Houdini 17.5

Houdiniサードパティ製のライブラリとツール

Houdini 17.5 is fully compliant with the VFX Reference Platform CY2018 specification (http://www.vfxplatform.com).

Houdini uses the following third party libraries:

Third-Party Tool Version License VFX Platform Compliant
Alembic

1.7.9

Uses version namespace with sidefx suffix
License Yes
Apache Thrift 0.10.0 Apache 2.0 License N/A
Audiere 1.9.4 LGPL License N/A
Autodesk FBX (closed source) 2016

Yes

The FBX SDK library is statically linked in with symbols hidden
Berkeley DB 4.5.20 License N/A
Blosc 1.5.0 License N/A
Boost

1.61.0

Uses custom hboost namespace
Boost Software License

Yes

The Boost libraries are renamed with symbols namespaced
Bullet 2.86 License N/A
bzip2 1.0.5 BSD-style License N/A
certifi 2018.1.18 Mozilla Public License 2.0 N/A
chardet 3.0.4 LGPL License N/A
clFFT 2.8.0 Apache License, Version 2.0 N/A
COLLADA DOM 1.4.1 SCEA Shared Source License N/A
cURL 7.35.0 License N/A
decNumber License N/A
demjson 1.3 LGPL License N/A
ecdsa 0.13 MIT License N/A
Eigen 3.3.5 MPL 2.0 License, LGPL 2.1 License N/A
Embree 2.17.2 Apache 2.0 license N/A
Expat 2.0 MIT License N/A
Field3D

1.3.2

Uses version namespace with sidefx suffix
New BSD License N/A
Fontconfig 2.8 License N/A
FreeType 2.9 FreeType License N/A
Genshi 0.5.0 License N/A
Geogram (MultiPrecision component only) 1.3.7 License N/A
gettext 0.14.5 LGPL License N/A
HDF5 1.8.11 License N/A
idna 2.6 BSD-like N/A
Intel(R) Math Kernel Library 2018.1 Intel Simplified Software License

Yes

The MKL library is statically linked in with symbols hidden
Intel(R) Threading Building Blocks 2018 Intel Simplified Software License Yes
ICU 5.1 License N/A
jemalloc 3.6.0 License N/A
Jinja2 2.7.3 License N/A
Khronos OpenCL ICD 1.2 License N/A
KissFFT License N/A
libarchive 3.3.3 New BSD License N/A
libdwelf 2.0.0 BSD License N/A
libe57 1.1.312 License N/A
libevent 2.1.5 BSD 3-Clause License N/A
libigl 0.1 MPL 2.0 License N/A
libiconv 1.14 LGPL License N/A
libjpeg 6b License N/A
liblas 1.8.1 License N/A
libpng 1.2.44 License N/A
libsndfile 1.0.10 LGPL License N/A
libspnav 0.2.3 BSD License N/A
libtiff 4.0.7 License N/A
libxml2 2.8.0 License N/A
llvm 3.2 License N/A
MikkT 1.0 License N/A
MurmurHash3 1.0 Public Domain license N/A
NumPy 1.12.1 License Yes
Open Shading Language 1.8.12 License N/A
OpenColorIO

1.0.9

Uses version namespace with sidefx suffix
License Yes
OpenCV

3.3.0

Uses namespace with sidefx suffix
BSD License N/A
OpenEXR

2.2.0

Uses internal namespace with sidefx suffix
License Yes
OpenGL Extension Wrangler library 1.10.0 Modified BSD License N/A
OpenSubdiv 3.3.3 Apache 2.0 License Yes
OpenVDB

5.2.0

Uses version namespace with sesi suffix
Mozilla Public License 2.0 Yes
Optix 5.1 License N/A
paramiko 1.16.0 LGPL License N/A
protobuf 3.4.1 BSD License N/A
Ptex 2.1.28 License Yes
pybind11 2.0 BSD License N/A
pycrypto 2.5.0 Public Domain license N/A
pycurl 7.19.5 License N/A
Pillow 2.9.0 PIL Software License N/A
Python 2.7.15 Python Software Foundation License Yes
PySide 2.0 LGPL License Yes
Qt 5.6.1 LGPL License v2.1 Yes
Qt.py 5.6.1 MIT License N/A
QuickTime SDK for Windows 7.3 N/A
requests 2.18.4 Apache 2.0 License N/A
rpyc 3.0.7 MIT License N/A
simplejson 2.0.9 MIT License N/A
SimpleJSON C# MIT License N/A
SDL2 2.0.5 License N/A
XSLT 1.1.28 MIT License N/A
Spectra 0.5.0 MPL 2.0 License N/A
SQLite 3.6.22 Public Domain license N/A
urllib3 1.22 MIT License N/A
xerces 3.1.4 Apache 2.0 License N/A
zlib 1.2.7 License N/A
3DxWare 3.3.1 3Dconnexion License N/A

Several icons in Houdini are used under license from the Tango icon project. See $HFS/houdini/config/Icons/LICENSE.txt.

