Houdini 18.5 シェルフツール Vellumタブ

Vellum Strut Softbody shelf tool

ジオメトリからVellum Strut Softbodyを設定して、それを現行Vellumシミュレーションに追加します。

On this page

このツールは、ジオメトリを選択すると、それをVellum Strut Softbodyとして設定することができます。 それがアクティブシミュレーションに追加され、他の既存のVellumオブジェクトとマージされます。

Vellum Strut Softbodyは、2つのタイプの拘束で構成されています。 布の外側シェルは、ジオメトリの外側形状を維持し、衝突を制御します。 ランダムなStruts(支柱)の集合体が向かい側の内部ポイント間で形成されて、ほぼ体積が維持された形状を生成します。 これは、ポイントと向かい側のポイントを楊枝で接続したようなものです。 これは、本当のFEM(有限要素法)による解法ではないので、異常な結果を招く可能性があります。

Vellum Strut Softbodyの使い方

  1. Vellum Strut Softbodyとして設定したいジオメトリオブジェクトを選択します。

  2. Vellum タブのVellum Strut Softbody ツールをクリックします。

Note

Vellum シェルフ上にSurface Colliderツールがあります。これは、Vellum Softbodyと衝突させるオブジェクトに使用することができます。 これは、実質的に Collisions タブのDeforming Objectシェルフツールと同じで、どちらも変形オブジェクト用に設計されています。 しかし、Surface Colliderは、処理が軽いVDBコリジョンオブジェクトの生成を試みません。

特定のパラメータの詳細は、Vellum ConstraintsVellum Solverのヘルプを参照してください。

Vellum Strut Softbodyの扱い方

デフォルトでは、ソフトボディがもっとグニャグニャになるようにVellum Constraintsノードの Stretch Stiffness が非常に低い値に設定されています。あまりグニャグニャさせたくないのであれば、この値を上げます。

Note

あまりにも硬くさせてしまうと、内部のStruts(支柱)が原因で不具合が発生してしまいます。

Strut Search セクションには、そのStruts(支柱)の生成方法を制御するためのパラメータがいくつかあります。 通常では、デフォルト値で十分ですが、それらのパラメータを変更することで、ソフトボディをカスタマイズすることができます。 例えば、 Invert Normals を有効にすれば、オブジェクトの法線を反転させることができます。 これは、ジオメトリの法線が反転している場合に、オブジェクトの外側ではなく、内側に適切に支柱を作成するのに役立ちます。

Vellumタブ