameters フォルダに追加されたすべてのSpareパラメータからワークアイテム上にアトリビュートを作成します。 さらに、以下のビルトインのアトリビュートを作成します:

batchmode

integer

Batch Mode 選択(0 = 無効, 1 = 1バッチですべてのアイテム, 2 = カスタムバッチサイズ)を示します。

connectiontimeout

integer

HDA Processorサービスを使用する時の接続タイムアウト制限(ms)を示します。

cookwhen

integer

Cook Batch When 選択(0 = All Items are Ready, 1 = First Item is Ready)を示します。

hda

string

ワークアイテムのジョブでクックされるデジタルアセットのパス。

operatortype

string

デジタルアセット内のオペレータタイプ。 Operator Type パラメータを使ってオペレータタイプを指定しなかった場合、このアトリビュートには空っぽの文字列が設定され、そのワークアイテムは.hda内の最初のオペレータを使用するようになります。

createfileinput

integer

Create File Inputs 選択(0 = ファイル入力を作成しません, 1 = ファイル入力を作成します)を示します。

missinginput

integer

Missing Input 選択(0 = Raise Error, 2 = Ignore)を示します。

fileinputs

integer

HDAの入力となるファイル入力の数を指定します。

writeoutput

integer

Write Outputs 選択( 0 = 出力を書き出しません, 1 = 出力を書き出します)を示します。

dumpdebug

integer

デバッグ.hipファイルを保存するかどうか(0 = .hipファイルを保存しません, 1 = .hipファイルを保存します)を示します。

inputpath

string

HDAの入力となるファイル入力のパスのリスト。

outputfiles

integer

HDAから書き出される出力ファイルの数を指定します。

hdasopname

string

ObjectレベルのHDAをクックする時、ここには、書き出す出力ファイル(s)のソースとなるSOPの名前を指定します。 ここを空っぽにすると、HDA Processorジョブは、出力に有効なノードを検索し、ジョブログで警告を出すことを試みます。

outputpath

string

書き出されるファイルを指定したパスのリスト。

outputtag

string

各出力ファイルのResultタグを指定したファイルタグのリスト。

hdaparms_floats

string

HDA Parameterのfloat値を指定したすべてのfloatアトリビュートの名前のリスト。

hdaparms_ints

string

HDA Parameterの整数値を指定したすべての整数アトリビュートの名前のリスト。

hdaparms_strings

string

HDA Parameterの文字列値を指定したすべての文字列アトリビュートの名前のリスト。

hdaparms_buttons

string

HDA Parameterのボタン値を指定したすべての整数アトリビュートの名前のリスト。 ボタンはHDA Parametersタブ内でトグルに変換されることに注意してください。 そのトグルを有効にするということは、HDA Processorがクック前にそのボタンを押すことを意味します。

パラメータ

Generation

Asset

Template Node

このパラメータを使用することで、現行Houdiniセッション内のデジタルアセットのインスタンスを選択することができます。 このTemplate Nodeのデフォルトではないパラメータ値すべてがHDA ProcessorのHDA Parametersに適用されます。

HDA File

クックするHDAのパス。このパスには、絶対パスまたはHOUDINI_PATHを基準とした相対パスを指定することができます。

例えば、myasset.hdaアセットがhou.homeHoudiniDirectory()otlsサブディレクトリ下にあった場合、そのHDAをotls/myasset.hdaとして指定することができます。

このノードの File Dependencies に追加されているすべてのHDAsは、自動的に$PDG_TEMP/otlsディレクトリにコピーされます。 HDAのクックに必須となる入れ子化されたすべてのHDAsは、 File Dependency として追加してください。 それ以外の方法だと、ユーザのHOUDINI_PATHを利用することもできます。

Operator Type

デジタルアセットから選択するオペレータタイプ。 Operator Type を指定しなかった場合、HDA Processorはアセットをクックした時に最初に見つかったタイプを取得します。

Update HDA Parameters

このボタンを押すと、 HDA Parameters セクションが更新されます。

Filter HDA Parameters

このノードのHDA Parametersタブに含めたいアセットのパラメータを構成することができるダイアログが開きます。 このノードのHDA Parametersセクションに含められているすべてのパラメータの値は、HDA ProcessorがそのHDAをクックする時に設定されます。

