Houdini 19.0 ノード オブジェクトノード

Environment Light object node

環境光はシーンの外部から背景照明を用意します。

On this page
Since 11.0

環境光は、シーン内で一番遠いジオメトリオブジェクトよりも遠い仮想の半球(または球)からシーンを照明します。 環境光を回転させれば、直接照明の向きを変えることができますが、移動させることはできません。

環境光は、テクスチャマップを使って、環境マップからHDRI照明をします。回転させなかった場合、環境マップは、上面が+Y軸に揃うように向きます。

環境マップと反射マップの作り方を参照してください。

Sky Lightシェルフツール

Adds an environment light with an automatic sky reflection map.

This tool creates an Environment light node with the Sky Environment Map enabled.

To change the sky parameters in the Environment Light parameters, click the Light tab and then the Sky Environment Map sub-tab.

Portal Lightシェルフツール

Adds an environment light that only shines through geometry you select. This is much more efficient for enclosed environments where the environment light can only enter through a few portals (windows, doors).

This tool creates an Environment light and sets the Portal geometry parameter to the geometry object you select.

A regular environment light casts light on the scene from all directions. For an enclosed scene such as a room, where the “environment” light is outside and only enters through a few windows and doors, most of the light will simply hit the walls. The Portal geometry parameter specifies geometry (e.g. windows and doors) through which the light can enter. The environment light will only calculate light traveling through the portals, greatly improving efficiency.

  • Select the object(s) you want to act as portals for the environment light, then click the Portal Light tool on the shelf.

    or

  • With nothing selected, click the Portal Light tool on the shelf, then select the object(s) you want to act as portals for the environment light and press Enter.

パラメータ

Transform

Transform Order

左のメニューでは、トランスフォームを適用する順番(例えば、スケールしてから回転して移動)を選択します。これは、順番を変えるだけでオブジェクトの位置と向きが変わります。

右のメニューでは、X,Y,Z軸の回転順を選択します。キャラクタ次第では、ある順番にすればキャラクタのジョイントトランスフォームが扱いやすくなる場合があります。

Rotation

XYZ軸に沿って回転します。

Viewing Options

Display

このオブジェクトをビューポートで表示してレンダリングするかどうか。チェックボックスをオンにすれば、Houdiniは、このパラメータを使用します。 値を0にするとビューポートでオブジェクトが非表示になりレンダリングされず、1にするとオブジェクトが表示されてレンダリングされます。 チェックボックスをオフにすると、Houdiniはこの値を無視します。

Icon scale

ビューポートジオメトリをスケールします。このパラメータは表示目的だけです。

Cache Object Transform

一度Houdiniがオブジェクトトランスフォームを計算すると、それらをキャッシュ化します。これは、特にワールド空間位置の計算負荷が高いオブジェクト(例えば、Stickyオブジェクト)と長い親子チェーンの最後にあるオブジェクト(例えば、ボーン)に役に立ちます。 このオプションはStickyオブジェクトとBoneオブジェクトではデフォルトでオンになっています。

オブジェクトトランスフォームキャッシュのサイズを制御する方法に関しては、Houdini Preferencesウィンドウの OBJ Caching の章を参照してください。

Viewport Selecting Enabled

オブジェクトがビューポートでピック可能になります。

Select Script

ビューポートでオブジェクトをピックした時に実行するスクリプト。Select Scriptを参照してください。

Lookat Options

Light

Light Color

環境カラー、または環境マップで色を付けます。

Light Intensity

カラーのスケール。Intensityが0なら、ライトが無効になります。出力ドライバの Force Lights パラメータに含まれているライトのみが、レンダラーに送信されます。

Environment Map

異なる方向からのライトのカラーと強さを制御する環境マップ。 環境マップのカラーが、ライトのカラーになります。

Enable Sky Environment Map ( Sky Environment Map タブ)がオンなら、このパラメータは無効になります。

Light Enabled

オフにすれば、Light Intensityを0に設定するのと同じになります。

Enable Light In Viewport

オフにすれば、ビューポートで考慮されるライトを削除します。これは、レンダリング時にのみライトを有効化させるのに役に立ちます。

Diffuse contribution

サーフェスを照明する時に、ライトがDiffuse照明に寄与します。

Specular contribution

サーフェスを照明する時に、ライトがサーフェスにスペキュラーハイライトを設定します。

Light Contributions

ライトが影響を与えるシェーディングコンポーネントのより詳細な制御をします。名前付きコンポーネントへのContribution(寄与)を無効にするには、コンポーネント名を指定して、トグルを無効にします。

Render Light Geometry

レンダリングでライトをジオメトリオブジェクトとして表示します。このトグルを有効にすると、環境ライトは、レンダリングの背景画像として表示されます。

Clip To Positive Y Hemisphere

環境照明が+Yの半球からのみライトを放出するようにします。 -Yの半球からの照明を塞ぐシーン(例えば、大きな地面のあるシーン)を照明する時、このトグルをオンにすることで、レンダリング品質を上げることができます。

