Houdini 17.5

エクスプレッション関数

エクスプレッション関数は、パラメータの値を計算することができます。

HScriptエクスプレッションの詳細は、ネットワークとパラメータの章を参照してください。 HScriptエクスプレッションの代わりにパラメータにPythonを使用することもできます。

関数

  • abs

    引数の絶対値を返します。

  • acos

    引数のアークコサインを返します。

  • angvel

    特定の時間でオブジェクトをある方向から別の方向へ回転させるのに必要な角速度を返します。

  • arclen

    カーブの2つのUポジション間の円弧長を返します。

  • arclenD

    2つのU位置間と分割数からカーブの円弧長を返します。

  • arg

    HScriptスタイルの引数のリストから引数を返します。

  • argc

    HScriptスタイルの引数のリストから引数の数を返します。

  • asin

    引数のアークサインを返します。

  • atan

    引数のアークタンジェントを返します。

  • atan2

    y/xのアークタンジェントを返します。

  • atof

    文字列を浮動小数点に変換します。

  • bbox

    サーフェスノードの境界ボックス情報を返します。

  • bezier

    チャンネルセグメントファンクション: Bezier補間スプライン。

  • boneangle

    2つのボーンオブジェクト間のジョインでの角度を返します。

  • ceil

    その値以上で、一番小さい整数を返します。

  • centroid

    サーフェスノードの重心を返します。

  • ch

    パラメータの値を返します。

  • chexist

    指定したチャンネルが存在すれば1を、なければ0を返します。

  • chexpr

    新しいセグメントエクスプレッションを使ってチャンネルを評価します。

  • chexprf

    新しいセグメントエクスプレッションを使ってチャンネルを、指定したフレームで評価します。

  • chexprt

    新しいセグメントエクスプレッションを使ってチャンネルを、指定した時間で評価します。

  • chf

    指定したフレームでのパラメータを評価します。

  • chgroup

    グループに含まれたチャンネル全てを含む文字列を返します。

  • chop

    現行時間でのCHOP内のチャンネルを評価します。

  • chopcf

    指定したフレームでのCHOP内の指定したインデックスのチャンネルを評価します。

  • chopci

    指定したサンプルポイントでのCHOP内の指定したインデックスのチャンネルを評価します。

  • chopct

    指定した時間でのCHOP内の指定したインデックスのチャンネルを評価します。

  • chope

    CHOPのチャンネルの終了インデックスを返します。

  • chopf

    指定したフレームでのCHOP内のチャンネルを評価します。

  • chopi

    指定したサンプルポイントでのCHOP内のチャンネルを評価します。

  • chopl

    CHOPのチャンネルの長さをサンプルで返します。

  • chopn

    CHOP内のデータチャンネルの数を返します。

  • chopnames

    CHOP内のデータチャンネルすべての名前を返します

  • chopr

    CHOPのサンプルレートを返します。

  • chops

    CHOPの開始インデックスを返します。

  • chopstr

    現行時間でのCHOP内のチャンネルの文字列の値を返します。

  • chopt

    指定した時間でのCHOP内のチャンネルの値を返します。

  • chramp

    指定した位置でのランプパラメータの値を返します。

  • chrampf

    指定した位置とフレームでのランプパラメータの値を返します。

  • chrampt

    指定した位置と時間でのランプパラメータの値を返します。

  • chs

    現行時間でのパラメータの文字列の値を評価します。

  • chsop

    現行時間でのパラメータをノードパス文字列として評価します。

  • chsoplist

    現行時間のパラメータをノードパスのリストの文字列として評価します。

  • chsraw

    パラメータのエクスプレッションをそのまま(展開せずに)文字列として返します。

  • cht

    指定した時間でのパラメータの値を返します。

  • clamp

    値を最小と最大の範囲に抑えて返します。

  • clamptosphere

    ベクトルが常に最小と最大の球の範囲に収まるようにします。

  • constant

    チャンネルセグメントファンクション:定数。

  • contextoption

    クックコンテキストオプションを浮動小数点値として返します。

  • contextoption

    クックコンテキストオプションを文字列値として返します。

  • cophasmeta

    メタデータがコンポジットノードに存在するかテストします。

  • copmeta

    コンポジットノードから数値メタデータを返します。

  • copmeta

    コンポジットノードから文字列メタデータを返します。

  • cos

    引数のコサインを返します。

  • cosh

    引数のハイパボリックコサインを返します。

  • cross

    2つのベクトルの外積を計算します。

  • cubic

    チャンネルセグメントファンクション:3次スプライン。

  • cucwc

    廃止予定: カスタムパネル用の現行作業コンテナ。

