Houdini 19.0 Pythonスクリプト hou hou.webServer

hou.webServer.registerOpdefPath HOM function

指定した接頭辞をハンドラーとして使用してopdefリクエストを提供するようにHoudiniのWebサーバーに命令します。

registerOpdefPath("/opdef")

サーバーがprefixで始まるパスのリクエストを受信すると、それに呼応するopdefセクションデータでレスポンスを返します。

この関数は、URLハンドラーからコールするのではなくて、hou.webServer.run()をコールする前にコールしてください。

例えば、以下の処理をして:

hou.webServer.registerOpdefPath("/opdef")

…そして、クライアントが以下のサーバーパスを要求した場合:

/opdef/obj/geo?Help

…サーバーは自動的にgeoノードからHelpセクションを提供するようになります。

Note

URLハンドラーがopdefのパス接頭辞よりも固有なURL(もっと多くのパス部分にマッチするURL)を持っていた場合、サーバーはopdefルックアップの代わりにそのハンドラーを使用するようになります。

例えば、上記のようにopdefを登録したとしても、クライアントが/opdef/geo/foo.bgeoを要求して、且つ、/opdef/geoに動的ハンドラーがあった場合、サーバーは、そのopdefハンドラーを使用せずに、その動的ハンドラーを使用するようになります。

これは、動的に生成されるいくつかのopdefハンドラーと静的なopdefハンドラーを混在させる必要がある場合に役立ちます。 しかし、通常では、混乱を回避して、opdefリソースと動的リソースを別々に分けた方が良いです。 例えば、opdefセクションの要求にはデフォルトの/opdef接頭辞を使用した方が良いです。

See also

hou.webServer

クラス

開始と停止

Webリクエストの処理とレスポンス

APIコール

  • hou.webServer.apiFunction()

    HoudiniのWebサーバー上のAPIエンドポイントを介してコール可能な関数のデコレータで、JSONレスポンスまたはバイナリレスポンスを返します。

  • hou.webServer.APIError

    apiFunctionハンドラーでこの例外を引き起こしてエラーを示します。