Houdini Apprentice FAQs


どのようにしてHoudiniをダウンロードするのですか。

詳細は FAQ の ダウンロードとインストール ページを参照してください。

どのように ライセンスをインストールするのですか? (インターネット接続あり)
  1. Windows の場合、Start メニューから Houdini 製品のいずれか (例: Houdini FX) を起動します。Mac の場合、Applications フォルダの中から Houdini 製品のいずれかを実行します。 Linux の場合、

    • houdini としてHoudini FX を実行
    • hescape として Houdini Core (Houdini Escape とバージョン11まで呼ばれていました) を実行
  2. "This Software Requires a License" (このソフトウェアにはライセンスが必要です) というウィンドウが表示された場合、"Install a Non-Commercial License" (非商用ライセンスをインストール) をクリックします。

  3. ライセンスのインストール後、ウインドウがもう一つ表示されます。"Run Houdini FX" をクリックして Houdini 製品を起動します。

注意:

  • Houdini Apprentice 製品起動後、ライセンスは30日間有効です。その後再有効化可能です。
  • 個々のHoudini 製品 (Houdini FX, Houdini Core) は別々に起動されます。
  • 再有効化は自動化されています。再有効化が必要な製品を起動した場合、非商用ライセンスを再インストールするよう促すダイアログが表示されます。
License Administrator でのHTTP プロキシの設定方法は?

この方法でサイトを設定する場合、Houdini License Administrator はインターネットに接続するために HTTP プロキシを使うよう指示することができます。

サイトでプロキシを使用することをログインに要求する場合は、License Administrator の HTTP プロキシは動作しません。 「インターネット接続なしでライセンスをインストールする方法は?」 の章に従ってください。

1.Web ブラウザ設定を参照して HTTP プロキシ ホスト名とポートを確認します。 2. License Administrator で [File -> Preferences…] を選択します。 HTTP プロキシを使用するためにトグルをオンにし、プロキシ ホスト名とポートを入力します。

これらの設定は次回 License Administrator を利用する際に保存されます。

ライセンス サーバの開始・終了方法は?

Windows:

Windows の Services で Houdini License Server を開始/終了できます。

  • コントロール パネル -> Administrative Tools -> Services に行きます。
  • HoudiniLicenseServer という名のサービスがあり、開始/終了/再起動可能です。

Linux:

  • /etc/init.d にある sesinetd スタートアップ スクリプトを実行します。
  • 使用法: /etc/init.d/sesinetd {start|stop}

Mac OSX:

Applications > Utilities > Terminal でターミナルを開き次のコマンドを入力します

  • 開始するには (すべて一行で):
    sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.sidefx.sesinetd.plist
  • 終了するには(すべて一行で):
    sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.sidefx.sesinetd.plist
"Unable to connect to hserver for licence acquistion"というエラーが出たらどうしますか?

Windows では、コントロールパネル -> 管理ツールで、HoudiniServer というサービスがサービス項目としてリストされているかを確認してください。もし表示されていない場合、hserver.exe が C:\Windows\system32 にあるかを確認、ある場合には、手動で追加してください。

Linuxでは、hserverがプロセスリストにあるかを確認、ない場合には、Houdini環境を設定したシェルからhserver と入力、開始してください。

HDK のインストールはどのように行いますか?

Houdini 9.5 より、HDK は Houdini インストール時に自動的にインストールされます。

それ以前のバージョンでは、HDK を使う前に hdkinstall コマンドを実行する必要があります。

Windows:

  • Command-Line Tools (コマンドラインツール)を起動し、hdkinstall を実行します。

注: コマンドラインツールは Start Menu -> Programs -> Side Effects Software -> Houdini 9.0.x -> Command Line Tools で起動します。

Linux:

  • Houdini 環境をソース後 (source houdini_setup)、hdkinstall コマンドを実行します。
  • Bash シェルの場合、 source houdini_setup_bash とします。
インターネット接続なしでライセンスをインストールする方法は?

Houdini を起動するマシンがインターネットに接続されていない場合、ライセンスを入手するためにインターネット接続されたマシンがもう一台必要です。

  1. Houdini を起動したいマシンで、License Administrator を実行します。License Administrator の起動方法は?

  2. Server Information タブをクリックし、license server host (ライセンスサーバホスト名) とserver code (サーバコード) を記録します。

  3. インターネットに接続されたマシンで https://www.sidefx.com/services/non-commercial-license/ に行きます。起動したい非商用 Houdini 製品を選択、サーバホスト名を Server name: に、サーバコードを Server Code: に記入し、Generate License をクリックします。
  4. 出力されたライセンス文字列 (SERVER または LICENSE で始まる行すべて) をコピー&ペーストし、テキストファイルとして保存します。
  5. Houdini を実行するマシンの License Administrator で、File -> Manually Enter Keys... を選択、各テキストフィールドにライセンス文字列を一行ずつペーストし、OK をクリックします。
  6. これで Houdini が起動できるようになります。

このローカルライセンスインストール方法を取る際には、ライセンスディレクトリ (C:\Windows\keys または /usr/lib/sesi または /Library/Preferences/sesi/) に読み書きのパーミッション設定が必要です。パーミッションが無い場合、licenses.local というファイルが作成されず、また上記のテキストフィールドがグレー表示で無効になっています。

License Administrator (またはhkey) がどこかでライセンスを失いました。"License server server code: 00000000"と表示されます。どうしたらよいでしょう?