  • cudatatype

    廃止予定: カスタムパネル用のガジェットのデータタイプ。

  • cumenuadd

    廃止予定: カスタムパネルにメニューエントリーを追加します。

  • cuquery

    廃止予定: カスタムパネルからの値を返します。

  • curvature

    指定したUV座標でのサーフェスの曲率を返します。

  • cutype

    廃止予定: カスタムパネルのガジェットのタイプを返します。

  • cycle

    チャンネルセグメントファンクション: フレームで指定した範囲で前のフレームからアニメーションを繰り返します。

  • cycleoffset

    チャンネルセグメントファンクション: 値を蓄積しながらフレームf1とf2間のアニメーションを繰り返します。

  • cycleoffsett

    チャンネルセグメントファンクション: 値を蓄積しながら時間t1とt2間のアニメーションを繰り返します。

  • cyclet

    チャンネルセグメントファンクション: 時間で指定した範囲で前のフレームからアニメーションを繰り返します。

  • decode

    以前に暗号化した変数名またはジオメトリアトリビュート名を復元します。

  • deg

    ラジアンを度に変換します。

  • degree

    指定したフェースやハルの角度を返します。

  • detail

    Detailアトリビュートの値を返します。

  • detailattribsize

    Detailアトリビュートのコンポーネントの数を返します。

  • detailattribtype

    Detailアトリビュートのタイプを返します。

  • details

    Detailアトリビュートの文字列の値を返します。

  • detailsmap

    Detailアトリビュート内の文字列のリストから文字列を返します。

  • detailsnummap

    Detailアトリビュートに追加した固有の文字列の数を返します。

  • determinant

    マトリックスの行列式を返します。

  • dihedral

    ベクトルv0をv1に変換する回転マトリックスを返します。

  • distance

    2つの3Dポイント間の距離を返します。

  • dopallfields

    dopfield関数に渡すことができる全てのフィールド名をスペースで区切ったリストで返します。

  • dopcontextgeo

    DOPネットワークに接続されたノードのフルパスを返します。

  • dopcountslices

    一部のダイナミクスデータで指定したタイプのレコードの数を返します。

  • dopfield

    フィールドの値を浮動小数点で返します。

  • dopfieldname

    DOPフィールドの名前を返します。

  • dopfields

    DOPフィールドの値を文字列で返します。

  • dopfieldtype

    DOPフィールドのタイプを返します。

  • dopframe

    シミュレーションの現行フレームを返します。

  • dopframetost

    シミュレーションフレームと同等のシミュレーション時間を返します。

  • dopgrouphasobject

    指定したDOPグループに指定したオブジェクトが含まれていれば1を返します。

  • dopgroupismutual

    指定したDOPグループが相互に影響を与えていれば1を返します。

  • dopgrouplist

    指定したDOPネットワーク内で現行時間のオブジェクトグループすべてのリストを含む文字列を返します。

  • dophasfield

    指定したDOPフィールドが存在すれば1を返します。

  • dophassubdata

    ダイナミクスオブジェクトが指定したサブデータを持っていれば1を返します。

  • dopnodeobjs

    最新のタイムステップでDOPで処理されるオブジェクトのリストを返します。

  • dopnumfields

    DOPレコードタイプのフィールドの数を返します。

  • dopnumobjects

    シミュレーションのオブジェクトの数を返します。

  • dopnumrecords

    一部のダイナミクスデータの指定したタイプのレコードの数を返します。

  • dopnumrecordtypes

    一部のダイナミクスデータのレコードのタイプの数を返します。

  • dopnumsubdata

    オブジェクトまたはデータに追加したサブデータアイテムの数を返します。

  • dopobjectlist

    指定したオブジェクトに一致するオブジェクトすべてを返します。

  • dopobjectsareaffectors

    1組みのオブジェクトが他のオブジェクトに影響を与える関係にあるのかテストします。

  • dopobjscreatedby

    特定のDOPノードで作成されたオブジェクトのリストを返します。

  • dopoption

    DOPフィールドの値を浮動小数点として返します。

  • dopoptions

    DOPフィールドの値を文字列として返します。

  • doprecordtypename

    インデックスを指定してDOPのデータのレコードの名前を返します。

  • dopsolvedopnet

    Script Solverサポート関数。現在実行しているスクリプトソルバを含んだDOPネットワークのフルパスを返します。

  • dopsolvenewobject

    Script Solverサポート関数。スクリプトソルバから初期化するのに必要となる新しく作成されるオブジェクトを返すことを除けば、dopsolveobject関数と同様です。

