Houdini 18.5 リファレンス ペイン

アニメーションエディタ

On this page

アニメーションエディタにより、アニメーションするパラメータや、Houdiniのキーフレーム間の補間方法を確認したり編集することができます。 グラフエディタビューを使用して(時間の経過にともなってパラメータ値の変化をグラフで表示)、パラメータテーブルビュー(各キーフレームでのパラメータ値をテーブルで表示)、 またはドープシートビューを使用してアニメーションを編集することができます。 これらのビューは、ペインの左上にあるポップアップメニューを使用して切り替えます。

Tips

  • アニメーションエディタのチャンネルグループ上でクリックして、 Motion Effects > Create Clip を選択することで、単一のChannel CHOPが作成されて、そのグループのすべてのチャンネルをそこに入れることができます。 もしくは、プレイバー上に、チャンネルリストの複数のチャンネルがある場合は、そのプレイバーを右クリックすれば同じことを実行することができます。

  • 特定のノードのチャンネルグループを作成するには、Network Viewのノード上をクリックして、 Create Nested Channel Groups を選択します。

  • アニメーションエディタには、チャンネルリストを含んだサブペインを設定することができます。 既にチャンネルリストのペインが開いている場合には、分割線を左にドラッグすると、アニメーションエディタのチャンネルリストのサブペインが非表示になります。

共通のツールバーコントロール

ペインをグラフビューに切り替えます。

ペインをテーブルビューに切り替えます。

ペインをドープシートビューに切り替えます。

Channelドロップダウンメニュー

すべてのチャンネルを1つのグラフで見るか、各チャンネルを個々のグラフで別々に見るかどうかを選択することができます。

Graphドロップダウンメニュー

このメニューは、チャンネルドロップダウンメニューで Graph Per Channel を選択した場合に有効です。ペイン内で見たいグラフの数を選択することができます。

グラフをパンしたりズームすることで、すべてのチャンネルをホームにし、現在のグラフ、またはすべてのグラフ内ですべてのキーが表示されます。

グラフのパンやズームで横方向のすべての値を見えるようにします。

グラフのパンやズームで縦方向のすべての値を見えるようにします。

Start Frame/End Frame

シーケンスの開始フレームと終了フレームを表示します。

前のキーフレームへジャンプします。

次のキーフレームへジャンプします。

ヘルプブラウザを起動します。

Functionツールバー

Houdiniのすべてのチャンネルはデフォルトでベジェ曲線です。 Functionツールバーのボタンを押しても曲線のタイプは変わりません。 例えば、以前のバージョンではラインボタンをクリックすることで、直線にする数学的な方程式がチャンネルに設定されました。 現在では、ラインボタンをクリックすると、曲線はベジェのままで変わらず、ハンドルが整列します。

Note

Function ポップアップメニューから別の曲線を選択することで曲線のタイプを変更することができます。

フレーム範囲のスライダ

グラフの下のタイムラインスライダは、グラフに表示されているフレーム範囲を制御します。 左端をドラッグして、グラフに表示されている最初のフレームを変更します。 右端をドラッグして、グラフに表示されている最後のフレームを変更します。 中間をドラッグして、タイムラインに沿って範囲を動かします。

また、スライダのどちらかの端のテキストボックスに開始および終了フレーム番号を直接タイプすることもできます。

詳しくは、プレイバーのヘルプを参照してください。

ペイン

一般

アニメーション

レンダリング

上級

その他