Houdini 18.0 タスクを実行する方法

PDGノードネットワークインターフェース

TOPネットワーク特有のネットワークエディタ機能の使い方。

On this page

ネットワークをクックする方法も参照してください。

TOPノード

ワークアイテムのドット

TOPノードの目立った特徴は、各ノードにワークアイテムを表現したグリッド状のドットが付いている事です。 ノードがまだ何もワークアイテムを生成していない場合、何もドットは表示されません。 Tasks ▸ Generate Static Work Items を使用することで、事前に"Static"ワークアイテム(既知のワークアイテム)を生成することができます。 Dynamicワークアイテムは、ネットワークを走らせた時に表示されます(ネットワークのクックを参照)。

To...Do this

個々のワークアイテムに関する情報を表示する

  • ワークアイテムのドット上でクリックすると、そのワークアイテムに関する情報(アトリビュート値を含む)が入ったポップアップInfoウィンドウが表示されます。

  • ドット上で⌃ Ctrl + クリックまたは右クリックで Task Info を選択すれば、持続型のInfoウィンドウを開くこともできます。

ノード上のドットを非表示にする

  • ノードの左下にある上向きの三角形をクリックすると、ノードが"折り畳まれて"、ドットが非表示になります。

  • 折り畳んだノードの下向きの三角形をクリックすると、再度ドットが表示されます。

すべてのノード上のドットを非表示にする

ネットワークエディタの上部にあるメニューから、 Tasks ▸ Show Task Graph を無効にします。

ネットワーク内に膨大な数のワークアイテムが表示されている場合には、これを無効にすると良いでしょう。 各ノードで表示されるドットの数を制限したいのであれば、Task Graph Display Optionsのコントロールを参照してください。

ノード上に表示するドットの数を制限する

Task Graph Display Optionsを参照してください。

すべてのワークアイテムのデータのテーブルを表示する

TOPノードの右下にあるテーブルアイコンをクリックすると、Task Graph Tableが開きます。

ドットのカラーは、通常では個々のワークアイテムのステータスを示しています(代わりに、相対速度をカラーで表示するように切り替えることができます。パフォーマンスの可視化を参照してください)。

ドット

カラー

ステータス

説明

明るい緑色

進行中(クック中)

ワークアイテムが現在実行中です。

中間調の緑色

完了(クック完了)

警告もエラーもなくワークアイテムが完了しました。

暗い灰青色

待機中

ワークアイテムが開始されましたが、待機中です(ワークアイテムがスケジュールに組まれるのを待機中、または、上流のワークアイテムが完了するのを待機中です)。

灰色

未クック/クックしていません

ワークアイテムが生成されましたが、まだ実行されていません。

オレンジ色

警告

ワークアイテムが警告を発しました。

赤色

失敗

ワークアイテムがエラーに遭遇しました(または、実行ファイルがゼロ以外のステータスコードを返しました)。

茶色

キャンセル

タスクアイテム実行中にユーザがそのクックをキャンセルしました。

ステータスアイコンとカウント

Houdiniは、各TOPノードの左側に、そのノードのワークアイテムの全体的なステータスを示したアイコンと、ステータス別のワークアイテム数の一覧を表示します。 TOPノードがクック中の時は、そのステータスアイコンを囲んだリングがそれらのワークアイテムの進捗状況を表示します(Task Graph Display Optionsを使って特定のステータスのワークアイテムを非表示にすると、それらのワークアイテムはこの進捗状況には反映されません)。

アイコン

ステータス

説明

開始されていません

このノードは実行されていません。

待機中

このノードは開始されましたが、それらのワークアイテムがスケジュールに組まれるのを待機中、または、上流の動的なワークアイテムが完了するのを待機中です。

クック中

このノードは実行中で、そのノード内のワークアイテムがマシン/レンダーファーム上にスケジュールに組まれています。

完了

このノード内のすべてのワークアイテムが警告もエラーもなく実行が完了しました。

警告

このノード内の最低でも1個のワークアイテムが実行時に警告を発しました。

エラー

このノード内の最低でも1個のワークアイテムが実行時にエラーを起こしました。

Task Graph Table

  • Task Graph Tableを表示するには、TOPノードの右下コーナーにあるテーブルアイコンをクリックします。

    Task Graph Tableは、TOPグラフ内のすべてのワークアイテムのメタデータ、または、特定のノード内のすべてのワークアイテムのメタデータを表示します。

  • Work Items to Show メニューから、TOPグラフ内のすべてのワークアイテム、現行ノード内のワークアイテムのみ、Outputフラグが付いたノード内のワークアイテムのみのどれを表示するのか選択することができます。

Tasksメニュー

このメニューは、TOPネットワークを表示した時に、そのネットワークエディタの上部に表示されます。

Generate Static Work Items

ネットワーク内のすべてのノードから、パラメータ値/入力の静的なワークアイテムに基づいて、前もって必要となるであろう"静的な"ワークアイテムを生成します。

Cook Output Node

最終出力を生成するネットワークのクックを開始します。

Cook Selected Node

Outputフラグの付いたノードまでではなくて、選択したノードまでのネットワークをクックします。 これは、ネットワークを部分別にテストしたい時に役立ちます。

Dirty All

ネットワーク内のすべてのノードに対して、再クックが必要であることをマークします。 つまり、次にネットワークをクックすると、すべてのワークアイテムが実行されるようになります。

Delete All Results From Disk

TOPグラフ内のワークアイテムによって残された結果ファイルすべてを削除します。

Dirty Selected Node

選択したノードに対して、再クックが必要であることをマークします。 次にネットワークをクックすると、そのノード内のすべてのワークアイテムが実行されるようになります。