Work Items

Work Item Generation

このノードが静的または動的なワークアイテムのどちらを生成するかどうか。 このノードのワークアイテムが静的に計算可能かどうか、もしくは、動的に生成させる必要があるかどうか分からないのであれば、通常では、これを"Automatic"のままに設定してください。

Dynamic

このノードが常に動的なワークアイテムを生成します。つまり、上流のワークアイテムが判明するまで待機し、その上流のワークアイテムから新しいワークアイテムを生成します。

Static

このノードが常に静的なワークアイテムを生成します。つまり、ネットワークを実行する前にパラメータ(と上流の静的なワークアイテム)に基づいて必要だと思われるだけの数のワークアイテムを生成します。

Automatic

入力が静的(静的なプロセッサ、静的な入力のみを使ったパーティショナー、マッパー)な場合、このノードは静的なワークアイテムを生成し、そうでない場合、動的なワークアイテムを生成します。

Cache Mode

ワークアイテムから目的のファイル結果がレポートされるように、プロセッサノードがそのワークアイテムを制御する方法。

Automatic

目的の結果ファイルがディスク上に存在すれば、そのワークアイテムはスケジュールに組まれずにクック済みとマークされます。 そのファイルが存在しなければ、そのワークアイテムは通常どおりにスケジュールに組まれます。

Read Files

目的の結果ファイルがディスク上に存在すれば、そのワークアイテムはスケジュールに組まれずにクック済みとマークされます。 そのファイルが存在しなければ、そのワークアイテムは失敗とマークされます。

Write Files

目的の結果ファイルがディスク上に存在していても、ワークアイテムが常にスケジュールに組まれ、その目的の結果ファイルを無視します。

Batch Mode

Off

バッチを実行しません。各ワークアイテムは、各自の個々のジョブとして投入されます。

All Items in One Batch

すべてのワークアイテムが単一バッチジョブとして投入され、単一Hythonセッションで実行されます。 このオプションは、例えばHythonプロセスの起動時間がHDAのクック時間よりも長い場合で、特にHDAのクックが比較的短いような場合に、このノードがクックを終了する長さを大幅に短縮することができます。

Custom Batch Size

Batch Size パラメータで指定されたサイズのバッチジョブとしてワークアイテムが投入されます。 このオプションは、色々な最適化を行なうことができるので(例えば、バッチジョブ単位で1回HDAをインスタンス化するだけで済むので)、このノードのパフォーマンスを大幅に改善することができます。

Batch Size

Batch ModeCustom Batch Size に設定されている時、ここには、各バッチのサイズを指定します。 最後のバッチがこのサイズに満たなければ、その最後のバッチのサイズは、その余ったワークアイテムのサイズになります。

Cook Batch When

ワークアイテムのバッチをスケジュールに組むタイミングを決めます。 デフォルトでは、すべてのワークアイテムの依存関係がクックされると、バッチのスケジュールが組まれます。 しかし、最初のワークアイテムが実行できるようになったら即座にバッチのスケジュールが組まれるようにすることができます。

All Items are Ready

バッチ内のすべてのワークアイテムのすべての依存関係が満たされた時にのみ、バッチのスケジュールが組まれます。

First Item is Ready

最初のワークアイテムの依存関係の準備が整ったら即座にバッチのスケジュールが組まれます。 PDGで使用されるHDA Processorラッパースクリプトは、ジョブが実行されるとバッチ内の各ワークアイテムをクックする前にPDGと通信をして、その依存関係の状態をチェックします。 これは、若干ネットワークのオーバーヘッドを伴い、ジョブとPDGの間で継続的な通信が必要になります。

Asset Inputs

Create File Inputs

このパラメータを有効にすると、複数のファイルノードがインスタンス化され、それらが入力としてアセットに接続されます。 これを使用することで、複数のHDA Processorノードを簡単にチェーン接続することができます。 このオプションが有効になっている時は、HDAタイプは必ずファイル入力に対応できるようにしなければなりません(例えば、OBJレベルのHDAsは、このオプションでは動作しなくなります)。

Input File Source

Create File Inputs が有効な時、ここでは、入力ファイルのソースを選択します。

Upstream Output Files

File Tag パラメータで指定されたタグを持った上流の出力ファイルは、HDAの入力として使用されます。 このオプションは、特に入力の数が可変するような時に役立ちます。

