Houdini 17.5 リファレンス スタンドアローンのユーティリティ

mcmotanal

Motion Analysis TRCモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

On this page

概要

mcmotanal [-e -b -d] [-c] [-p parent_file] [-j object_script]
   [-o -w -f -i [-n -t -l chainfile]]
   入力ファイル [outfile_base]

説明

Motion Analysis TRCモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。それから生成されたスクリプトを実行するとジオメトリとチャンネルを作成することができます。

オプション

-e

パラメータをエクスプレッション(CHOP)で詰めます。-e-b-dを指定していなければ、これがデフォルトです。

-b

パラメータを空白のままにします。

-d

パラメータを空白のままにし、作成されたチャンネルを上書きします。

-c

チャンネルファイルのみを作成し、スクリプトは作成しません。

-j script

オブジェクト作成スクリプト(生成されたスクリプトにopadd geo scriptを追加)を設定します。

-o

オブジェクトジョイントを使ったキャラクタを作成します。

-w

オブジェクトジョイントをワイヤーポリゴンを使ったキャラクタを作成します。

-f

フォワードキネマティクス(FK)を使ったキャラクタを作成します。これがデフォルトです。

-i

インバースキネマティクス(IK)を使ったキャラクタを作成します。

-f(フォワードキネマティクス)や-i(インバースキネマティクス)を指定すると、次のオプションが利用可能です:

-n num

ボーン長さチャンネルタイプを指定します:0=なし、1=常時、2=自動

-i(インバースキネマティクス)を指定すると、次のオプションが利用可能です:

-t

ツイストアフェクター付きの二重ボーンチェーンを作成します。

-l chainfile

ボーンチェーンのリストを含むファイルを指定します。

ファイルの各行は、次の書式でなければなりません:

<IK chain root joint> <IK chain end affector>

スタンドアローンのユーティリティ

  • abcconvert

    Alembicフォーマット間を変換します。

  • abcecho

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • abcinfo

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • chchan

    チャンネルコレクションをアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • chcp

    チャンネルコレクションファイルを他のフォーマットにコピーします。

  • chinfo

    チャンネルコレクションファイルに関する情報を出力します。

  • claudio

    CHOPデータ(clip)をオーディオフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchan

    CHOPデータ(clip)をアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchn

    CHOPデータ(clip)をチャンネルコレクションフォーマットへ(から)コピーします。

  • clcp

    CHOPデータ(clip)を他のフォーマットにコピーします。

  • clinfo

    CHOPデータ(clip)ファイルに関する情報を出力します。

  • dsmconvert

    ディープシャドウ/カメラマップをあるフォーマットから別のフォーマットへ変換します。

  • dsmmerge

    2つ以上のディープシャドウ/カメラマップファイルを結合します。

  • dsparse

    ダイアログスクリプトを解析して表示します。

  • gabc

    AlembicとHoudiniのジオメトリ間を変換します。

  • gconvert

    Houdiniポリゴンフォーマット間を変換します。

  • gdxf

    DXFポリゴンをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • geps

    EPSファイルをHoudiniポリゴンフォーマットへ変換します。

  • giges

    IGESジオメトリファイルを変換します。トリムNURBSパッチとカーブを扱います。

  • ginfo

    ポリゴンファイルの統計情報を出力します。

  • glightwave

    LightWaveファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • gplay

    ジオメトリビューア。

  • gptex

    ジオメトリファイルからPtexture画像ファイルを作成します。

  • greduce

    ファイルのポリゴンを削減します。

  • gwavefront

    .objファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • hbrickmap

    i3dファイルまたはボリュームプリミティブgeo/bgeoファイルをPixar Brickmapファイルに変換します。

  • hcollapse

    ディレクトリ構造を折り畳みます。

  • hcpio

    CPIOアーカイブコマンドのサブセットコマンドでhipファイルの抽出/折り畳みができます。

  • hexpand

    hipファイルをディレクトリ構造に展開します。

  • hrender

  • hsc

    Bloscファイル(.sc)の圧縮または解凍をします。

  • hscript

    コマンドラインのHScriptインタプリタ。

  • i3dconvert

    3DテクスチャファイルフォーマットをHoudiniジオメトリへ(から)変換します。

  • iautocrop

    ピクセル値に基づいて画像をクロップします。

  • icineon

    10ビットCineonフォーマット画像を8ビットフォーマットへ変換します。

  • icomposite

    画像をレイヤーでコンポジットします。

  • iconvert

    画像フォーマットを変換します。

  • icp

    画像のある領域を新しい画像に分離します。

  • iflip

    画像の向きを反転します。

  • iinfo

    画像に関する情報を出力します。

  • ilut

    標準チャンネルフォーマットまたは他のLUTからLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutcomp

    2つのLUTから1つのLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutinfo

    Lookup Table(LUT)ファイルの情報をプリントします。

  • imdisplay

    画像をMPlayウィンドウで開きます。

  • iprint

    画像のRGBA値をテキストとして出力します。

  • iquantize

    画像の色数を減らします。

  • isixpack

    立方体の6面を意味する6枚の画像または十字展開した画像から環境/反射マップを生成します。

  • itilestitch

    クロップウィンドウを含んだ一連の画像ファイルを一枚の画像にまとめます。

  • izg

    Z深度画像を8ビットのグレースケールに変換します。

  • mcacclaim

    AcclaimモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcbiovision

    BioVisionモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcmotanal

    Motion Analysis TRCモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcp

    画像シーケンスを動画ファイルに変換します。

  • minfo

    動画ファイルに関する情報を出力します。

  • siminfo

    シミュレーションキャッシュファイルの統計をプリントします。

  • spy

    UNIXファイルシステムを操作するシェルユーティリティ。

  • vexcache

    VEXコンパイルキャッシュを照会または編集します。

  • vexexec

    CVEXシェーダを実行します。