  • dopsolvenumnewobjects

    Script Solverサポート関数。現在実行中のスクリプトソルバで初期化されるオブジェクトの数を返します。

  • dopsolvenumobjects

    Script Solverサポート関数。現在実行中のスクリプトソルバで計算されるオブジェクトの数を返します。

  • dopsolveobject

    Script Solverサポート関数。指定したオブジェクトの固有なオブジェクトIDを返します。

  • dopsolvetimestep

    Script Solverサポート関数。現在実行中のスクリプトソルバのタイムステップのサイズを返します。

  • dopsttoframe

    指定したシミュレーション時間のシミュレーションフレームを返します。

  • dopsttot

    指定したシミュレーション時間のグローバル時間を返します。

  • dopsubdataname

    指定したDOPオブジェクトのサブデータの名前を返します。

  • doptime

    シミュレーションの現行時間を返します。

  • doptransform

    一部のデータに追加したトランスフォーム行列を返します。

  • dopttost

    指定したグローバル時間と同等のシミュレーション時間を返します。

  • dopvelatpos

    シミュレーション空間内の位置にあるポイントがDOPオブジェクトに追加されていたら、そのポイントのVelocityを返します。

  • dot

    2つのベクトルの内積を計算します。

  • ease

    チャンネルセグメントファンクション: ease-inとease-out。

  • easein

    チャンネルセグメントファンクション: ease-in。

  • easeinp

    チャンネルセグメントファンクション: 調整可能なアクセラレーション付きのease-in。

  • easeout

    チャンネルセグメントファンクション: ease-out。

  • easeoutp

    チャンネルセグメントファンクション: 調整可能なアクセラレーション付きのease-out。

  • easep

    チャンネルセグメントファンクション: 調整可能なアクセラレーション付きのease-inとease-out。

  • edgegrouplist

    サーフェスノードのエッジグループのリストを返します。

  • edgegroupmask

    サーフェスノードのパターンにマッチしたエッジグループのリストを返します。

  • encode

    任意の文字列を、有効な変数名またはジオメトリアトリビュート名に暗号化します。

  • eval

    文字列をエクスプレッションとして評価して、浮動小数点を返します。

  • evals

    文字列をエクスプレッションとして評価して、文字列を返します。

  • execute

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドの標準出力を返します。

  • executeb

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドの標準出力とエラー出力を返します。

  • executee

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドのエラー出力を返します。

  • exp

    e(2.71828)を底とする数値の累乗を返します。

  • explodematrix

    3×3または4×4の行列を、その行列を再構築するのに必要なオイラー回転に展開します。

  • explodematrixp

    3×3または4×4の行列を、その行列を再構築するのに必要なオイラー回転に展開します。

  • explodematrixpr

    3×3または4×4のmatrixを、それを再構築するのに必要なオイラー回転に展開します。

  • findfile

    HOUDINI_PATH環境変数内でファイルを検索し、最初に見つかったファイルの絶対パスを返します。

  • findfiles

    HOUDINI_PATH環境変数内でファイルやディレクトリを検索し、見つかったファイルやディレクトリの絶対パスをすべて返します。

  • fit

    ある範囲の値を他の範囲に合わせます。

  • fit01

    0から1の範囲の値を新しい範囲に合わせます。

  • fit10

    1から0の範囲の値を新しい範囲に合わせます。

  • fit11

    -1から1の範囲の値を新しい範囲に合わせます。

  • floor

    その値以下で、一番大きい整数を返します。

  • frac

    浮動小数点の小数部を返します。

  • ftoa

    数値を文字列に変換します。

  • ftrim

    数値を文字列に変換します。

  • groupbyval

    指定した整数値を持つアトリビュートのエレメントのセットを意味した文字列を返します。

  • groupbyvals

    指定した文字列を持つアトリビュートのエレメントのセットを記述する文字列を返します。

  • hascontextoption

    指定したコンテキストオプションが存在すればゼロ以外の値を返します。

  • hasdetailattrib

    指定したDetailアトリビュートが存在すれば1を返します。

  • haspoint

    指定したポイントが指定したグループに存在すれば1を返します。

  • haspointattrib

    指定したPointアトリビュートが存在すれば1を返します。

  • hasprim

    指定したプリミティブが指定したグループに存在すれば1を返します。

  • hasprimattrib

    指定したPrimitiveアトリビュートが存在すれば1を返します。

  • hasvertexattrib

    指定したVertexアトリビュートが存在すれば1を返します。

  • hextoint

