サンプル

Add Point to Group

GroupPainted Example for Add Point to Group VOP node

このサンプルでは、アトリビュートをペイントする方法と、Add Point To Group VOPとCreate Point Group VOPを使って、 そのアトリビュートからポイントグループを構築する方法を説明しています。

VOPpointgroup Example for Add Point to Group VOP node

1つおきにポイントを新しいグループに追加するVOP SOPのサンプルを説明しています。

ポイントグループのみがVOPでサポートされています。

ここで使用しているVOPは、Add Point To Group VOP、Create Point Group VOP、Point In Group VOPです。

Curvature

WornMetal Example for Curvature VOP node

このサンプルでは、Curvature VOPをシェーダネットワークに追加して、マテリアルに剥げやアンティーク調の見た目を追加する方法を説明しています。

/nodes/vop/for

curveSegmentRotations

このサンプルでは、カーブセグメントに回転を加える方法を説明しています。 For Loop Vex Nodeを使ってセグメントを計算して、ポイント番号に応じて回転と位置を適用しています。

Fuzzy Defuzz

Fuzzy Logic Obstacle Avoidance Example Example for Fuzzy Defuzz VOP node

このサンプルでは、Fuzzy Logicコントローラを使用して実装されたエージェントの障害物回避とパスへの追従を説明しています。

Fuzzy Logic State Transition Example Example for Fuzzy Defuzz VOP node

このサンプルでは、Fuzzyネットワークセットアップに対してState Transitionがトリガーされる箇所への群衆セットアップを説明しています。

/nodes/vop/if

ST_Colour

このサンプルでは、If-Thenサブネットの外側からの“true”値、さらに外側からの“false”値も持つIf-Then Block VOPの使い方を説明しています。

Condition VOPは、“t” Global Variableに基づいて使われます。 “t”が0.5未満なら、If-Thenは、“false”になり、 “t”が0.5以上なら、“true”になります。

条件の結果がTrueなら、青いカラー、Falseなら赤いカラーが使われます。

SimpleInsideSubnet

このサンプルでは、If-Thenサブネットの外側からの“true”値、内側からの“false”値を持つIf-Then Block VOPの使い方を説明しています。

条件の結果がTrueなら、青いカラー、Falseなら赤いカラーが使われます。

SimpleOutsideSubnet

このサンプルでは、If-Thenサブネットの外側からの“true”値、さらに外側からの“false”値も持つIf-Then Block VOPの使い方を説明しています。

条件の結果がTrueなら、青いカラー、Falseなら赤いカラーが使われます。

Inline Code

CrinkleSphere Example for Inline Code VOP node

このサンプルでは、Inline Codeノードを使って、VEXコードを直接シェーダやオペレータ定義に記述する方法を説明しています。

Layer Mix

Layeredshader Example for Layer Mix VOP node

This example shows how to layer shaders together using the layermix node when one of the textures has an embedded alpha. A similar process can be used with the layercomp node.

Meta-Loop Import

SimpleMetaImport Example for Meta-Loop Import VOP node

このサンプルでは、Meta-Loop Start、Meta-Loop Next、Meta-Loop Import VOPの使い方を説明しています。

入力ジオメトリ内のすべてのメタボールの密度の合計を計算し、それをComposite Network内で画像として作成しています。

Parameter

RampParameter Example for Parameter VOP node

このサンプルでは、Ramp Parameter VOPノードを使って、PyroシミュレーションのTemperature(温度)アトリビュートでパーティクルの色を制御する方法を説明しています。

Point Cloud Iterate

PointCloudIterateAverage Example for Point Cloud Iterate VOP node

このサンプルでは、pciterate VOPを使ってpcopenで返されたポイントを平均化する方法を説明しています。 最初に、ZX平面上の円の内側を1に初期化した浮動小数点“check”チャンネルでポイントクラウドを生成します。 そして、pciterate VOPを使ってループでシェーダ内にポイントをフィルタリングして、“check”チャンネルの値を平均化します。 このサンプルで使われているポイントクラウドは、points.pcとしてアセット内に保存しています。

PointCloudLookup Example for Point Cloud Iterate VOP node

このサンプルでは、pcfilterとpciterateを使って、ボリュームに対してポイントクラウド検索を実行する方法を説明しています。 また、ループの方法と検索で返された値を取り込む方法も説明しています。

Point Cloud Write

PointCloudWrite Example for Point Cloud Write VOP node

このサンプルでは、pcwrite VOPを使って、ポイントクラウドファイルにポイントを書き出す方法を説明しています。 mantra1 ROPをレンダリングして、ポイントクラウドを生成し、gplayコマンドでポイントクラウドを閲覧してください。 ポイントの分布は、Mantraシェーダを実行した場所に依存します。 この場合では、Mantra ROPは、非表示にしたサーフェスをシェーディングして、球のバックフェースからポイントを生成できるように設定しています。

Ray Trace

RaytraceVopShader Example for Ray Trace VOP node

このサンプルでは、VOP VEXネットワークを使って、単純なレイトレースシェーダについて説明しています。 シェーダプロパティを修正するには、マテリアル内にPropertiesシェーダを作成して、Outputシェーダノードに接続します。 そして、レンダリングパラメータをPropertiesノードに追加します。 例えば、反射の数を制御するには、reflect limitパラメータを追加します。

Sensor Panorama Create

SensorDeform Example for Sensor Panorama Create VOP node

このサンプルでは、Sensor Creationに関する説明とConeコマンドを使って深度情報を抽出する方法を説明しています。 これは、中心の球を観測した球で変形させることができます。

ノードのサンプル

ノードタイプ別のサンプル