Houdini 18.5 ネットワークとパラメータ

ネットワークエディタ メニュー

ネットワークエディタメニュー内のすべてのメニュー項目について説明しています。

On this page

Add

Node

現行ネットワークに新しいノードを追加することができるノードタイプメニューが開きます。

File Node

ファイルを選択するファイルブラウザが開き、そのファイルをインポートするためのFileノードが作成されます。

Network Box

現行ネットワークにネットワークボックスを追加します。 選択されているノードが自動的にこのネットワークボックスに追加されます。 ネットワークボックスを使用することで、視覚的にノードをグループ化してまとめて移動させることができます。

Sticky Note

現行ネットワークにステッキーノートを追加します。 ステッキーノートを使用することで、ノードやネットワークの一部に注釈を付けることができます。

Background Image

現行ネットワークに背景画像を追加します。 画像を使用することで、ノードやネットワークの一部に注釈を付けることができます。

Node Bundle

選択したノードから新しいノードバンドルを作成します。

Node Group

選択したノードから新しいノードグループを作成します。

Edit

Select All

現行ネットワーク内のすべてのアイテムを選択します。

Cut

選択したアイテムをクリップボードにコピーして、ネットワークから削除します。

Copy

選択したアイテムをクリップボードにコピーします。

Paste

クリップボード上のアイテムを現行ネットワークにペーストします。

Delete

選択したアイテムを削除しますが、空っぽでないネットワークボックスは削除しません。

Delete with Network Box Contexts

選択したアイテム(空っぽでないネットワークボックスを含む)を削除します。

Find Node

色々な基準に合致したノードを検索することができるウィンドウを開きます。

Next Matching Node

Findダイアログで合致したリストから次のノードを選択します。

Previous Matching Node

Findダイアログで合致したリストから前のノードを選択します。

Rename Selected Nodes

選択したノードの名前の接頭辞や接尾辞を変更することができるウィンドウを開きます。

Disconnect Inputs

選択したノードの入力の接続を解除します。

Disconnect Outputs

選択したノードの出力の接続を解除します。

Disconnect Inputs and Outputs

選択したノードの入力/出力の接続を解除します。

Reconnect Around Selected

選択したノードをワイヤーから外し、そのノードの入力と出力をお互いに接続し直します。 これは、ノードを振る事と同じです。

Rotate Input Connections

複数入力を持つノード(例えば、Mergeノード)に対して、その入力ワイヤーの順番をシャッフルします。入力の順番を正確に設定するには、ノードのパラメータ内の入力テーブルを使用します。

Scope Channels

選択したノードのアニメーションパラメータをスコープします。

Delete Channels

選択したノードのキーフレームアニメーションを削除します。

Collapse Selected into Sub-Network

選択したノードを新しく作成されるサブネットワークノードの中に移します。

Collapse Selected into Material

マテリアルネットワークで、選択した"緩い"VOPsを新しく作成されるMaterial Builder VOPの中に移します。

Unhide All

非表示にしていたノードをすべて表示します。 ネットワークブランチを折り畳んだり、"hide"フラグを有効にすることで、ノードを非表示にすることができます。

Go

Objects

シーンレベル(/obj)に移動します。

Materials

デフォルトのマテリアルネットワーク(/mat)に移動します。

CHOPs

デフォルトのCHOPネットワーク(/ch)に移動します。

COPs

デフォルトのコンポジットネットワーク(/img)に移動します。

Render nodes

デフォルトのレンダーノードネットワーク(/out)に移動します。

Up to Parent Network

現行ネットワークの親に移動します。

Go Into Selected Network

選択したノードの中のネットワーク(例えば、Geometryノード内のジオメトリネットワーク)に移動します。

Move Current Node Up

選択を上流に移します。

Move Current Node Down

選択を下流に移します。

Move Current Node Left

選択を同じ上流ノードに接続されている左側のノードに移します。

Move Current Node Right

選択を同じ上流ノードに接続されている右側のノードに移します。

Set Quickmark

このメニュー内の項目は、現行ネットワークを数字キーに割り当てることができます。 そのキーを押すと、ネットワークがその位置にジャンプするようになります。

これは、いくつかの異なるネットワーク(例えば、ソースジオメトリネットワーク、ダイナミクスネットワーク、レンダーネットワーク)間を即座に行き来する時に非常に役立ちます。

