Procedural GameDev Tools

Houdini のプロシージャルなノードベースワークフローにより、ゲーム環境やプロップ、リアルタイムエフェクトなどが組み込まれたゲームを短期間で制作することができます。

詳細なコンテンツが組み込まれた、スケールの大きなゲーム世界を構築することのプレッシャーは、限界にまで達しています。制作側はゲームプレイのクオリティを維持しながら、納期を厳守しコストの削減を図らなければなりません。 Houdini のプロシージャル手法により、制作プロセス全体のクリエイティビティをコントロールすると共に、より高品質なゲーム制作を実現することができます。

レベル 構築

Houdiniは大規模なデータセットの処理が可能で、カスタムのアトリビュートやブラインドデータを容易に扱うことができます。OpenGLを用いてゲームレベルをあらかじめ視覚化した後、ゲームエンジン内でバックアップ構築ができるようにポイントデータとして出力したり、あるいは、Houdini Digital AssetやHoudini Engineを用いて、ゲームエディタ内でレベルデザインをしたりといったことが簡単に行えます。

プロシージャルモデリング

デザインが固まっていればモデリングツールを上手く使いこなすことができますが、プランが曖昧な中での作業においてはツールを柔軟に扱うことはできません。モデリング作業をプロシージャルに進めることにより、作業制御が可能になり、細部にいたる修正変更が行えます。プロシージャルモデリングは、さまざまなバリエーションのモデルを作成したり、ゲームの世界にリッチコンテンツを配置したりするうえでも有効です。

ゲーム内エフェクト

映画映像での高いクオリティのエフェクトをHoudiniのパーティクルとダイナミクスツールでゲーム制作に使用できます。Houdini は、パーティクル、破砕リジッドボディダイナミクス、そして流体やクロスも含め、ゲーム内エフェクトのプロトタイプを行うのに最適です。頂点スキャッシュ、スプライト、ベクトル、フローマップなど、エンジンが対応可能な様々なデータ形式への出力が可能です。

ツール構築

Houdini と Houdini Engine はコンテンツ制作にノードベースのプロシージャル方法をもたらします。レシピをノードネットワークを元に構築し、スマートセットとしてまとめて何度でも繰り返し作動でさせることが可能です。これらのアセットは、例えば Unity® や Unreal Engine® などのゲームエディタ、 または Houdini Engine API を用いて独自のエディタにも持ち込むことができます。

ゲームシネマティクス、トレーラー

映画の特殊効果制作において数々の実績を持つHoudiniは、観る者にインパクトを与えるリアルなショットを作成するのに最適なツールです。さらに、HoudiniのライティングツールやMantraレンダラにより、ルック デベロップメント パイプラインの効率化が実現します。

SELECTED CUSTOMERS & PARTNERS

HOUDINI INDIE

モデリング | レンダリング | アニメーション | VFX

$199 USD 年間費用

HOUDINI [ベース]

モデリング | レンダリング | アニメーション

¥230,000 + 税から

HOUDINI 教育版

モデリング | レンダリング | アニメーション | VFX

¥9,200 + 税 年間費用

HOUDINI FX

モデリング | レンダリング | アニメーション | VFX

¥517,500 + 税から

HOUDINI 体験版

モデリング | レンダリング | アニメーション | VFX

FREE

HOUDINI ENGINE INDIE

Houdini アセットのアプリ/ゲームエディタへのロードとファーム上でバッチ処理

FREE

HOUDINI ENGINE

Houdini アセットのアプリ/ゲームエディタへのロードとファーム上でバッチ処理

¥57,500 + 税から

ENGINE 教育版

Houdini アセットのアプリ/ゲームエディタへのロードとファーム上でバッチ処理

FREE 学校用