    16進数の引数文字列を整数に変換します。

  • hsv

    RGB値をHSVコンポーネントに変換します。

  • ic

    特定のインデックスでのCHOPの入力チャンネルを評価します。

  • ice

    CHOPの入力の終了インデックスを返します。

  • icl

    CHOPの入力の長さをサンプル単位で返します。

  • icmax

    CHOPの入力チャンネルの最大値を評価します。

  • icmin

    CHOPの入力チャンネルの最小値を評価します。

  • icn

    CHOPの入力のチャンネルの数を返します。

  • icr

    CHOPの入力のサンプルレートを返します。

  • ics

    CHOPの入力の開始インデックスを返します。

  • identity

    単位行列を作成します。

  • if

    最初の引数の評価に応じて2番目または3番目の引数の値を返します。

  • ifs

    最初の引数の評価に応じて2番目または3番目の引数の文字列の値を返します。

  • index

    文字列のパターンで最初に見つかった位置を返します。

  • instancepoint

    現在インスタンス化されているポイント番号を返します。

  • int

    数値から小数部を切り捨てて整数に変換します。

  • inttohex

    数値を16進数の文字列に変換します。

  • invert

    行列を反転します。

  • iprquery

    インタラクティブレンダーペインから数値(浮動小数点)データを照会します。

  • iprquerys

    インタラクティブレンダーペインからテキスト(文字列)データを照会します。

  • isclosed

    プリミティブが閉じていると1を返します。

  • iscollided

    指定したポイントが何かと衝突すると1を返します。

  • ishvariable

    指定したHoudini環境変数が存在すると1を返します。

  • isspline

    指定したプリミティブがNURBSまたはBezierの曲線またはサーフェスなら1を返します。

  • isstuck

    指定したポイントが動かないパーティクルなら1を返します。

  • isvariable

    指定したHoudini/システム環境変数が存在すると1を返します。

  • iswrapu

    指定したプリミティブがU方向で閉じていれば1を返します。

  • iswrapv

    指定したプリミティブがV方向で閉じていれば1を返します。

  • length

    ベクトルの長さを返します。

  • linear

    チャンネルセグメントファンクション: 線形補間。

  • listbyval

    指定した整数値を持つアトリビュートのエレメントのリストを返します。

  • listbyvals

    指定した文字列を持つアトリビュートのエレメントのリストを返します。

  • lock

    値を変更できないようにします。

  • log

    引数の自然対数を返します。

  • log10

    引数の底を10とする対数を返します。

  • lopinputprim

    LOPノードの入力によって最後に修正されたUSDプリミティブのパスを返します。

  • lopinputprims

    LOPノードの入力によって最後に修正されたUSDプリミティブ(s)のパスを返します。

  • loplastmodifiedprim

    LOPノードによって最後に修正されたUSDプリミティブのパスを返します。

  • loplastmodifiedprims

    LOPノードによって最後に修正されたUSDプリミティブ(s)のパスを返します。

  • match

    チャンネルセグメントファンクション: 入力と出力のスロープを合わせます。

  • matchin

    チャンネルセグメントファンクション: 入力のスロープに合わせます。

  • matchout

    チャンネルセグメントファンクション: 出力のスロープに合わせます。

  • matrix

    文字列を指定して行列に変換します。

  • matrixtoquat

    回転行列をクォータニオンに変換します。

  • max

    2つの値から大きい方を返します。

  • mcols

    行列の列の数を返します。

  • metaweight

    特定の位置でのメタボールのWeightを返します。

  • min

    2つの値から小さい方を返します。

  • mindist

    ポイントとプリミティブ間の最小距離を探します。

  • mlookat

    あるベクトルから他のベクトルへ向くlookatのトランスフォーム行列を計算します。

  • mlookatup

    あるベクトルから他のベクトルへ向くlookatのトランスフォーム行列をUpベクトルと一緒に計算します。

  • mobjlookat

    あるオブジェクトから他のオブジェクトへ向くlookatのトランスフォーム行列を計算します。

  • modblend

    2つの角度の値をブレンドして周期を調整します。

  • morient

    指定したZ軸とY軸に沿って方向を向くトランスフォーム行列を計算します。

  • mousepane

    現在のマウスポインタ下にあるペインのフルネームを返します。

  • mousepath

    現在のマウスポインタ下にあるペインのノードパスを返します。

  • mrows

    行列の行の数を返します。

  • mzero

    すべての値を0に設定した行列を返します。

  • nearpoint

    指定した3D座標に最も近いジオメトリのポイントを探します。

  • noise

    3Dノイズを生成します。

  • normal

    指定したUV座標のサーフェス法線のコンポーネントを返します。

  • normalize

    ベクトルを正規化します。

  • npoints