Custom File Paths

このモードを選択すると、 Number of Inputs マルチパラメータを使って手動でHDAの入力ファイルを指定しなければなりません。

Missing Input

入力が見つからなかった場合のHDA Processorの挙動を選択します。

Raise Error

入力のFileノードで入力が見つからなければ、そのFileノードがエラーを出して、クックを失敗させます。

Ignore

入力ファイルがディスクから見つからなくてエラーが引き起こされた場合、Fileノードが"No Geometry"に設定されます。

File Tag

Input File SourceUpstream Output Files に設定されている時、ここには、使用する上流の出力ファイルのファイルタグを指定します。

Number of Inputs

作成する入力ファイルノードの数。

Input File #

作成したFileノードで読み込まれる入力ファイルのパス。

Asset Outputs

HDA Type

このパラメータは、単なるUI用途です。 HDAが選択されると、HDA ProcessorがそのHDAタイプの設定を試みるので、ユーザーは扱うアセットのタイプに関する情報がわかるようになり、 さらに、そのアセットのタイプで不要なパラメータを非アクティブにすることができます。

Write Outputs

このトグルを有効にすると、HDA Processorはアセット内のディスプレイノードからジオメトリをディスクに出力するようになります。 アセットにCOPネットワークまたはROPネットワークが含めれば、これを無効にするのに役立ちます。

Sop Path

HDAがObjectレベルのアセットの時、HDA Processorが出力すべきジオメトリを伝えるために、オペレータパスまたはSOP名を指定する必要があります。 HDAのトップレベルノードを基準に指定したオペレータパスを使用することを推奨します。 例えば、Objectレベルのアセットの中にgeometry_to_exportという名前のジオメトリノードがあった場合(且つ、そのノードのジオメトリをファイルに書き出したい場合)、このSOPパスには./geometry_to_exportを指定してください。

Number of Outputs

SOPsは2つ以上の出力を持つことができるので、このパラメータを使用して、出力の数を指定します。

Output File Name #

出力を書き出す際のその出力ファイルの名前を指定します。

Output Tag #

出力を書き出す時にその結果ファイルに割り当てるResultタグを指定します。

Save Debug .hip File

このトグルを有効にすると、インスタンス化されたアセット、ファイルノード、すべてのパラメータ値を含んだデバッグ.hipファイルがディスクに書き出されます。 これは、アセットによる問題を追跡するのに役立ちます。 これを有効にすると実行が極端に遅くなってしまうので、ずっと有効のままにしないように注意してください。

Job Options

Use HDA Processor Service

これを有効にすると、HDA ProcessorはHDA Processorサービスを使ってクックするようになります。 必ずアクティブなHDA Processorサービスが利用可能でなければなりません。 サービスの使い方の詳細は、PDG Service Managerのドキュメントを参照してください。 このノードがそのサービスに接続できない場合、HDA Processorは通常モードでクックされ、このノードに警告が追加されます。

Connection Timeout (ms)

HDA Processorジョブの接続タイムアウトの長さ(ミリ秒)を指定します。 ワークアイテムのクック時間がこの長さを超えると、その接続がタイムアウトになって、そのジョブが失敗します。

Schedulers

TOP Scheduler Override

このパラメータは、このノードのTOPスケジューラを上書きします。

Work Item Priority

このパラメータは、現行スケジューラがこのノード内のワークアイテムの優先度を設定する方法を決めます。

Inherit From Upstream Item

ワークアイテムは、親ワークアイテムの優先度を継承します。ワークアイテムに親ワークアイテムがなければ、その優先度は0に設定されます。

Custom Expression

ワークアイテムの優先度は、 Priority Expression の値に設定されます。

Node Defines Priority

ワークアイテムの優先度は、このノード自身の内部優先度計算に基づいて設定されます。

このオプションは、 Python Processor TOP, ROP Fetch TOP, ROP Output TOPのノードでのみ利用可能です。 これらのノードは、各自のノードロジックで実装された優先度設定スキームを定義しています。

Priority Expression

このパラメータは、 Work Item PriorityCustom Expression に設定されている時にのみ利用可能です。

このパラメータには、ワークアイテムの優先度を設定するためのエクスプレッションを指定します。 このエクスプレッションは、ノード内のワークアイム毎に評価されます。

HDA Parameters

このノードのセクションは、選択したデジタルアセットのパラメータインターフェースに基づいて自動的に入力されます。 ここで設定したパラメータは、ワークアイテムアトリビュートにコピーされ、アセットがクックされた時にそのアセットに適用されます。

