Houdini 18.5 ジオメトリ

ジオメトリの作成

On this page

ジオメトリの作成

シェルフCreateタブには、色々なサーフェスノードを含んだジオメトリコンテナオブジェクトを新しく作成するツールがあります。詳細は、オブジェクトの章を参照してください。

Box (立方体)
Sphere
Tube (円柱)
Torus
Grid
Curve
Circle
Platonic Solids
Metaballs
L-system。詳細は、L-systemノードのヘルプを参照してください。

サーフェスノードを 新しいオブジェクトvs.現行オブジェクト内 に作成

"Create at Object level"/"Create in Context"は、Houdiniがどの場所に新しいジオメトリを作成するのか選択します(つまり、球などのジオメトリを作成する新しい ジェネレータノード どのジオメトリコンテナオブジェクトに配置するのか)。

オペレーションツールバーのアイコンをクリックして、次のオプションを選択します:

Create at Object Level

シェルフからジオメトリ作成ツールを使う度に、Houdiniはジオメトリコンテナオブジェクトを新しく作成します。

これがデフォルトです。

Create in Context

ジオメトリコンテナが選択されている状態で、シェルフからジオメトリ作成ツールを使うと、Houdiniはそのコンテナの中に新しいジオメトリノードを配置します。

これは、ジオメトリレベルでインタラクティブにジェネレータを追加します。

コンストラクションオブジェクトを保持

オペレーションツールバーのアイコンには、 Keep Original Objects オプションがあります。

  • このオプションを オフ にして、LoftBooleanのようなツールを使うと、"入力"オブジェクトが削除されます(Loftの場合はプロファイル曲線が、Booleanの場合は合成する形状が削除されます)。

  • このオプションを オン にすると、入力オブジェクトがシーンに保持されます。

  • ⌃ Ctrlキーを押しながらモデリングツールをクリックすると、 一時的にこのオプションをオン にすることができます。

参照

ジオメトリ

学ぼう

モデリング

地形

粉砕

破壊を参照してください。

次のステップ

導師レベル