Houdini 18.5 ノード シェーダノード

RIS Shader Network shader node

RISシェーダ用のコンテナを用意します。

Since 14.5

このSHOPは、RISシェーダノードを作成するための領域を用意します。 このSHOPはシェーダではありません。 RenderMan RISレンダリングモードで使用するシェーダ用のコンテナです。 これはシェーダではないので、シェーダとしてジオメトリに割り当てることはできませんが、その子は可能です。

RISシェーダは、従来のRSLシェーダとは異なります。 それは、それらはカラーではなくBxDFを定義するからです。 一部の中間ノードは実際にカラーを計算しますが、割当可能なRISシェーダノードはBxDFを用意します。

RISはまた、一つのシェーダの出力(エクスポートマテリアル)を別のシェーダの入力(パラメータ)にワイヤ接続することで、シェーダのレイヤ化が可能です。 そのようなシェーダ合成は、共通シェーダと同様です。 共通シェーダは、メインシェーダでは明確に呼び出されませんが、レンダラによって呼び起され、その結果がメインシェーダパラメータとして渡されます。

詳しい情報は、RIS shadersを参照してください。

Examples

Basic RIS Shading Example Example for RIS Shader Network shader node

このファイルでは、私達はシンプルなジオメトリを作成し、そこにBxDFシェーダを割り当てています。 シェーディングネットワークは、BxDFシェーダに接続されたパターンシェーダで構成されています。

See also

シェーダノード