Files

File Dependencies

このノード内の最初のワークアイテムが実行される前にPDG作業ディレクトリにコピーしておきたいファイルのリスト。 これを使用することで、デジタルアセットやカスタムスクリプトなどのサポートファイルをワークアイテムジョブで利用可能にすることができます。

指定可能なパスは、絶対パスまたはHOUDINI_PATHを基準とした相対パスです。

Examples

example_top_hdaprocessor Example for HDA Processor TOP node

このサンプルでは、PDG/TOPでHDA Processorノードを使ってHDAを分布させる方法について説明しています。

See also

TOPノード

  • Attribute Copy

    あるブランチのワークアイテムのアトリビュートを他のブランチのワークアイテムにコピーします。

  • Attribute Create

    入力のワークアイテムすべてに対してアトリビュートを作成または設定します。

  • Attribute Delete

    ワークアイテムからアトリビュートを削除します。

  • Attribute from String

    ファイル名などの文字列からアトリビュート値を解析します。

  • Block Begin Feedback

    For-Loop with Feedbackブロックを開始します。このブロック内のTOPノードは直列で実行され、オプションで入力のワークアイテム毎にループさせることができます。

  • Block End Feedback

    For-Loop with Feedbackブロックを終了します。このブロック内のTOPノードは直列で実行され、オプションで入力のワークアイテム毎にループさせることができます。

  • CSV Input

    CSVファイルのデータをワークアイテムのアトリビュートにコピーします。

  • CSV Output

    ワークアイテムのアトリビュートをCSVファイルに書き出します。

  • Command Send

    実行させたいコードを共有サーバーに送信します。

  • Command Server End

    サーバーブロックを終了します。

  • Deadline Scheduler

    Thinkbox社のDeadlineソフトウェア用PDGスケジューラ。

  • Download File

    1つ以上のURLの内容をファイルにダウンロードします。

  • Environment Edit

    ワークアイテムのコマンドラインが実行する環境下で設定する変数を編集します。

  • Error

    条件を満たした時に警告またはエラーを生成します。

  • Error Handler

    失敗したワークアイテムのエラーハンドル。

  • FFmpeg Encode Video

    静止画像シーケンスを動画に変換します。

  • FFmpeg Extract Images

    動画ファイルから静止画像シーケンスを抽出します。

  • File Compress

    ファイルをアーカイブに圧縮します。

  • File Copy

    実行時またはノードがファイルを生成した時に、ファイルをある場所から別の場所にコピーします。

  • File Decompress

    入力のワークアイテムで指定されたアーカイブファイルを個々のファイルに解凍します。

  • File Pattern

    特定のパターンに合致したファイルに基づいてワークアイテムを生成します。

  • File Range

    特定のファイルパターンに基づいたフレーム範囲からワークアイテムを生成します。

  • File Remove

    指定したパスのファイルを削除します。

  • File Rename

    ファイルを名前変更または移動させます。

  • Filter by Expression

    上流のワークアイテムを条件付きでフィルタリングします。

  • Filter by Range

    指定したフレーム内またはアトリビュート範囲内にある上流のワークアイテムを絞り込みます。

  • Generic Generator

    アトリビュートなしでコマンドラインを実行するワークアイテムを生成します。

  • Geometry Import

    SOPまたはジオメトリファイルのポイントまたはプリミティブをワークアイテムアトリビュートまたは一時ファイルに読み込みます。

  • HDA Processor

    デジタルアセットをクックするワークアイテムを生成します。

  • HQueue Scheduler

    HQueueを使用してワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • Houdini Server Begin

