Houdini 19.0 レンダリング

Render Regionツール

ビューア内を矩形ドラッグして自動的に、そのビューの部分のプレビューだけの更新をレンダリングすることができます。

On this page

概要

このツールは、3Dビューア内を矩形ドラッグすると、その部分が、小さいRender Viewのように動作します。これは、ビューの指定した矩形範囲のみをレンダリングし、変更があっても、その矩形範囲だけが更新されます。

How to

To...Do this

3Dビューの領域をレンダリングする

  1. ビューポートの左側にある Render Regionツールをクリックします。

  2. ビューア内を矩形ドラッグすると、その領域がレンダリングされます。

レンダリングした領域を削除する

削除する領域上にマウスカーソルを移動し、その右上コーナーの閉じるボタンをクリックします。

レンダリングする領域を移動またはサイズ変更する

  • その領域の上部にあるバーをドラッグすれば移動することができます。

  • その領域のコーナーのどれかをドラッグすればサイズ変更することができます。

  • その領域の右上コーナーの最大化ボタンをクリックすれば、3Dビュー全体をレンダリングします。

レンダープレビューの設定を編集する

ツールを選択すると、ビューアの上部にオペレーションコントロールツールバーが表示されます。これらのオプションは、Render Viewのオプションと同じです。

オペレーションコントロールツールバーのポップアップメニューを使えば、プレビューのレンダリングで使用するレンダーノードを選択することができます。

別の画像平面を可視化する

レンダーノードが追加画像平面をエクスポートする場合、その領域の上部のバーでクリックして、 Image Plane サブメニューから平面を選択します。

レンダリングされる背景をオフにする

その領域の上部のバーでクリックして、 Blend with Viewport を選択します。

これは、背景のレンダリングを無効にして、レンダリングされるオブジェクトを視覚的に他の3Dビューとブレンドされます。

レンダリング

Mantraユーザガイド

基本

ライティング

次のステップ

導師レベル

他のレンダラー