Houdini 18.5 ネットワークとパラメータ

ノードとパラメータのパス

ノードとパラメータには、それぞれ参照に使うことができる固有の パス名 があります。

Houdiniのデータの構成は、UNIXファイルシステムと非常に似ています。

UNIXファイルシステムと同じように、現在のコンテキストから相対的な位置でノードとパラメータを参照するのに、.(現在位置)と..(1レベル上の階層)を使うことができます。例えば、/obj/geo1/sphere1にある球ノードで、../sphere2/radiusyを指定すると、同じレベルにある他の球ノードのradiusyパラメータを参照することができます。

サンプル

/obj/geo1/sphere1/tx

geo1内のsphere1のTranslate Xパラメータ。

/comp/comp1/color3/colorr

COPネットワークcomp1内のcolor3カラーCOPの赤色コンポーネント。

ネットワークとパラメータ

ネットワーク

パラメータの編集

次のステップ

エクスプレッション

導師レベル

リファレンス