Houdini 19.0 アニメーション

アニメーションの基本

On this page

こんにちは皆さん

キーフレームの設定の方法

オブジェクトレベルで、オブジェクトとキャラクタを選択してトランスフォームでキーフレーム用に向きと位置を決めます。

オブジェクトを選択すると、よくアニメーションさせるパラメータがチャンネルリストに追加されます。 他のパラメータを追加したり、チャンネルリストに自動的に追加されるパラメータを変更するには、チャンネルリストの扱い方を参照してください。

To...Do this

チャンネルリスト内のパラメータにキーフレームを設定する

プレイバー上の Key ボタンを押す、Kを押す、または Edit ▸ Set Keyframe を選択します。

現行のオペレータのアクティブハンドルのパラメータすべてをキーフレームに設定する

⌃ Ctrl + K

ハンドル上でクリックして、 Keyframes ▸ Set Keyframe を選択します。

選択したオブジェクトの位置をキーフレームに設定する

⇧ Shift + T

選択したオブジェクトの回転をキーフレームに設定する

⇧ Shift + R

選択したオブジェクトのスケールをキーフレームに設定する

⇧ Shift + E

すべてをキーフレームに設定する

⌃ Ctrl + Aを押して、すべてを選択し、Kを押します。

特定のパラメータをキーフレームに設定できないようにする

パラメータエディタのパラメータ上でクリックして、 Lock Parameter を選択します。

パラメータを変更すると自動的にキーフレームを作成する(自動キー)

プレイバーのキーフレームボタンの右側にある下矢印メニューを使って、プレイバー上で自動キーを有効にします。 自動キーが有効になると、キーフレームボタンのルックが変わります。 詳細は、自動キーを参照してください。

キーフレームとチャンネルの編集の方法を参照してください。

Tip

アニメーションプリファレンス( Edit ▸ Preferences ▸ Animation )で新しいキーフレームのデフォルトカーブ関数を設定することができます。

パラメータエディタでキーフレームを設定・管理する方法

To...Do this

パラメータをキーフレームに設定する

  • パラメータ上でクリックして、 Keyframes ▸ Set Keyframe を選択します。

  • ショートカットとして、Alt + でパラメータをクリックすると、キーフレームを設定することができます。

キーフレームを削除する

  1. プレイバーをパラメータのキーフレームに移動します。

  2. パラメータ上でクリックして、 Keyframes ▸ Remove Keyframe を選択します。ショートカットとして、⌃ Ctrl + でパラメータをクリックすれば、キーフレームを削除することができます。

チャンネルリスト内のすべてのパラメータからキーフレームを削除する

  1. プレイバーをパラメータのキーフレームに移動します。

  2. マウスカーソルをプレイバー上に置いてDeleteを押します。

プレイバーをパラメータの次/前のキーフレームに動かす

  • パラメータ上でクリックして、 Keyframes ▸ Step to Previous Key または Keyframes ▸ Step to Next Key を選択します。

Tip

複数の成分を持つパラメータ(例えば、X,Y,Zのポジションパラメータ)では、個々の成分のテキストボックスをクリック、または同時にコンポーネントすべてに値を設定したいのであればパラメータのラベルをクリックします。

キーフレームとパラメータのカラーコーディング

Houdiniは、パラメータエディタのパラメータ編集フィールドの背景とプレイバータイムラインのキーフレームのマークを現在のキーフレームの状態に応じてカラーを設定します。プレイバーのキーフレームボタンは、同じカラーコードを使って、現行フレームにおけるすべてのキーの状態をわかりやすく示します。

“Pending changes”は、1つ以上のパラメータを変更して、前のキーフレームの値とは異っているものの、まだキーフレームに設定して変更を保存していないことを意味しています。

タイムラインは、チャンネルリスト内のパラメータのキーマーカーのみを表示します。 Global Set Key アニメーションプリファレンスは、タイムライン上ですべてのチャンネルを表示するのか、選択したチャンネルのみを表示するのかを制御します。

背景

タイムラインマーク

状態

Green

Green

Keyed

このコンポーネントはアニメーションして、あなたはキーフレーム上にいます。

Bright green

Partial key

1つ以上のチャンネルがこのフレームでキー設定されていますが、すべてが設定されていません。

Yellow

Orange

Pending changes

キーフレーム上でこのコンポーネントを変更しても、まだ変更が確定されていません。

Houdiniでは、キーフレーム上の変更を自動的に確定するように設定することができます。

Light blue

'Tween

このコンポーネントは、アニメーション(キーフレームまたはエクスプレッション)しますが、あなたはキーフレーム上にいません。

(パラメータの名前をクリックすると、現在の値とエクスプレッションの表示を切り替えることができます。)

Steel blue

Disabled key

このコンポーネントは、アニメーション(キーフレームまたはエクスプレッション)しますが、チャンネルがドープシートで無効になっています。

パスカーブに沿ってオブジェクトをアニメーションさせる方法

Constraints シェルフタブのFollow Pathツールを使います。

キーフレームパラメータのアニメーションカーブを見る

アニメーション

はじめよう

次のステップ

導師レベル

  • HoudiniとMaya間でアニメーションキーの値を変換する

    Houdiniでは秒ベースのslope(勾配)とacceleration(加速度)を使ってキー接線が記録されているのに対して、Mayaではフレームベースのangleとweightが使用されています。このページでは、HoudiniとMaya間でアニメーションキーを変換する方法について説明しています。