Houdini 18.5 シェルフツール Crowdsタブ

Configure Joints shelf tool

エージェントのジョイントの回転制限を設定します。

Configure Jointsの使い方

  1. Crowds タブのConfigure Jointsツールをクリックします。

  2. 回転制限を設定するエージェントプリミティブを選択し、Enterを押して選択を確定します。

  3. ジョイントマーカーを左クリックして、ジョイントの回転制限を設定します。円錐ハンドルを使用して回転範囲を調整し、円錐方位ハンドル( O )を使用して、円錐の全体的な配置を調整します。必要であれば、子方位ハンドル( Shift+O )を使用して、子トランスフォームに対するツイスト軸の配置を調整します。Deleteを押して、選択したジョイントの設定を削除します。

  4. ディスプレイフラグをTest Simulation: Ragdollノードへ移動させ、 playをクリックし、ラグドールの挙動での回転制限の効果を確認します。

See also

Crowdsタブ

サンプル

  • Stadium Crowds Example

    群衆ツールを使って、スタジアムでのシーンのサンプルを作成します。

  • Street Crowds Example

    群衆ツールを使って、ストリートのシーンのサンプルを作成します。

  • Formation Crowds Example

    群衆ツールを使って編隊シーンのサンプルを作成します。

  • Fuzzy Obstacles Example

    ファジィ論理を使用して、障害回避とパスの追従を行なうサンプルを作成します。

  • Fuzzy Transition Example

    ファジィ論理を使用して、ステートの移行を行なうサンプルを作成します。

  • Ragdoll Run Example

    群衆シミュレーションでラグドールを使用したサンプルを作成します。