    ジオメトリのポイントの数を返します。

  • npointsgroup

    指定したグループのポイントの数を返します。

  • nprims

    サーフェスノードのプリミティブの数を返します。

  • nprimsgroup

    指定したグループのプリミティブの数を返します。

  • nuniquevals

    サーフェスノードの整数・文字列のアトリビュートの固有の値の数を返します。

  • objkinoverride

    ボーンオブジェクトの現行グローバルキネマティクス上書き設定を返します。

  • objlightmask

    オブジェクトのライトマスクに一致するライトのリストを返します。

  • objlookat

    あるオブジェクトから他のオブジェクトへ向くlookatの回転ベクトルを計算します。

  • objpretransform

    オブジェクトのpre-transform行列を返します。

  • oc

    指定したサンプルインデックスでのCHOPの出力の値を返します。

  • oldrand

    0以上1未満の擬似乱数の数値を返します。

  • opblist

    バンドルのオペレータすべてのフルパスを返します。

  • opcreator

    このノードの作成元を返します。

  • opdigits

    ノード名の番号の接尾辞を返します。

  • opexist

    指定したノード、グループ、バンドルが存在すれば1を返します。

  • opflag

    特定のフラグセットを持つノードのリストを返します。

  • opfullpath

    ノードのフルパスを返します。

  • opfullpathfrom

    他のノードを基準にノードのフルパスを返します。

  • opid

    ノードの固有のIDを返します。

  • opinput

    指定した入力に接続されたノードの名前を返します。

  • opinputpath

    指定した入力に接続されたノードのフルパスを返します。

  • opisloading

    Houdiniが現在シーンファイルを読み込んでいれば1を返します。

  • opisquitting

    Houdiniが現在シャットダウンしていれば1を返します。

  • oplightmask

    オブジェクトのライトマスクに一致するライトのリストを返します。

  • oplistsort

    ノードの入力/出力の順番に基づいてノードパスのリストを並べ替えます。

  • opname

    指定したパスのノードの名前を返します。

  • opnchildren

    コンテナノード内のノードの数を返します。

  • opninputs

    接続された入力で最大の入力番号を返します。

  • opnoutputs

    ノードの出力に接続されたノードの数を返します。

  • opoutput

    指定したノードの出力に接続されたノードの名前を返します。

  • opoutputpath

    指定したノードの出力に接続したフルパスを返します。

  • oppinput

    廃止予定: opinputを使ってください。

  • oppwd

    現行ネットワークのパスを返します。

  • oppwf

    現行ネットワークのパスを出力します。

  • oprelativepath

    あるノードから他のノードへの相対パスを返します。

  • opselect

    選択したノードのリストを返します。

  • opselectpath

    選択したノードのフルパスのリストを返します。

  • opselectrecurse

    選択したノードの再帰的なリストを返します。

  • opselectrecursepath

    選択したノードのフルパスの再帰リストを返します。

  • opstreamname

    ノードのアクティブストリームを計算します。

  • opsubpath

    ノードのサブパスを返します。

  • optransform

    現行時間でのオブジェクトのトランスフォーム行列を返します。

  • optype

    ノードのタイプを返します。

  • optypeinfo

    ノードに関するタイプ情報を返します。

  • origin

    オブジェクトのトランスフォームのコンポーネントを返します。

  • originoffset

    オブジェクトのオフセットトランスフォームのコンポーネントを返します。

  • padzero

    数値が指定した長さになるように頭にゼロを詰めた文字列を返します。

  • param

    廃止予定: stampを使ってください。

  • parmisstring

    指定したパラメータが文字列なら1を返します。

  • pdgattribute

    ワークアイテムアトリビュートの値を返します。

  • pdgattributes

    ワークアイテムアトリビュートの文字列値を返します。

  • pdginput

    指定したインデックスとタグのワークアイテム入力ファイルを返します。

  • pdgoutput

    指定したインデックスとタグのワークアイテム出力ファイルを返します。

  • pic

    コンポジットノードのピクセルの色を返します。

  • picni

    コンポジットノードのピクセルの補間なしの色を返します。

  • pluralize

    英語の名詞を複数形に変換します。

  • point

    Pointアトリビュートの値を返します。

  • pointattribsize

    Pointアトリビュートのコンポーネントの数を返します。

  • pointattribtype

    Pointアトリビュートのタイプを返します。

  • pointavg

    ジオメトリのすべてのポイントのアトリビュートの平均を返します。

  • pointdist

    ポイントとプリミティブ間の距離を返します。

  • pointgrouplist

