Houdini 19.0 PDG/TOPsを使ってタスクを実行する方法

pdgutils package

The classes and functions in the Python pdgutils package are intended for use both in PDG nodes and scripts as well as out-of-process job scripts.

API

files

  • pdgutils.FileReader

    A FileReader can be used like a normal python file like object to read files using the Houdini File System. In addition to generic stream file access, this class also supports an extensible mechanism for reading and writing data through a file helper plugin architecture.

PDG/TOPsを使ってタスクを実行する方法

基本

初心者向けチュートリアル

次のステップ

リファレンス

  • すべてのTOPsノード

    TOPノードは、データをネットワークに送り込んでワークアイテムに変換し、色々なノードでそれを制御するワークフローを定義します。たいていのノードは、ローカルマシンまたはサーバーファーム上で実行可能な外部プロセスを表現しています。

  • プロセッサ系ノードコールバック

    プロセッサ系ノードはスケジューラで実行可能なワークアイテムを生成します。

  • パーティショナー系ノードコールバック

    パーティショナー系ノードは複数の上流ワークアイテムを単一パーティションにグループ化します。

  • スケジューラ系ノードコールバック

    スケジューラ系ノードはワークアイテムを実行します。

  • 独自のファイルタグとハンドラー

    PDGはファイルタグを使用して出力ファイルのタイプを決めます。

  • Python API

    ディペンデンシーグラフを扱うためのPython PDGパッケージのクラスと関数。

  • Job API

    ジョブスクリプトで使用するPython API

  • ユーティリティAPI

    The classes and functions in the Python pdgutils package are intended for use both in PDG nodes and scripts as well as out-of-process job scripts.