Houdini 18.5 マテリアル

テクスチャの取り扱い方

テクスチャを使ってマテリアルのルックを変更する方法。

On this page

概要

テクスチャは、シェーディングサーフェスのシェーダパラメータを変化させるために使用することができる画像マップです。 例えば、岩の表面の写真を撮ってから、その画像をマテリアルのColorパラメータにテクスチャとして使用することで、シェーディング時にその岩の画像からカラーが取得され、 3Dオブジェクトに岩のテクスチャを貼ることができます。

通常では、テクスチャを使用するには、まず最初に、UV座標を割り当てる必要があります。

UV

UV座標は、ポリゴンサーフェス上の位置をテクスチャマップのそれに相当する位置にマッピングします。 Houdiniでは、UV座標をuvアトリビュートに記録します。 例えば、ポリゴンメッシュのポイントに(0.5, 0.5)uvアトリビュートがあれば、そのポイントはテクスチャマップの中心の位置に相当します(座標の範囲は0 - 1です)。

シェーダでテクスチャを使用する方法

マテリアル

マテリアルの使い方

テクスチャとUV

マテリアルの作成

導師レベル

他のレンダラー