    サーフェスノードのポイントグループのリストを返します。

  • pointgroupmask

    サーフェスノードのパターンに一致するポイントグループのリストを返します。

  • pointlist

    ポイントグループのすべてのポイントのリストを返します。

  • pointneighbours

    指定したポイントでの指定した数以上のプリミティブを共有しているポイントをリストします。

  • pointpattern

    指定したパターンに一致するポイントのリストを返します。

  • points

    Pointアトリビュートの文字列の値を返します。

  • pointsmap

    Pointアトリビュートの文字列のリストから文字列を返します。

  • pointsnummap

    Pointアトリビュートに追加された固有の文字列の数を返します。

  • pow

    数字を累乗します。

  • prim

    Primitiveアトリビュートの値を返します。

  • primattribsize

    Primitiveアトリビュートのコンポーネントの数を返します。

  • primattribtype

    Primitiveアトリビュートのタイプを返します。

  • primdist

    2つのプリミティブ間の最小距離を返します。

  • primduv

    Primitiveアトリビュートの偏微分係数を返します。

  • primgrouplist

    サーフェスノードのプリミティブグループのリストを返します。

  • primgroupmask

    サーフェスノードのパターンに一致するグループのリストを返します。

  • primlist

    サーフェスノードのすべてのプリミティブのリストを返します。

  • primneighbours

    指定したプリミティブでの指定した数以上のポイントを共有しているプリミティブをリストします。

  • prims

    Primitiveアトリビュートの文字列の値を返します。

  • primsmap

    Primitiveアトリビュートの文字列のリストから文字列を返します。

  • primsnummap

    Primitiveアトリビュートに追加された固有の文字列の数を返します。

  • primuv

    指定したUV位置でのPrimitiveアトリビュートの値を返します。

  • print

    メッセージをコンソールに出力します。

  • property

    ch()と同様ですが、レンダープロパティ用であり、そのプロパティが存在しなければデフォルトが使われます。

  • propertyf

    指定したフレームでのレンダープロパティを評価します。

  • propertys

    現行時間でのレンダープロパティの文字列値を評価します。

  • propertysop

    現行時間でのレンダープロパティをノードパス文字列として評価します。

  • propertysraw

    現行時間でのレンダープロパティのRaw(未展開)文字列値を評価します。

  • propertyt

    指定した時間でのレンダープロパティを評価します。

  • pulse

    値が指定した範囲内にある時に1を返します。

  • pythonexprf

    Pythonエクスプレッションを評価して、浮動小数点で結果を返します。

  • pythonexprs

    Pythonエクスプレッションを評価して、文字列で結果を返します。

  • qlinear

    チャンネルセグメントファンクション: クォータニオンを使って補間します。

  • quattomatrix

    クォータニオンを3×3の回転行列に変換します。

  • quintic

    チャンネルセグメントファンクション: スロープとアクセラレーションを滑らかに補間します。

  • rad

    度をラジアンに変換します。

  • rand

    0以上1未満の擬似乱数の数値を返します。

  • raw

    チャンネルセグメントファンクション。

  • realuv

    ユニットのUVを実際のUVに変換します。

  • repeat

    チャンネルセグメントファンクション: 前のフレームからアニメーションを繰り返します。

  • repeatt

    チャンネルセグメントファンクション: 前の時間からアニメーションを繰り返します。

  • res

    コンポジットノードの画像の本来の解像度を返します。

  • rgb

    HSV値をRGBコンポーネントに変換します。

  • rindex

    文字列のパターンで最後に見つかった位置を返します。

  • rint

    一番近い整数に丸めます。

  • rotate

    軸と角度から4×4の回転行列を返します。

  • rotaxis

    角度とベクトルから4×4の回転行列を返します。

  • round

    数値を一番近い整数に丸めます。

  • run

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドの標準出力を返します。

  • runb

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドの標準出力とエラー出力を返します。

  • rune

    文字列をHScriptコマンドとして実行して、コマンドのエラー出力を返します。

  • scale

    3つのスケール値を受け取り、スケール行列を返します。

  • seampoints

    サーフェスノードの継ぎ目ポイントすべてをリストします。

  • seqanim

    指定したコンポジットノードがアニメーションシーケンスを持っていれば1を返します。

  • seqend

    コンポジットノードの画像シーケンスの終了フレームを返します。

  • seqlength

    コンポジットノードの画像シーケンスのフレーム数を返します。

  • seqstart

    コンポジットノードの画像シーケンスの開始フレームを返します。

