Houdini 18.5 デジタルアセット

デジタルアセットのインストールと管理

On this page

アセットライブラリ

デジタルアセット定義は、拡張子が.hdaのデジタルアセットライブラリファイルに保存されます。 (古いバージョンのHoudiniでは.otlの拡張子でライブラリを保存していました。) Houdiniは、HOUDINIPATH/otlsで見つかったライブラリファイルからアセットを読み込み、Houdiniに含まれている"ファクトリー"ノードと一緒にユーザに利用できるようにします。

  • 大きなスタジオでは、中心的な役割を持つネットワークディレクトリにスタジオ全体で使用するアセットを格納し、すべてのアーティストの$HOUDINI_PATHにそのディレクトリを持つようにします。

  • $JOB/hdaにはプロジェクト固有のアセットを格納することができます。$JOBをセットアップする方法は、プロジェクト管理を参照してください。

  • あなたのユーザアカウントのHoudini環境のhdaディレクトリには、あなた個人のアセットを格納することができます。これは、新しくアセットを作成した時のデフォルトの場所です。

To...Do this

ライブラリファイル内のアセットを手動でインストールする

File ▸ Import ▸ Houdini Digital Asset を選択します。

アセットライブラリを手動でアンインストールする

  1. Windows ▸ Asset Manager を選択します。

  2. ライブラリ名を右クリックして、 Uninstall を選択します。

Note

他のアセットを含んだアセットを使用している場合(例えば、スケルトンセットアップアセットを含んだキャラクタアセット)、 "トップの"アセットだけでなく、 すべての アセットのライブラリファイルがインストールされているか確認する必要があります。 ネスト化されているアセットがインストールされていなかった場合は、そのトップレベルのノードがエラーになります。

その見つからなかったノードを含んだライブラリをインストールすれば、そのトップレベルのアセットは、自動的に動作し始めます(Houdiniを再起動する必要がありません)。

アセットの管理

To...Do this

アセットの元であるファイルを検索する

ネットワークエディタでアセットのインスタンスをクリックしたままにします。そのノードに関する情報のウィンドウが表示され、そのアセットを定義しているファイルの場所が表示されます。

または
  1. Windows ▸ Asset Manager を選択します。

  2. ツリーからアセットを探します。それを右クリックして、 Jump to Current Definition を選択します。

既存アセットのコピーを作成する

  1. Windows ▸ Asset Manager を選択します。

  2. ツリーから、コピーしたいアセットを探します。それを右クリックして、 Copy を選択します。

  3. 新しいアセットの保存先となるライブラリファルを選択し、 Accept をクリックします。

複数の利用可能なソースからアセットを選択する

  1. Windows ▸ Asset Manager を選択します。

  2. ツリーから、使用したいアセットを探します。それを右クリックして、 Use This Definition を選択します。

コンテキストメニューから Jump to Current DefinitionJump to Next Definition を選択して、ツリーからアセットの利用可能なソースすべてを探すことができます。

ライブラリファイルからアセットを削除する

  1. Windows ▸ Asset Manager を選択します。

  2. ツリーから、削除したいアセットを探します。⌦ Delを押すか、それを右クリックして Delete を選択します。

デジタルアセット

はじめよう

  • デジタルアセットの紹介

    Houdiniでは、デジタルアセットと呼ばれる再利用可能なカスタムノードに作業を変更することができます。

アセットの作成

次のステップ