Jump to Quickmark

このメニュー内の項目は、クィックマークに割り当てられているネットワークロケーションにジャンプすることができます。

Last View

前に閲覧したネットワークロケーションにジャンプします。 このキーを押すと、最後の2つのロケーション間を繰り返して行き来します。

View

Zoom In

ネットワークエディタのズーム率を上げて、ノードを大きく表示します。

Zoom Out

ネットワークエディタのズーム率を下げて、ノードを小さく表示します。

Zoom to Show Selected

選択したノードが表示されるようにネットワークビューをパンしてズームします。

Show Node Type

(ノード名からノードタイプが明白でないノードに対して)ノード名の上にノードタイプを表示します。

Show Custom Node Shapes

カスタムノードシェイプを表示します。これを無効にすると、すべてのノードがデフォルトの矩形シェイプを使用します。

Show Node Previews

ノードプレビューに対応したネットワーク(例えば、コンポジットネットワーク)内でのノードプレビューのグローバルの表示/非表示を切り替えます。 これは、個々のノードのプレビューの表示/非表示を上書きします。

Show Task Graph

TOPノードのタスクグラフビューの表示/非表示を切り替えます。

Task Graph Display Options

タスクグラフネットワークエディタビューの外観をカスタマイズするためのTask Graph Display Optionsウィンドウを開きます。

Dependency Links

Dependency Linksは、ノード間のチャンネル参照を可視化することができます。詳細は、ディペンデンシーを参照してください。

Dependencies: Hide

Dependency Linksを表示しません。

Dependencies: Show for Selected Nodes

選択したノードのDependency Linksのみを表示します。

Dependencies: Show for All Nodes

すべてのノードのDependency Linksを表示します。

Show Dependency Links for Child Nodes

ネットワークを中に持つノードに対して、それらの子ノードのDependency Linksも表示します。

Change Network Wiring Style

ノード間のワイヤーの描画に利用可能なスタイルを切り替えます。

Show Performance Data

Performance Monitorのデータをネットワーク内で可視化します。

Performance Data to Show

このサブメニューでは、 Show Performance Data が有効な時に可視化するPerformance Monitorのデータを選択することができます。

Show Help Messages

ネットワークビューの下部に現行モードやできる内容を説明したメッセージを表示します。

Display Options

ネットワークエディタビューをカスタマイズすることができるDisplay Optionsウィンドウを開きます。

Tools

List Mode

ネットワークエディタ内のノードの表示をグラフまたはリストに切り替えます。

Show Parameter Dialog

ネットワークビューのコーナーにフローティングのパラメータエディタを表示します。

Show Parameter Dialog When Maximized

ネットワークペインを最大化してメインウィンドウを占有した時、ネットワークビューのコーナーにフローティングのパラメータエディタを表示します。

Show Node Tree

ネットワークビューの左側に、ノードの内外に基づいた階層として、シーン内のすべてのノードをリストにしたサブペインを表示します。

Show Groups

ネットワークビューの上側に、ノードグループをリスト表示したサブペインを表示します。

Show Tool Palette

ネットワークビューの左側に、利用可能なノードタイプすべてをリスト表示したサブペインを持続⇥ Tabメニューのように表示します。

Show Overview

ネットワークオーバービューは、ネットワーク全体のサムネイルビューを表示します。このオーバービューをクリックしてドラッグすることで、ビューウィンドウを動かすことができます。

