VPN を含むネットワーク経由のライセンス

ライセンスの IP マスクが、VPN のサブネットを含むネットワーク構成に一致するように設定されていることを確認して下さい。 デフォルトでは、Houdini ライセンスは以下のプライベートネットワークに設定されています。

LAL ライセンス:
* +.+.*.*, 192.168.*.*, 10.*.*.*, 172.*.*.*.
+.+.*.* はライセンスサーバが存在するネットワークです。

GAL ライセンス:
* +.*.*.*, 192.168.*.*, 10.*.*.*, 172.*.*.*.
+.*.*.* はライセンスサーバが存在するネットワークです。

Houdini ライセンスのデフォルトIPマスクに含まれていないネットワークの追加が必要な場合、担当代理店のテクニカルサポートに連絡し、ネットワーク範囲の解放または制限のためのIP マスクの変更資格の発行依頼をしてください。

Houdini ライセンスのカスタムIPマスクが発行された場合、 sesinetd.options と呼ばれる設定ファイルをライセンスサーバに作成する必要があります。 sesinetd.optionsのネットワークを参照してください。

ファイアウォール

  • ライセンスサーバープログラム sesinetd(HoudiniLicenseServer)には、着信 TCPポート1715 の解放が必要です。
  • TCP ポート 1715 でライセンスサーバにトラフィックのルーティングを許可してください。
  • The client program hserver (HoudiniServer) will listen on TCP port 1714. *クライアントプログラム hserver(HoudiniServer)は、TCPポート 1714 をで聴いています。
  • Houdini ライセンスサーバポートのテスト方法の詳細については、ファイアウォールのセットアップを参照してください。