Categories

スペースまたはカンマで区切ったこのオブジェクトが属するカテゴリのリスト。

プリミティブ単位でのマテリアルの割り当て(Material SOP)は現在サポートされていません。

Render Options

環境光で生成されるライトの影響に関するオプション。

Rendering Mode

環境照明のサンプリング形式。環境照明は、シェーディングするサーフェスよりも上側の半球に光線を送信するレイトレース計算によって、異なる方向からのライト量を分析します。

選択するレンダリングモードは、環境照明のタイプ、シーンのジオメトリに依存します。

Direct Lighting

環境光は、シーンを覆った大きなエリアライトとして扱われます。 環境マップを使えば、Mantraは、環境マップの明るい箇所に、より多くのサンプルを送信します。 環境マップをスペキュラーサーフェスや反射サーフェスに寄与させたい場合は、このオプションを使ってください。

Direct Lightingは、PBRでレンダリングしたり、/nodes/vop/surfacemodel VOPを使った時のVariance Antialiasing(可変アンチエイリアス)のサポートを有効にします。 Variance Antialiasing(可変アンチエイリアス)は、最小/最大の光線サンプルを使って、自動的に照明内のノイズを検出して、ノイズを削減します。

Tip

通常では、“Direct Lighting”は以下の場合で使うと良いです:

  • 環境マップが一方向の照明を含む時(例えば、環境マップの一部が、他の部分よりも非常に明るい)

  • 環境マップからスペキュラーのContribution(寄与)が必要な時

  • ライト毎のエクスポートが必要な時

Ambient Occlusion

環境光をアンビエントオクルージョンを使って計算します。 アンビエントオクルージョンは、VEX Global Illuminationシェーダを使って計算し、均等に半球に光線を送信して、ブロッキングサーフェスをチェックします。 アンビエントオクルージョンは、環境マップなし、または半球上にあまり色の変化がない環境マップでライティングを計算する時にうまく動作します。 オクルージョンは、Diffuse照明にのみ寄与します。

Tip

以下の場合で:Ambient Occlusion"を使います:

  • 環境マップなしでレンダリングする時、または環境照明が均一であまり強くない時

  • Irradiance Cachingを使う時

Ray Tracing Background

環境光が、シーンに存在する光線を追跡するシェーダに対して、間接的にシーンに寄与します。 このモードは、resolvemissedray VEX関数でサポートされています。シェーダでこのVEX関数を使えば、指定した光線の背景照明を検索することができます。 Ray Tracing Backgroundモードは、以下の場合でサポートされています:

  • PBRレンダリング(マイクロポリゴンまたはレイトレーシングのどれか)

  • /nodes/vop/surfacemodel VOPを使った時の非PBRレンダリング

このモードでは、環境光からのディープラスターが、ライト毎のdiffuse/reflect/refract平面以外の“indirect_emission” Export平面に表示されます。 これは、ライトが実際の光源としてではなく、発光背景オブジェクトのように扱われます。

Tip

通常では、“Ray Tracing Background”は以下の場合で使うと良いです:

  • 環境マップなしでレンダリングする時、または環境照明が均一であまり強くない時

  • PBRまたはレイトレースを実行するシェーダを使って、ほとんどの間接照明を計算する時

  • Indirect Lightを使って、Irraciance(グローバルイルミネーション)の計算、副光線のライティングの高速化をする時

Sampling Quality

ライトのサンプリング品質乗数。値が1なら、出力ドライバから直接、光線サンプリングパラメータ( Min Ray Samples )を使います。 他の値は、サンプリング品質を比例的に上げたり下げたりします。

Glossy Filter Amount

このパラメータは、ゼロ以外の値に設定すると、環境マップのレンダラー制御フィルタが有効になり、環境光の光沢のある反射に高周波数のノイズがフィルタリングされます。 フィルタリング量は、サーフェスBSDFで決まるので、光沢のあるサーフェスほどフィルタリングが強くなります。 フィルタリングは、Diffuseサーフェスと鏡面反射に対しては自動的に無効になるので、それらのコンポーネントのレンダリングの精度は保持されます。 この設定をゼロ以外の値にすると、平均的な光沢のあるハイライトが変わって、レンダリングでバイアスが起こります。

Portal Geometry

閉じたシーン内の環境光のサンプリングの最適化に使用するジオメトリオブジェクトを指定します。 サンプリングアルゴリズムが照明で実際にピクセルに寄与する環境光の一部に集中するように、Portal Geometryは、閉じたシーンに光を入れる場所をレンダラーに伝えます。 通常では、Portal Geometryには、シーンに影を落とさないように、そしてシーンの任意のポイントから見える1枚レイヤーのサーフェスのみを持つ(つまり、照明が乗算でカウントされない)ように、レンダリングしないジオメトリオブジェクトを指定します。

正しく設定したPortal Geometryは、Portal Geometryが無効な時と同じレンダリング結果を生成しますが、ノイズが少ないです。 Portal Geometryは通常では、環境マップが完全に見えている屋外でのシーンや、環境マップに鮮明なIntensityの変化が含まれている時は使いません。 その理由は、それらの場合、標準の直接照明アルゴリズムの方が良い結果が出るからです。