Overview: When Needed

ネットワーク全体がビュー内に収まらない時にネットワークエディタにオーバービューを表示します。

Overview: Always

ネットワークエディタに常にオーバービューを表示します。

Overview: Never

ネットワークエディタにオーバービューを表示しません。

Show Grid

Display Optionsでグリッド間隔を変更することができます。

Grid: No Grid

ネットワークエディタにグリッドを表示しません。

Grid: Grid Points

ネットワークエディタにグリッドの交点のみを描画します。

Grid: Grid Lines

ネットワークエディタにグリッド線を描画します。

Snap to Grid

ネットワークエディタでのグリッドスナッピングを有効にします。

Show Palette

カラーとシェイプのパレットは、独自のカラーとシェイプをノードに割り当てて、それらのノードをネットワーク内で区別しやすくすることができます。

Palette: None

ネットワークエディタ内にどのパレットも表示しません。

Palette: Colors

ネットワークエディタ内にカラーパレットを表示します。

Palette: Shapes

ネットワークエディタ内にシェイプパレットを表示します。

Edit Background Images

ネットワークエディタで背景画像の移動、サイズ変更、リンク、削除ができるモードにします。

Snap to Visible Nodes

他のノードに整列するようにノードを自動的にスナップさせて配置または移動させます。

Allow Dropping Nodes on Wires

ノードをワイヤー上にドロップすると、既存のワイヤーをそのノードの入力に、そのノードの出力を元のワイヤーに自動的に接続します。 8 キーを押したままにすることで、この設定を一時的に切り替えることができます。

Make Room for New Nodes

新しいノードをドロップした時、他のノードが自動的にそこからずれて位置を確保します。

Layout

Lay Out All

すべてのノードが整列して均等になるように自動的に再配置します。

これは、完全に既存レイアウトを変更してしまいます。 代わりに、局所的に変更したいのであれば、以下の整列ツールを使用します。

Lay Out Selected

選択したノードが整列して均等になるように自動的に再配置します。

Layout Nodes Up

選択したノードの入力がこのノードより上になるようにレイアウトします。これは、Aを押しながらノードを上にドラッグする事と同じです(整列キーを参照)。

Layout Nodes Down

選択したノードの出力がこのノードより下になるようにレイアウトします。これは、Aを押しながらノードを下にドラッグする事と同じです(整列キーを参照)。

Layout Nodes Left

選択したノードの入力がこのノードより左になるようにレイアウトします。これは、Aを押しながらノードを左にドラッグする事と同じです(整列キーを参照)。

Layout Nodes Right

選択したノードの出力がこのノードより右になるようにレイアウトします。これは、Aを押しながらノードを右にドラッグする事と同じです(整列キーを参照)。

Align Nodes Horizontally

選択したノードが水平に揃うように上下に動かします。

Align Nodes Vertically

選択したノードが垂直に揃うように左右に動かします。

Distribute Nodes Horizontally

選択したノードが一番上と一番下の選択ノード間で均等になるように上下に動かします。

Distribute Nodes Vertically

選択したノードが一番左と一番右の選択ノード間で均等になるように左右に動かします。

Minimize Selected

選択したステッキーノートまたはネットワークボックスを最小化します。

Minimize and Adjust Network

ステッキーノートとネットワークボックスを最小化し、接続されている出力も動かします。

Maximize Selected

選択したステッキーノートまたはネットワークボックスを最大化します。

Maximize and Adjust Network

ステッキーノートとネットワークボックスを最大化し、接続されている出力も動かします。

Resize Network Boxes to Fit

ネットワークボックスの境界をその最小境界ボックスにスナップします。

Space Nodes Vertically

選択したノードを垂直方向に等間隔に配置します。

Space Nodes Horizontally

選択したノードを水平方向に等間隔に配置します。

Correct VOP Positions

新しいネットワークエディタ用にVOPノードの位置を補正します。

ノードコンテキストメニュー

Dive Into Network

選択したノードの中に入ります(ネットワークコンテナの場合)。

Flipbook

コンポジットノードに関しては、これは、ノードの出力のフリップブックアニメーションを生成します。

Preview Window

オブジェクトノードとジオメトリノードに対して、そのノードの出力ジオメトリをフローティングウィンドウで表示します。

Spreadsheet

ジオメトリノードに関しては、そのジオメトリとアトリビュートのデータを表示したウィンドウを開きます。 これは、ノードの挙動を調べるのに非常に役立ちます。 ダイナミクスノードに関しては、ジオメトリ、アトリビュート、リレーションシップを表示します。

