Houdini 18.5 ジオメトリ

アピアランスエディタ

Data Treeペインのアピアランスエディタは、オブジェクトのビューポート/レンダーでの外観に関する色々なコントロールを1つのペイン内で編集することができます。

On this page

アピアランススプレッドシート内でコントロールを編集すると、そのスプレッドシートに該当するオブジェクトのコントロールが修正されます(または、パックジオメトリの場合、適切なアトリビュートを設定することでPacked Editノードが修正されます)。

How to

To...Do this

アピアランスエディタペインを作成する

  1. ペインの上側にある Newタブアイコンをクリックします。

  2. New Pane Tab Type ▸ Data Tree を選択します。

  3. 左上にあるポップアップメニューから"Object Appearance"を選択します。

知っておくべき事

  • Alembicジオメトリ(またはパックジオメトリ)をインポートする時、Packed Edit SOPをジオメトリネットワークに追加しなければなりません。

    これは、通常の編集可能ジオメトリとは違い、パックジオメトリの表示は、ジオメトリの アトリビュート で制御されるからです。このアトリビュートは、Packed Editノードで変更することができます。アピアランスエディタは、ノードがアトリビュートをどのように設定するのか修正することで動作します。

  • ジオメトリレベル でオブジェクトのジオメトリを編集する時は、たとえData Treeがオブジェクトレベルでオブジェクトを"hidden"に設定していても、フルジオメトリが常に表示されます。詳細は、オブジェクトとジオメトリのレベルを参照してください。

  • "Display"チェックボックスは、オブジェクトのディスプレイフラグを制御します。オブジェクトノードのディスプレイフラグは、ディスプレイ レンダリングに影響を与えます。

  • "Display Type"の項目は、オブジェクトの Display As パラメータ( Render タブ)を変更します。これは、レンダリングではなくディスプレイにのみ影響を与えます。

  • "Material"の項目は、オブジェクトの Material パラメータ( Material タブ)を変更します。

ツールバー

ポップアップメニュー

左上にあるポップアップメニューは、Data Treeペインに表示するユーザインターフェースを設定します。

Filter

パターン (部分文字列 ではなく )をタイプします。例えば、sphere*とタイプしてEnterを押します。このパターンに一致する名前のみがスプレッドシートに表示されます。

Follow Selection

エディタ内のクリックでジオメトリを選択したくないのであれば、オフにします。

Pathアトリビュート

pathアトリビュートをプリミティブに追加すれば、データツリー階層の場所を指定することができます。これは、スラッシュ(/)で区切った文字列です。例えば、pathアトリビュートがobj/foo/barobj/foo/bazの2つのプリミティブは、以下の階層を作成します。

obj
   foo
      bar
      baz

Alembicファイルからインポートしたジオメトリは、このアトリビュートをAlembicファイルの内部オブジェクト階層に合うように自動的に設定します。

ジオメトリ

学ぼう

モデリング

地形

粉砕

破壊を参照してください。

次のステップ

導師レベル