  • shopstring

    シェーダで生成されたシェーダ文字列を返します。

  • sign

    引数の符号に基づいて-1, 0, 1を返します。

  • sin

    引数のサインを返します。

  • sinh

    引数のハイパボリックサインを返します。

  • smooth

    値と範囲を受け取り、0から1までの滑らかな補間で値を返します。

  • snoise

    散在畳み込み3Dノイズを生成します。

  • spknot

    スプラインカーブまたはサーフェスのノット値を返します。

  • spline

    チャンネルセグメントファンクション: カーブをキーフレームに合わせます。

  • sqrt

    引数の平方根を返します。

  • stamp

    コピースタンプの浮動小数点の値を返します。

  • stamps

    コピースタンプの文字列の値を返します。

  • strcasecmp

    大文字小文字を区別することなく、2つの文字列を比較します。

  • strcasematch

    大文字小文字を区別することなく、文字列がパターンに一致すれば1を返します。

  • strcat

    2つの文字列を連結して返します。

  • strcmp

    2つの文字列を比較します。

  • strdup

    文字列を複製します。

  • stripmatrix

    行列またはベクトルの文字列表現から不要な文字を除去します。

  • strlen

    文字列の文字数を返します。

  • strmatch

    大文字小文字を区別して、文字列がパターンに一致すると1を返します。

  • strreplace

    サブストリングを新しい文字列に置換します。

  • sturb

    散在畳み込み3Dノイズに基づいて空間的に干渉した3Dノイズを生成します。

  • substr

    文字列のサブストリングを返します。

  • surflen

    サーフェス上の2点間の3D曲線の長さを返します。

  • system

    システムコマンドラインを実行し、出力を返します。

  • systemES

    システムコマンドラインを実行し、終了ステータスを返します。

  • systemRAW

    システムコマンドラインを実行し、そのままの出力を返します。

  • tan

    引数のタンジェントを返します。

  • tanh

    引数のハイパボリックタンジェントを返します。

  • tex

    ディスクのテクスチャマップ上のポイントの補間したカラーを返します。

  • texni

    ディスクのテクスチャマップ上のポイントの補間していないカラーを返します。

  • tolower

    文字列をすべて小文字にします。

  • toupper

    文字列をすべて大文字にします。

  • translate

    X, Y, Zの移動量を受け取り、移動行列を返します。

  • transpose

    行列を転置します。

  • trunc

    数値から小数部を切り捨てて整数に変換します。

  • turb

    空間的に干渉した3Dノイズを生成します。

  • uniqueval

    整数のアトリビュートの固有の値を返します。

  • uniquevals

    文字列のアトリビュートの固有の値を返します。

  • unituv

    実際のUVをユニットのUVに変換します。

  • uvdist

    2つのプリミティブ上のパラメトリックな位置間の距離を返します。

  • vangle

    2つのベクトル間の角度を返します。

  • vector

    指定した文字列をベクトルに変換します。

  • vector3

    3つの値を3つのコンポーネントを持つベクトルに変換します。

  • vector4

    4つの値を4つのコンポーネントを持つベクトルに変換します。

  • vertex

    Vertexアトリビュートの値を返します。

  • vertexattribsize

    Vertexアトリビュートのコンポーネントの数を返します。

  • vertexattribtype

    Vertexアトリビュートのタイプを返します。

  • vertexs

    Vertexアトリビュートの文字列の値を返します。

  • vertexsmap

    Vertexアトリビュートの文字列のリストから文字列を返します。

  • vertexsnummap

    Vertexアトリビュートに追加された固有の文字列の数を返します。

  • vlength

    ベクトルの長さを返します。

  • vlength2

    ベクトルの長さの2乗を返します。

  • vmatch

    チャンネルセグメントファンクション: 入力と出力のスロープに一致します。

  • vmatchin

    チャンネルセグメントファンクション: 入力のスロープに一致します。

  • vmatchout

    チャンネルセグメントファンクション: 出力のスロープに一致します。

  • volumeaverage

    ボリュームのボクセルすべての平均値を返します。

  • volumegradient

    指定した位置でのボリュームプリミティブの勾配を返します。

  • volumeindex

    指定したボクセルでのボリュームプリミティブの値を返します。

  • volumeindextopos

    ボリュームのボクセル座標をワールド空間座標に変換します。

  • volumemax

    ボリュームのボクセルすべての最大値を返します。

  • volumemin

    ボリュームのボクセルすべての最小値を返します。

  • volumepostoindex

    ワールド座標をボリュームのボクセル座標に変換します。

  • volumeres

    ボリュームの解像度を返します。

  • volumesample

    指定した位置でのボリュームの値を返します。

  • volumevoxeldiameter

