Houdini 18.5 群衆シミュレーション

群衆用の地形を指定する

エージェントが歩く地形ジオメトリを指定する方法です。

On this page

概要

Crowdソルバにより、エージェントを地形ジオメトリにくっつけたり、地形上に足の配置を行なったりすることができます。 1つのジオメトリオブジェクトのみが地形としてCrowd Solverと一緒に使用できます。 エージェントが地形から離れると、エージェントはZX平面にスナップします。

Houdiniの群衆は現在のところ、複数レベルの地形に対応 していません 。 例えば、地下道のある地形や屋根のある構造では実行できません。 エージェントは常に最上部のサーフェス上を歩くように設定されています。

群衆シミュレーション用の地形の設定

  1. 使用したいジオメトリを選択します。

  2. Crowds シェルフタブで、Terrainツールをクリックします。

    これによりCrowd Solverノードが選択され、 Terrain サブタブの地形追従制御がオンになり、選択したジオメトリが設定されます。

    また、足の自動配置を調整したり、オフにできます。

足の順応

Crowd Solverは、エージェントのスケルトンを操作して、エージェントが平坦でないサーフェスを歩く時に、自動的にエージェントの足を適切な位置に配置します。

See also

群衆シミュレーション

はじめよう

  • 基本

    Houdiniにおける群衆シミュレーションの考え方の概要を説明します。

  • セットアップ

    群衆シミュレーションのセットアップと編集の方法

動くパーツ

  • エージェント

    群衆シミュレーションの要員である動く"アクター"であるエージェントについて説明します。

  • ステート

    各エージェントのアニメーションや仕草を制御する仮想的な"雰囲気"。

  • トリガー

    エージェントの状態を変更する条件を指定する方法です。

  • キャッシュ

    群衆シミュレーションの効率的なキャッシュ化と読み込みのTips。

挙動

外観

  • 多様性

    エージェントに異なる外観と行動を作成することで、より現実的な群衆を作成する方法。

  • 布の取り付け

    Vellum Clothをエージェントシェイプジオメトリの一部として追加/拘束すれば、エージェントの動きに基づいて布をシミュレーションすることができます。

地形

  • 足の着地

    エージェントのアニメーションを地形に適応させて滑りを回避するためのセットアップ方法。

  • 地形

    エージェントが歩く地形ジオメトリを指定する方法です。

  • 障害物

    エージェントが回避する障害物を設定する方法です。