Houdini 18.5 Pyro

煙オブジェクトのTemperature(温度)フィールドを可視化する方法

On this page

Temperatureフィールドの可視化で得られた情報を使って、Smoke SolverForces タブのパラメータをどのように修正するべきか検討することができます。

熱流体の可視化

  1. Smoke Containerを作成して、その中にを作成します。

  2. Volume Fluids シェルフタブのSource from Volumeツールを使って球から煙を放出するようにします。

  3. AutoDopNetworkのSmoke Objectで、 Guides タブの Visualization サブタブにある Temperature チェックボックスをオンにします。

    これによって、シミュレーションの温度に関する情報を色で表現するグリッドが作成されます。青いほど低い温度で、赤いほど高い温度を示します。これは炎や爆発のシミュレーションに役に立ちます。

寒流体の可視化

シミュレーションのいくつかのパラメータを変更することで、寒流体を可視化することもできます。

  1. Static Objectで、 Temperature1から-1に変更します。

  2. Smoke Objectで、 Guides タブの Temperature サブタブにある Guide Range パラメータを0、1から-1、0に変更します。

最初の例と同じように、青いほど低い温度で、赤いほど高い温度を示します。

Pyro

Sparse(疎)Pyro

レガシーPyro