Houdini 19.0 シェルフツール

Camera shelf tool

カメラをシーンに追加します。シェルフツールをCtrlクリックすることで、現行ビューからカメラを作成することができます。

ビューアにカメラを配置する

3通りの方法でシーンビューにカメラを配置することができます。シーンビューでカメラをドラッグするか、パラメータエディタの値を変更することで、カメラを動かすことができます。

To...Do this

シーンビューの指定した位置にカメラを配置する

  1. Lights and Cameras タブからCameraをクリックします。

  2. カーソルをシーンビューに動かします。

    ⇧ Shiftを押しながらカーソルを動かすと、基準平面からカメラを離すことができます。

  3. シーンビューのどこかをクリックして、カメラを配置します。

カメラを原点に配置する

  1. Lights and Cameras タブからCameraをクリックします。

  2. カーソルをシーンビューに動かし、Enterを押すと、カメラが原点に配置されます。

視点にカメラを配置する

  1. Lights and Cameras タブからCamera⌃ Ctrlクリックします。

  2. ハンドルやパラメータエディタの値を編集することで、Cameraシーンビューの好きな位置に動かすことができます。

カメラが視点の時、シーンビューに表示されるハンドルを使ってカメラの向きや範囲を設定します。

ハンドル

シーンビューでカメラをクリックすると、カメラとライトのマニピュレータハンドルオプションを選択することができます。カメラ固有のハンドルは、フォーカスハンドルとフラスタム(視野角錐台)ハンドルの2つです。

Frustum Handle

クリップ平面のニア平面とファー平面そして焦点距離を設定することができます。

Focus Handle

深度マップフォーカスを制御することができます。

ビューキーによるカメラの移動

  1. 上記のように視点にカメラを配置します。他にも、既に作成したカメラを視点にするには、カメラメニューからカメラを選択します。

  2. ビューの右側のツールバーにある Lock camera/light to the viewボタンをクリックして、カメラをビューにロックします。カメラメニューの Tie View To Camera/Light をオンにすることでもカメラをビューにロックすることができます。

  3. タンブル、トラック、ドリーのキーを使って、カメラを動かします。

  4. カメラのロックを解除してカメラを動かします。

カメラがオブジェクトに向くようにする

  1. オブジェクトを作成します。

  2. カメラを作成します。

  3. Modify シェルフタブの Look At ツールをクリックします。

  4. カメラが向くオブジェクトを選択してEnterを押します。

カメラのパラメータエディタTransform タブの Look At パラメータでも設定することができます。

See also

シェルフツール

シェルフの使い方

テクニカル