Show Node Information

選択したノードのInfoウィンドウを開きます。 これは、ノードリングのInfoボタンをクリックまたはノード上をクリックしたままにすることと同じです。

View Dependencies

選択したノードのパラメータからすべての外部参照を表示するウィンドウを開きます。

Edit Comment

ノードのコメント文字列のエディタウィンドウを開きます。 これは、Infoウィンドウのコメントを編集することと同じです。

Save

このサブメニューには、ノードのデータをどこかにエクスポートするための項目が含まれています。

Save: Geometry

このジオメトリノードの出力を.bgeoなどのファイルに保存します。

Save VEX Code to File

このVOPノードをコンパイルしたVEXをファイルに保存します。

Save: Texture UV to Image

このジオメトリノードのUVレイアウトを、アーティストがペイントできる画像ファイルに保存します。

Save: Image

このコンポジットノードの出力を.pngなどのファイルに保存します。

Save: LUT

このコンポジットノードのルックアップテーブルをファイルに保存します。

Save: Data Channels

このCHOPノードの出力をファイルに保存します。

Save: to Gallery

選択したノードを再利用可能なテンプレートとしてギャラリーに保存します。

Exporter - Set Scope

CHOPノードに対して、選択したノードのExporterスコープを設定します。

Exporter - Add to Scope

CHOPノードに対して、選択したノードのExporterスコープに追加します。

Inputs

このサブメニュー内の項目は、ノード入力に関係します。

Hide Inputs

選択したノードに接続されているすべてのノードブランチを非表示にします。

Unhide Inputs

選択したノードに接続されている非表示の入力を表示します。

Select Inputs

選択したノードの入力に接続されているノードを選択します。

Select Input Parameters

選択したノードの入力に接続されているParameter VOPsを選択します。

Outputs

このサブメニュー内の項目は、ノード出力に関係します。

Hide Outputs

選択したノードから分岐しているノードを非表示にします。

Unhide Outputs

選択したノードの非表示の出力を表示します。

Select Outputs

選択したノードの出力に接続されているノードを選択します。

Collapse Outputs

選択したノードの出力に接続されているすべてのノードを新しいサブネットに格納します。

Character Tools

このサブメニュー内の項目は、このオブジェクトノードをキャラクタツールペインに読み込むことができます。

Character Picker

選択したノードで表現されたキャラクタをキャラクタピッカーで開きます。

Pose Library

選択したノードで表現されたキャラクタをポーズライブラリで開きます。

Help

選択したノードのヘルプページを開きます。

Create Digital Asset

選択したノードから新しいアセットタイプを作成します。

Allow Editing of Contents

選択したアセットノードをロック解除して、中のネットワークを編集できるようにします。

Match Current Definition

ロック解除された選択アセットノードを最後に保存した状態に戻してロックします。

Save Node Type

変更を保存しますが、選択したアセットノードはロック解除されたままになります。

Show Changes

保存されたアセット定義とロック解除された選択ノードとの違いを表示したウィンドウを開きます。

テキストによる"diff"は読み辛いですが、変更点をおおまかに把握することができます。

Show in Asset Manager

Asset Managerウィンドウを開き、選択したノードのアセットタイプにジャンプします。

Change Type

選択したノードを別のノードタイプに変更することができるウィンドウを開きます。 これは、新しいタイプの新しいノードを作成し、同じ名前でパラメータをコピーします。

これは、ノードを新しいバージョンに更新するのに役立ちます。

Type Properties

選択したアセットノードのタイプをType Properties Editorで開きます。

ネットワークとパラメータ

ネットワーク

パラメータの編集

次のステップ

エクスプレッション

導師レベル

リファレンス