    ワールド空間でのボリュームボクセルの近似した直径を返します。

  • vorigin

    オブジェクトのトランスフォームのベクトルを返します。

  • vpname

    ビューア名とビューポート番号を受け取り、そのビューポートの名前を返します。

  • vrorigin

    オブジェクトの回転のベクトルを返します。

  • vscale

    ベクトルとスケール係数を乗算します。

  • vset

    各コンポーネントを同じ値に設定したベクトルを作成します。

  • vsize

    ベクトルのエレメントの数を返します。

  • vtorigin

    オブジェクトの移動のベクトルを返します。

  • wrap

    値を最小・最大の範囲内で繰り返すノコギリ波を返します。

  • xyzdist

    3D座標とプリミティブの間の距離を返します。

Houdini 17.5

はじめよう

Houdiniの使い方

  • ジオメトリ

    Houdiniがどのようにジオメトリを表現し、どのように作成・編集するのか説明します。

  • コピーとインスタンス

    コピー(実形状)とインスタンス(読み込みのみ、もしくはレンダリング時に作成される形状)の使い方。

  • アニメーション

    Houdiniでのアニメーションの作成とキーフレームの方法。

  • キャラクタ

    Houdiniでのキャラクタのリグとアニメーションの方法。

  • レンダリング

    3Dシーンから画像とアニメーションをレンダリングする方法。

  • マテリアル

    マテリアルの割り当てとシェーディング用のカスタムマテリアルを作成する方法。

  • コンポジット

    Houdiniのコンポジットネットワークはレンダーなどの画像を作成し処理することができます。

  • デジタルアセット

    デジタルアセットは既存ネットワークから再利用可能なノードとツールを作成することができます。

  • インポートとエクスポート

    Houdiniでのシーン、オブジェクト、他のデータのインポートとエクスポートの方法。

  • ディペンデンシーネットワーク

  • MPlayビューア

    Houdiniのスタンドアローン画像ビューアの使い方。

ダイナミクス

  • パーティクル

    パーティクルシミュレーションの作成方法。

  • ダイナミクス

    Houdiniのダイナミクスネットワークを使用したシミュレーションの作成方法。

  • Pyro

    煙、炎、爆発のシミュレーションの方法。

  • 流体

    流体とオーシャンのシミュレーションをセットアップする方法。

  • Grains(粒)

    (砂のような)粒状の材質をシミュレーションする方法。

  • 群衆シミュレーション

    Houdiniでのキャラクタの群衆の作成とシミュレーションの方法。

  • HairとFur

    ヘアーとファーを作成、スタイリング、ダイナミクスを追加する方法。

  • Finite Elements(有限要素)

    変形可能なオブジェクトを作成してシミュレーションする方法。

ノード

  • OBJ - オブジェクトノード

    オブジェクトノードはシーン内で、キャラクタ、ジオメトリオブジェクト、ライト、カメラなどのオブジェクトを表示します。

  • SOP - ジオメトリノード

    ジオメトリノードはGeoオブジェクト内で存在し、ジオメトリを生成します。

  • DOP - ダイナミクスノード

    ダイナミクスノードは物理シミュレーション用に条件とルールを設定します。

  • VOP - シェーダノード

    VOPノードは、ノード同士を接続することで(シェーダなどの)プログラムを定義することができます。そしてHoudiniは、そのノードネットワークを、実行可能なVEXコードにコンパイルします。

  • ROP - レンダーノード

    レンダーノードは、シーンをレンダリングしたり、レンダーディペンデンシーネットワークをセットアップします。

  • CHOP - チャンネルノード

    チャンネルノードは、チャンネルデータの作成、フィルタリング、制御をします。

  • COP2 - コンポジットノード

    コンポジットノードはフィルターを作成し、画像データを操作します。

  • TOP - ディペンデンシーノード

    TOPノードはTOPオブジェクト内で活動し、ワークを実行します。

リファレンス

  • メニュー

    メインメニュー内のそれぞれの項目について説明します。

  • ビューア

    ビューアペインタイプ。

  • ペイン

    色々なペインのオプションを説明します。

  • ウィンドウ

    色々なユーザーインターフェースウィンドウのオプションを説明します。

  • スタンドアローンのユーティリティ

    Houdiniには便利なコマンドラインユーティリティプログラムがたくさんあります。

  • Pythonスクリプト

    PythonとHoudini Object Modelを使用してHoudiniのスクリプトを記述する方法。

  • エクスプレッション関数

    エクスプレッション関数は、パラメータの値を計算することができます。

  • HScriptコマンド

    HScriptはHoudiniのレガシースクリプト言語です。

  • VEX

    VEXはシェーダの記述などのHoudiniのほとんどの場所で使われているハイパフォーマンスなエクスプレッション言語です。

  • プロパティ

    プロパティはレンダリング、シェーディング、ライティング、カメラといったパラメータを柔軟で強力な階層構造でセットアップすることができます。

  • Pythonパネル

    Pythonを使用したカスタムペインタイプのスクリプトによって独自のUIを作成することができます。

  • ギャラリー

    Houdiniに含まれている既製マテリアル。

  • Houdiniパッケージ

    プラグイン、ツール、アドオンが異なる環境変数定義ファイルを複数作成して、それらを組み合わせる方法。

  • 環境変数一覧