Houdini 18.5 ジオメトリ

Nullオブジェクトの作成、編集、使用

Nullオブジェクトは、基本的にトランスフォームをするオブジェクトノードで、レンダリングされません。

Nullオブジェクトは、キーフレームアニメーションキャラクタリグで役に立ちます。オブジェクトをNullの子に親子化することで、オブジェクトを直接触らなくてもNullを使ってトランスフォームすることができます。

デフォルトのNullは、ビューアでは小さい緑の十字線で表示されますが、任意のジオメトリに変更することができます。これは、キャラクタリグにおいて、Nullがどのようなことをするのかを形状として示すことができるので便利です。

To...Do this

Nullオブジェクトを作成する

Nullの表示を変更する

  • Nullオブジェクトを選択します。パラメータエディタで、 Misc タブをクリックして、 Control Type パラメータを設定します。

または

  • ネットワークエディタのNullオブジェクトをダブルクリックして中に入ります。Nullオブジェクトには、通常のジオメトリコンテナオブジェクトのようにサーフェスノードを含むことができます。Nullオブジェクトの中にサーフェスノードを定義すれば、ビューアのNullオブジェクトの見た目も変更されます。

    Tip

    Fontサーフェスノードを使うと、Nullのジオメトリにテキストを表示することができます。このノードを使って、例えば、キャラクタのルートのNullにキャラクタの名前を表示することができます。

ビューアのNullのカラーを変更する

  • Nullオブジェクトのパラメータエディタでは、 Misc タブをクリックして、 Set Wireframe Color をオンにすると Wireframe Color パラメータを編集することができます。

Nullジオメトリを常にワイヤーフレームで表示する

Nullのジオメトリを変更するとき、シェーディングモードでもNullをワイヤーフレーム表示のままにしたいことは、よくあります。Nullを開いたカーブ/サーフェスにすることでNullがシェーディングがされるのを防ぐことができます。

カーブ(プリミティブサークルを除く)を開いた状態にするには、Endsサーフェスノードを追加して、 Close U パラメータを"Unroll"に設定します。

(また、最初からサークルの Arc Type パラメータを"Open Arc"に設定することでも開いた状態にできます)

サーフェスを開いた状態にするには、Carveサーフェスノードを追加して、Carveノードのパラメータエディタで以下の設定をします:

  • First U をオンにして0に設定します。

  • Second U をオンにして1に設定します。

  • First V をオンにして0に設定します。

  • Second V をオンにして1に設定します。

  • Breakpoints をクリックします。

  • Extract をクリックします。

これは入力サーフェスからブレークポイントカーブを抽出します。そして、Endsノードを使って、上記の"Unroll"の設定をします。

ジオメトリ

学ぼう

モデリング

地形

粉砕

破壊を参照してください。

次のステップ

導師レベル