Houdini’s help system additionally uses the following third party libraries:

Third-Party Tool Version License VFX Platform Compliant
click 6.7 BSD License N/A
Flask 0.12 License N/A
libsass 0.8.2 MIT license N/A
lxml 3.1.2 BSD License N/A
MarkupSafe 0.23 License N/A
Paste 1.7.2 MIT license N/A
PasteDeploy 1.3.2 MIT license N/A
PasteScript 1.7.3 MIT license N/A
Pygments 1.0 BSD License N/A
Werkzeug 0.10.4 License N/A
Whoosh 2.7.4 BSD License N/A

HQueue additionally uses the following third party libraries:

Third-Party Tool Version License VFX Platform Compliant
Beaker 1.5.1 BSD License N/A
decorator 3.0.0 BSD License N/A
FormEncode 1.2.1 Python Software Foundation License N/A
Mako 0.2.5 MIT License N/A
Pylons 0.9.7 BSD License N/A
Routes 1.10.1 BSD License N/A
setuptools 0.6c11 MIT License N/A
Six 1.9.0 License N/A
SQLAlchemy 0.7.10 License N/A
Tempita 0.2 BSD License N/A
virtualenv 1.3.2 MIT License N/A
WebError 0.9.1 MIT License N/A
WebHelpers 0.6.3 BSD License N/A
WebOb 0.9.4 MIT License N/A
WebTest 1.1 MIT License N/A
WSGIref 0.1.2 Python Software Foundation License N/A

Houdini 17.5

はじめよう

Houdiniの使い方

  • ジオメトリ

    Houdiniがどのようにジオメトリを表現し、どのように作成・編集するのか説明します。

  • コピーとインスタンス

    コピー(実形状)とインスタンス(読み込みのみ、もしくはレンダリング時に作成される形状)の使い方。

  • アニメーション

    Houdiniでのアニメーションの作成とキーフレームの方法。

  • キャラクタ

    Houdiniでのキャラクタのリグとアニメーションの方法。

  • レンダリング

    3Dシーンから画像とアニメーションをレンダリングする方法。

  • マテリアル

    マテリアルの割り当てとシェーディング用のカスタムマテリアルを作成する方法。

  • コンポジット

    Houdiniのコンポジットネットワークはレンダーなどの画像を作成し処理することができます。

  • デジタルアセット

    デジタルアセットは既存ネットワークから再利用可能なノードとツールを作成することができます。

  • インポートとエクスポート

    Houdiniでのシーン、オブジェクト、他のデータのインポートとエクスポートの方法。

  • TOPsを使ってプロシージャルディペンデンシーグラフ(PDG)を構築する方法

    TOPノードは、データをネットワークに送り込んで"ワークアイテム"に変換し、色々なノードでそれを制御するワークフローを定義します。たいていノードは、ローカルマシンまたはサーバーファーム上で実行可能な外部プロセスを表現しています。

  • MPlayビューア

    Houdiniのスタンドアローン画像ビューアの使い方。

ダイナミクス

  • パーティクル

    パーティクルシミュレーションの作成方法。

  • ダイナミクス

    Houdiniのダイナミクスネットワークを使用したシミュレーションの作成方法。

  • Pyro

    煙、炎、爆発のシミュレーションの方法。

  • 流体

    流体とオーシャンのシミュレーションをセットアップする方法。

  • Grains(粒)

    (砂のような)粒状の材質をシミュレーションする方法。

  • 群衆シミュレーション

    Houdiniでのキャラクタの群衆の作成とシミュレーションの方法。

  • HairとFur

    ヘアーとファーを作成、スタイリング、ダイナミクスを追加する方法。

  • Finite Elements(有限要素)

    変形可能なオブジェクトを作成してシミュレーションする方法。

ノード

  • OBJ - オブジェクトノード

    オブジェクトノードはシーン内で、キャラクタ、ジオメトリオブジェクト、ライト、カメラなどのオブジェクトを表示します。

  • SOP - ジオメトリノード

    ジオメトリノードはGeoオブジェクト内で存在し、ジオメトリを生成します。

  • DOP - ダイナミクスノード

    ダイナミクスノードは物理シミュレーション用に条件とルールを設定します。

  • VOP - シェーダノード

    VOPノードは、ノード同士を接続することで(シェーダなどの)プログラムを定義することができます。そしてHoudiniは、そのノードネットワークを、実行可能なVEXコードにコンパイルします。

  • ROP - レンダーノード

    レンダーノードは、シーンをレンダリングしたり、レンダーディペンデンシーネットワークをセットアップします。

  • CHOP - チャンネルノード

    チャンネルノードは、チャンネルデータの作成、フィルタリング、制御をします。

  • COP2 - コンポジットノード

    コンポジットノードはフィルターを作成し、画像データを操作します。

  • TOP - タスクノード

    TOPノードは、データをネットワークに送り込んで"ワークアイテム"に変換し、色々なノードでそれを制御するワークフローを定義します。たいていノードは、ローカルマシンまたはサーバーファーム上で実行可能な外部プロセスを表現しています。

リファレンス

  • メニュー

    メインメニュー内のそれぞれの項目について説明します。

  • ビューア

    ビューアペインタイプ。

  • ペイン

    色々なペインのオプションを説明します。

  • ウィンドウ

    色々なユーザーインターフェースウィンドウのオプションを説明します。

  • スタンドアローンのユーティリティ

    Houdiniには便利なコマンドラインユーティリティプログラムがたくさんあります。

  • Pythonスクリプト

    PythonとHoudini Object Modelを使用してHoudiniのスクリプトを記述する方法。

  • エクスプレッション関数

    エクスプレッション関数は、パラメータの値を計算することができます。

  • HScriptコマンド

    HScriptはHoudiniのレガシースクリプト言語です。

  • VEX

    VEXはシェーダの記述などのHoudiniのほとんどの場所で使われているハイパフォーマンスなエクスプレッション言語です。

  • プロパティ

    プロパティはレンダリング、シェーディング、ライティング、カメラといったパラメータを柔軟で強力な階層構造でセットアップすることができます。

  • Pythonパネル

    Pythonを使用したカスタムペインタイプのスクリプトによって独自のUIを作成することができます。

  • ギャラリー

    Houdiniに含まれている既製マテリアル。

  • Houdiniパッケージ

    プラグイン、ツール、アドオンが異なる環境変数定義ファイルを複数作成して、それらを組み合わせる方法。

  • 環境変数一覧