    持続型Houdiniコマンドサーバーを起動します。

  • ImageMagick

    一括で画像変換、サイズ変更、画像モザイクなどのImageMagickの機能に簡単にアクセスすることができます。

  • In Process Scheduler

    In-Processワークアイテムのスケジューリングを制御します。

  • Invoke

    入力ジオメトリに対してコンパイルブロックを呼び出します。

  • Json Input

    JSONファイルからデータを抽出してアトリビュートを作成します。

  • Json Output

    JSON出力を生成する色々なオペレーションを実行します。

  • Local Scheduler

    ローカルマシン上でワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • Make Directory

    ディレクトリを作成します。

  • Map All

    上流のすべてのワークアイテムを下流のワークアイテムにマップします。

  • Map by Expression

    エクスプレッションを使って、上流のワークアイテムを下流のワークアイテムにマップします。

  • Map by Index

    上流のワークアイテムをインデックスに基づいて下流のワークアイテムにマップします。

  • Map by Range

    範囲を使って上流のワークアイテムを下流のワークアイテムにマップします。

  • Maya Server Begin

    持続型Mayaコマンドサーバーを起動します。

  • Merge

    上流のすべてのワークアイテムを結合します。

  • Nuke Server Begin

    持続型Nukeコマンドサーバーを開始します。

  • Null

    何もしません。

  • OP Notify

    何かしらのTOPワークが完了したことを通知します。

  • Output

    サブネット出力。

  • Partition by Attribute

    アトリビュートに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Bounds

    境界アイテムを使って、ソースアイテムを空間的に区分けします。

  • Partition by Combination

    ワークアイテムを2個毎、3個毎などに区分けします。

  • Partition by Comparison

    既存の比較を使ってワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Expression

    エクスプレッションに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Frame

    フレームに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Index

    インデックスに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Node

    ノードに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Range

    範囲に基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Tile

    軸に平行な境界ボックスを使ってワークアイテムを空間的に区分けします。

  • Perforce

    PDG経由でPerforceコマンドを実行します。

  • Python Mapper

    Pythonスクリプトを使ってワークアイテムをマップします。

  • Python Partitioner

    Pythonスクリプトを使ってワークアイテムを区分けします。

  • Python Processor

    Pythonスクリプトを使ってワークアイテムを生成します。

  • Python Scheduler

    Pythonベースでプログラミング可能なPDG用スケジューラ。

  • Python Script

    スクリプトを実行するワークアイテムを生成します。

  • Python Server Begin

    Pythonコマンドサーバーを起動します。

  • ROP Alembic Output

    埋め込まれたROP Alembic ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Composite Output

    埋め込まれたComposite ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Fetch

    ROPノードまたはROPネットワークをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Geometry Output

    埋め込まれたGeometry ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Mantra Render

    埋め込まれたMantra ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP USD Output

    組み込まれたUSD ROPノードをクックするワークアイテムを作成します。

  • Range Generate

    指定した範囲のワークアイテムを生成します。

  • Render IFD

    Mantraを使ってIFDファイルをレンダリングするワークアイテムを生成します。

  • SQL Input

    SQLクエリの作成と行毎にワークアイテムを生成する入力ノードです。

  • SQL Output

    SQL INSERTクエリを生成する出力ノードです。

  • Send Email

    電子メールを送信します。

  • Shotgun Create

    Shotgunエンティティを作成します。

  • Shotgun Delete

    Shotgunからエンティティを削除します。

  • Shotgun Download

    ShotgunからAttachmentをダウンロードします。

  • Shotgun Find

    Shotgunエンティティを検索します。

  • Shotgun Server Begin

    持続型Shotgunコマンドサーバーを起動します。

  • Shotgun Update

    Shotgunエンティティを更新します。

  • Shotgun Upload

    Shotgunにファイルをアップロードします。

  • Sort

    アトリビュートのリストからワークアイテムを並べ替えます。

  • Split

    上流のワークアイテムを2つのグループに分けます。

  • Subnetwork

    TOPノード用コンテナ。

  • Switch

    ネットワーク分岐を切り替えます。

  • TOP Fetch

    他のTOPネットワークをクックします。

  • TOP Fetch Input

    TOP Fetchで取得したネットワークの入力。

  • Text Output

    テキストを新しいファイルに書き出したり、既存ファイルに書き足します。

  • Tractor Scheduler

    PixarのTractorを使ってワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • USD Import

    USDステージで見つかったPrimsからワークアイテムを生成します。

  • USD Import Files

    USDステージで見つかったファイル参照からワークアイテムを作成します。

  • USD Render

    USDファイルを書き出すワークアイテムを作成します。

  • Wait for All

    上流のワークアイテムすべてが完了するのを待ちます。

  • Wedge

    アトリビュート値を色々と変えながらワークアイテムを生成します。

  • Work Item Expand

    ファイルリストまたはパーティションを複数のワークアイテムに展開します。

  • Xml Input

    XMLファイルからデータをワークアイテムアトリビュートに抽出します。