Linux上では、サーバコードはイーサネットカードのMACアドレス(eth0)に拠ります。 eth0デバイスがシステムにあり有効になっているかを確認してください。 /sbin/ifconfig -a でネットワークデバイスがリストされます。

コンソールになぜこのメッセージが表示されるのですか? NT_GeneratorThread::queueEvent eventqueuefull.Event dropped

これは古いグラフィックカードを使っているからです。ハードウェアOpenGLの代わりにソフトウェアOpenGLを使うようにHoudiniにさせなければなりません。以下の環境変数を使用します:

HOUDINI_OGL_SOFTWARE = 1

Apprentice をインストールしましたが、ネットワーク(フローティングライセンス)で使用できません。どうしたらよいですか?

Apprenticeのライセンスには制限があり、Apprentice ライセンスはノードロック式になっています(+.+.+.+)。つまり、Houdini Apprenticeはライセンスされたマシン上でしか起動することができません。

License Administrator (hkey) が "Invalid Server Key" と言っています。どうしたら良いでしょう?

SERVERライセンスキーの文字列が無効になったからです。これは、ライセンスを供給しているハードウェアに変更が行われた場合に起こりえます。 無償のApprenticeを使っている場合、一番簡単な解決策は、ライセンスファイルを一度削除し、ライセンスを再インストールします。「ライセンスをインストールするには (インターネット接続時)」または「ライセンスをインストールするには (インターネット接続時)」を参照してください。

ライセンスファイル (ローカルライセンスの場合、licenses.local と言う名のファイル)は以下の場所にあります。

Windows:

  • C:\WINDOWS\keys\licenses

Linux:

  • /usr/lib/sesi/licenses

Mac:

  • /Library/Preferences/sesi/licenses

もし上記の方法で解決しない場合、ライセンスファイルを再び削除し、以下のステップを取ってみてください。

  1. Houdini License Administrator (hkey)を開始。
  2. Server Information タブをクリック、ライセンスサーバホスト名とサーバコードを記録。
  3. http://license.sidefx.com/get_nc_license.php に行き、Houdini製品を選択、サーバ名とサーバコードを入力、アクティベートします。
  4. License Administrator に戻り、File -> Manually Enter Keys.... を実行、それぞれのテキストボックスに1行ずつライセンス文字列をペーストし、最後にOKをクリックします。
  5. これでHoudini製品を実行することができます。
ローカルライセンス認証とは何ですか?

通例、 Houdini は hserver にライセンスの起動許可を求めます。 hserver はローカルマシン上で機能し、通常リモートホスト上にある主要な Houdini License Server のプロセス (sesinetd) からライセンストークンを取得します。 hserver および sesinetd の詳細については、 www.sidefx.com -> サポート -> FAQ -> ライセンス認証について でご確認下さい。

このアーキテクチャは柔軟性が高く、商用ワークステーションやネットワーク認証に使用されますが、 Apprentice や Indie のユーザにとっては必要以上に複雑です。ライセンス認証を簡略化するため、 Houdini は Apprentice や Indie のライセンス認証をローカルで行うことができます。このモードで Houdini は、 hserver や sesinetd のプロセスに接続せずに、ライセンス をローカルで検証します。

起動時に Houdini は $HFS/houdini/Licensing.opt ファイルを参照し、使用するライセンス認証モードを決定します。 $HFS は Houdini のインストール先の特定に使用される環境変数です。ローカルライセンスモードでは、 Apprentice および Indie のノードロック ( ワークステーション ) ライセンスのみ使用可能ですのでご注意下さい。商用ライセンスの認証については、 sesinetd モードをご使用いただく必要がありますが、 Apprentice および Indie のライセンス認証についても sesinetd モードのご使用が可能です。

houdini_setup をソースするとエラーが出ます。どうしたらいいですか?

[user@linux]% source houdini_setup
bash: houdini_setup: line 26: syntax error near unexpected token `set'
bash: houdini_setup: line 26: ` if ( ! $?cwd ) set cwd=`/bin/pwd`'

houdini_setup ファイルは、 csh または tcsh を使用している人向けです。 houdini_setup_bash をソースしてみてください。 使用しているシェルを確認するには、次のように入力します。echo $ SHELL

Houdini が使用しているライセンス認証モードはどのように確認することができますか?