Dirty and Cook Selected Node

ネットワーク内のすべてのワークアイテムを強制的に選択したノードまで再クックさせます。 これは、ネットワークを部分別にテストしたい時に役立ちます。

Dirty and Cook Output Node

ネットワーク内のすべてのワークアイテムを強制的に最終出力まで再クックさせます。

Delete Selected Node Results From Disk

選択したノード内のワークアイテムによって残された結果ファイルすべてを削除します。

Cancel Current Cook

ネットワークのクックを停止して、"実行中"のプロセスをキャンセルすることができます。

Pause Current Cook

ネットワークのクックを一時停止します。"実行中"のプロセスはどれも実行が継続されます。

Show Task Graph

ノード内のワークアイテムを表現したドットを表示するかどうか。

Task Graph Display Options

TOP特有のTask Graph Display Optionsウィンドウを開きます。

Show Task Graph Performance

これを有効にすると、ネットワークは、ステータスではなく相対速度または出力サイズに応じてドットにカラーを付けます。 詳細は、パフォーマンスの可視化を参照してください。

Show

Show Task Graph Performance を有効にすると、これは、相対クック時間または出力サイズのどちらでワークアイテムにカラーを付けるのか制御することができます。

PDG Service Menu

PDG Service Menuウィンドウを開きます。

Task Graph Display Options

Filter

"Tasks to Show"と"Always Show"のコントロールは、あまり役に立たないし、混乱を招きかねないです。 これらのコントロールは今後のバージョンで削除される予定です。

Tasks to Show

重要: これらのコントロールは、静的なワークアイテムに何も影響しません。

特定のステータスの(動的な)ワークアイテムの表示を無効にすることができます。

Always Show

これらのコントロールは、"Tasks to Show"の可視コントロールを上書きします。

Sort Criteria

ノードボディ内部のワークアイテムのドットの並べ方。

Automatic

ネットワークがパフォーマンスを可視化している場合、パフォーマンス順になり、そうでない場合はインデックス順になります。 これがデフォルトです。

State

ワークアイテムのステート順(例えば、"Cooking", "Cooked", "Failed"など)で並べます。

ID

各ワークアイテムの固有ID順で並べます。

Index

インデックスアトリビュート順で並べます。これによって、子ワークアイテムが親ワークアイテムと一列に並ぶようになります。

Collapse

Off

ノードを自動的に折り畳みません。これがデフォルトであり、推奨される設定です。

By Static Ancestor

選択したワークアイテムに静的な親ワークアイテムを持たないノードを自動で折り畳みます。

By Batch

???

Display

Isolate highlighted tasks

ワークアイテムを選択すると、これは、選択したワークアイテムの親または子でないワークアイテムすべてを非表示にします。

Limit Rows

ノード内部に表示させるドットの最大行数を制限します。 これは、ノードが(設計によっては、または不意に)何千ものワークアイテムをすぐに生成してしまう可能性があるので、便利です。

Max Number of Rows

Limit Rows を有効にした時の、ノード内部に表示させるドットの最大行数。 溢れた行が非表示になると、表示されている行が"フェードアウト"するようになり、もっとワークアイテムが存在しているけれど表示されていないことを示すようになります。

Tasks Per Row

ノード内部の各行で表示するドットの数。 デフォルトは10です。 この数を下げるとドットが大きくなり、上げるとドットが小さくなります。

タスクを実行する方法

基本

次のステップ

  • 外部のプログラムを実行する方法

    TOPノードで外部機能をラップする方法。

  • ファイルタグ

    ワークアイテムは、そのワークによって生成された"結果"を追跡します。各結果には、そのタイプのタグが付きます。

  • フィードバックループ

    For-Eachブロックを使用することで、ワークアイテムに対して一連のオペレーションをループで処理することができます。

  • コマンドサーバー

    コマンドブロックは、リモートプロセス(例えば、HoudiniやMayaのインスタンス)を起動したり、サーバーコマンドを送信したり、サーバーをシャットダウンすることができます。

  • PDG Service Manager

    PDG Service Managerは、ワークアイテムのクック時間を短くするために使用される持続型Houdiniセッションのプールを管理します。

  • PDGとレンダーファームスケジューラの統合

    異なるスケジューラを使って、ワークのスケジュールを組んで実行する方法。

  • ワークアイテムのパフォーマンスの可視化

    ネットワーク内のワークアイテムの相対的なクック時間(またはファイル出力サイズ)を可視化する方法。

  • Event Handling

    PDGノードまたはグラフからイベントを制御するためのPython関数を登録することができます。

  • Tipsとテクニック

    TOPsを扱う上で役立つ一般情報と上手な使い方。

リファレンス

  • すべてのTOPsノード

    TOPノードは、データをネットワークに送り込んで"ワークアイテム"に変換し、色々なノードでそれを制御するワークフローを定義します。たいていのノードは、ローカルマシンまたはサーバーファーム上で実行可能な外部プロセスを表現しています。

  • Processor Node Callbacks

    Processor系ノードはスケジューラで実行可能なワークアイテムを生成します。

  • Partitioner Node Callbacks

    Partitioner系ノードは複数の上流ワークアイテムを単一パーティションにグループ化します。

  • Scheduler Node Callbacks

    Scheduler系ノードはワークアイテムを実行します。

  • Python API

    ディペンデンシーグラフを扱うためのPython PDGパッケージのクラスと関数。