Houdini 19.0 シェルフツール

RBD Fractured Object shelf tool

SOPジオメトリのプリミティブグループから個々にRBDオブジェクトを作成します。

On this page

概要

RBD Fractured Objectツールは、ダイナミックオペレーションシミュレーション内に複数のRBD Objectを作成します。 指定したサーフェスオペレータのパスからジオメトリを取得して、グループマスクに基づいて、そのジオメトリを分解します。 このツールは、オブジェクトの破壊シミュレーションで役に立ちます。

Note

このツールは、ユーザ定義の破壊との併用に向いています。そのため、このツールだけでは思うようにサーフェスが分解されないでしょう。 このツールは、定義した破片からRBDオブジェクトを作成します。

RBD Fractured Objectの使い方

  1. RBD Fractured Objectに変換するジオメトリを選択します。

  2. 破壊される破片を定義します。例えば、Shatterツールを使用します。

  3. オブジェクトを選択して、 Rigid Bodies タブのRBD Fractured Objectツールをクリックします。

  4. RBD Packed ObjectまたはRBD Fractured Objectのどちらかを選択します。

    RBDパックオブジェクトは、高速でメモリをあまり使わず、ディスクへの書き出しが小さく済むので、巨大なシミュレーションで役に立ちます。これらのオブジェクトは、抵抗などのPOP Forceから影響を受けることができます。パックオブジェクトは、布や流体などの他のソルバと作用することができません。これらのオブジェクトは、Glue Adjacentシェルフツールで作成されるようなConstraint Networkでのみ動作します。

NOTE: ジオメトリをRBD Fractured Objectに変換してしまうと、最初のフレームの時のみ、そのオブジェクトを移動、回転、スケールすることができます。

パラメータの詳細は、RBD Packed ObjectまたはRBD Fractured Objectノードのヘルプを参照してください。

ダイナミクスレベルへの切り替え

  1. セレクターとハンドルのコントロールツールバーDynamics Select Modeボタンをクリックします。

  2. シーンビューでRBD Fractured Objectをクリックします。

このサンプルファイルを参照してください。

See also

シェルフツール

シェルフの使い方

テクニカル