ライセンス認証モードは、 Server Information タブの Houdini License Administrator (hkey) で確認することができます。

ネットワークライセンス認証からローカルライセンス認証へのモードの切り替えは、どのように行いますか?

Apprentice あるいは Indie ライセンスをネットワークモードでインストールした場合は、以下のディレクトリ内の “licenses.local” に “licenses” ファイルをコピーしてください :

  • Windows: C:\Windows\keys
  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/

次に、 $HFS/houdini/Licensing.opt ファイルの licensingMode パラメータを localValidator に設定します。 $HFS は Houdini のインストール先を定義する環境変数です。このファイルに次の行を追加します :

licensingMode = localValidator

Server Information タブに “Licensing mode: local licensing” という Houdini License Administrator (hkey) のレポートが作成されれば、 Houdini のローカルライセンス認証モードへの切り替えは完了です。

ネットワークライセンス認証モードをご使用にならない場合は、任意で、 hserver および sesinetd のプロセスやサービスを停止することができます。

License Server とは何が通信をしているのでしょうか?

Houdini のライセンスクライアントは hserver (Windowsの場合 HoudiniServer) という名で、ライセンスサーバである sesinetd (Windowsの場合 HoudiniLicenseServer というサービス) と通信を行っています。

ライセンスサーバプロセスの開始終了方法はこちらを参照してください。

ローカルライセンス認証からネットワークライセンス認証へのモードの切り替えは、どのように行いますか?

Apprentice あるいは Indie ライセンスをローカルモードでインストールした場合は、以下のディレクトリ内の “licenses” ファイルに “licenses.local” をコピーしてください :

  • Windows: C:\Windows\keys
  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/

次に、 $HFS/houdini/Licensing.opt ファイルの licensingMode パラメータを sesinetd に設定します。 licensingMode を含む 代入形式の行を探し、右側の値を sesinetd に変更します :

licensingMode = sesinetd

sesinetd プロセスが起動しない場合は、マニュアル操作で起動します。

ライセンスサーバの起動/停止を行うには、 Administrative 権限 (root, sudo) が必要です。

Windows:

Houdini License Server の起動と停止は、 Windows のサービスメニューで行います。

  1. コントロールパネル -> 管理ツール -> サービス
  2. Houdini License Server を選択し、起動します

Linux:

  1. /etc/init.d にある sesinetd の起動スクリプトを実行します
  2. Usage: /etc/init.d/sesinetd start

Mac:

  1. launchctl load /Library/LaunchDaemons/com.sidefx.sesinetd.plist
バージョンの異なる2つの Houdini を保持しているのですが、両方共にローカルライセンス認証を使用することはできますか?

$HFS/houdini/Licensing.opt ファイルはバージョン毎に固有であるため、インストールされている Houdini バージョンは、一方のバージョンとは無関係に別々に設定を行うことができます。 $HFS は Houdini のインストール先を示す環境変数です。両方のバージョンでローカルライセンス認証を使用する場合は2つの Licensing.opt ファイルを編集しますが、インストールされている Houdini バージョンはすべて、共通の単一 licenses.local ファイルを使用します。

ただし、 $HFS/houdini/Licensing.opt ファイルは $HOME/houdiniX.Y/Licensing.opt ファイルによる上書きが可能です。オーバーライドファイルを編集する場合、 Houdini のあらゆるバージョン X.Y はその設定を順守します。

ローカルライセンス認証モードの際、License Administratorの“Change License Server”オプションがグレー表示されるのはなぜですか?

Houdiniはローカルライセンス認証モードではライセンスサーバを使用しないため、サーバの切り替えが無効になっています 。ネットワークライセンス認証モードに切り替えると、このオプションは有効になります。

ローカルライセンス認証モードでのラインセンスのインストールに問題が発生しました。License Administratorのフィールドがグレー表示されています。

ご使用プラットフォームに応じて、以下のディレクトリにある“licenses.local”ファイルの作成または書き込みの権限があるか確認します:

  • Windows: C:\Windows\keys
  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Mac: /Library/Preferences/sesi/
ライセンス認証時にトラブルが発生した場合はどのように対処すればいいですか?

ライセンス認証時にトラブルが発生した場合には、以下の手順で対応します:

  1. Houdini License Administrator (hkey) を起動します
  2. Viewメニューから、 "Diagnostic Information" を選択します
  3. ファイルを保存し、メールに添付してsupport@sidefx.comに送付してください

グラフィック ディスプレイを使用していない場合は、"sesictrl -f > file" と入力してください。ファイルをメールに添付してsupport@sidefx.comに送付してください。 または、代理店にお問い合わせください。