Houdini 18.5 基本

HUDスライダ

On this page

概要

パラメータエディタは、選択したノードのパラメータを編集することで、そのノードの挙動を変更することができます。 しかし、いくつかのパラメータに常にアクセスできる状態にしたいことがあります。例:

  • パラメータが、アクセスするのに時間がかかるほど深くネスト化されたノードにある。

  • 2つの異なるノードのパラメータを常に調整したい時に、それらのノードを行き来したくない。

  • ビューアを最大化して、パラメータエディタが隠れた時でも、キャラクタで便利なパラメータをビュー内に配置したい。

HUD (Heads Up Display)スライダはビューア内に存在させることができ、ノードのパラメータを制御することができます。 このHUDスライダは、パラメータのノードが選択されていなくても常に表示状態にすることができます。 これらのHUDスライダを一緒にグループ化したり、ビューア内を移動させたり、それらのスライダが可視状態であれば選択することができます。

How to

Tip

HUDスライダはビューのようなHoudiniツールを使った時に無効にします。もしHUDスライダが見えなくなった場合、他のツールに切り替えすとHUDスライダは再度有効化されます。

To...Do this

HUDスライダを作成する

パラメータエディタからパラメータをビューア内にドラッグし、その HUDスライダ をクリックします。

HUDスライダを作成した後は、任意でその位置やサイズを変更することができます(以下参照)。

HUDスライダを削除する

スライダをクリックして、 Persistent チェックボックスをオフにします。

スライダの範囲を編集する

  1. スライダをクリックして、 Handle Parameters を選択します。

  2. スライダの最小値、最大値を入力します。

  3. 値を範囲外にドラッグしたくない場合、 Lock Low または Lock High をオンにします。

スライダの使用/配置とサイズ変更の切替をする

  • スライダを移動可能/サイズ変更可能に切り替えるには、スライダをクリックして、 Locked をオフにします。

  • スライダを使用可能モードに切り替えるには、スライダをクリックして、 Locked をオンにします。

スライダの配置とサイズ変更をする

スライダのロックを解除すると移動可能/サイズ変更可能になります(上記参照)。 スライダを動かすには、スライダバーをドラッグします。 スライダのサイズを変更するには、スライダボックスの右端エッジをドラッグします。

移動/サイズ変更するスライダをグループとして合体する

スライダを隣のスライダまたは同じサイズのグループにドラッグすると、スライダが自動的に他のスライダと合体します。

合体したスライダを分離する

グループ解除したいスライダをクリックして、 Docked をオフにします。

HUDスライダを表示/非表示する

ビューアの左側にあるツールボックスのHandlesツールをクリックします。 このメニューから任意のハンドルとHUDスライダをオン・オフすることができます。

基本

はじめよう

次のステップ

カスタマイズ

導師レベル