Portal Geometryを定義した環境光の使用は、物理的に正しい減衰で、Intensityの正規化がなく、このオブジェクトへのトランスフォームの有効化を設定した標準のジオメトリライトの作成と同等です。

Ray Distance

Irradiance/Occulusionを考慮するジオメトリのサンプルポイントからの最大距離。

Sampling Angle

Irradiance/Occulusionで光線を送信する2分の1の角度。90度なら完全に半球になります。

Adaptive Sampling

サンプルポイントよりも上のOcculusionの変化がほとんどない時に、サンプル数を減らす自動最適化をオンにします。 これは、チラツキやノイズが起こりえますがパフォーマンスが改善されます。 最適なサンプリングは、64以上のサンプルでのみ効果があります。

Sky Environment Map

ライトに自動的に“空と大地”の環境マップを作成するオプションです。

Enable Sky Environment Map

自動的に“sky and ground”環境マップを作成します。このパラメータをオンにすると、 Environment Map パラメータ( Environment タブ)は無効になります。

Resolution

環境マップの解像度(立方体の面毎のピクセル)。

このタブの他のパラメータは、Sky Environment Mapコンポジットノードのパラメータと同じです。

Direction

計算する方向のタイプ。 Away from Sun または Towards the Sun のどれか。

Calculated Vector

太陽の方向ベクトル。

Calculated Rotate

-Z軸を Calculated Vector に揃えるオイラー回転角度。

Shadow

Shadow Type

None

このライトで影を落としません。

Ray-Traced Shadows

レイトレースを使って、この光源から影を計算します。

Shadow Mask

光源で塞ぐオブジェクトのマスク。レイトレースシャドウを使用した時、これらのオブジェクトのみがシャドウレイで交差します。デプスマップシャドウを使用した時、これらのオブジェクトのみがデプスマップに表示されます。

Note

shadowcategoriesレンダリングパラメータを追加すれば、カテゴリを使用することができます。

Shadow Intensity

ライトを塞ぐ量をスケーリングします。Shadow Intensityを下げることで、すべてのライトを塞がなくなり、いくつか照明することができます。

Transparent Shadows

このオプションをオンにすると、オクルーダーのサーフェスシェーダを評価して、不透明度を決めます。デプスマップシャドウを使用する時に、このオプションをオンにすることで、ディープシャドウマップが使われます。

Examples

PortalBox Example for Environment Light object node

このサンプルでは、窓の形状を使って、ポータルライトを作成する方法を説明しています。 ボックスをモデリングして、窓と壁の2つのSOPに分割しています。 環境光のPortal Geometryパラメータに窓を指定して、壁をレンダリングします。 Portal Geometryパラメータをオン・オフして、Render Viewでのレンダリング品質の違いを確認してみてください。

オブジェクトノード

  • Agent Cam

    カメラを作成してそれを群衆エージェントに取り付けます。

  • Alembic Archive

    Alembicシーンアーカイブ(.abc)からオブジェクトをオブジェクトレベルにロードします。

  • Alembic Xform

    Alembicシーンアーカイブ(.abc)のオブジェクトからトランスフォームのみをロードします。

  • Ambient Light

    無指向性の一定レベルのライトをシーン内(またはライトのマスク内)のすべてのサーフェスに追加します。

  • Auto Bone Chain Interface

    Auto Bone Chain Interfaceは、RiggingシェルフのIK from ObjectsツールとIK from Bonesツールで作成されます。

  • Blend

    複数入力オブジェクトのトランスフォーメーションを切替またはブレンドします。

  • Blend Sticky

    2つ以上のStickyオブジェクトのトランスフォーム間をブレンドしてトランスフォームを計算することで、ポリゴンサーフェス上の位置をブレンドすることができます。

  • Bone

    ボーンオブジェクトは手/足/腕のようなオブジェクトの階層を作成します。

  • Camera

    カメラからシーンを見て、その視点でレンダリングできます。

  • DOP Network

    ダイナミックシミュレーションを格納します。

  • Environment Light

    環境光はシーンの外部から背景照明を用意します。

  • Extract Transform

    2つのジオメトリの点の差分から変位量を取得します。

  • Fetch

    他のオブジェクトのトランスフォームをコピーして変位量を取得します。

  • Formation Crowd Example

    変化する編成のセットアップを説明した群衆サンプル

  • Fuzzy Logic Obstacle Avoidance Example

    このサンプルは、ファジィ論理コントローラにより実装されたエージェントの障害回避とパスの追従を示しています。

  • Fuzzy Logic State Transition Example

    このサンプルは、ファジィネットワークセットアップでステートのトランジション(遷移)がトリガーされる群衆のセットアップを示しています。

  • Geometry

    モデルを定義するジオメトリオペレータ(SOP)を格納します。

  • Groom Merge

    複数オブジェクトのグルームデータを1つのデータに結合します。

  • Guide Deform

    アニメーションスキンを使ってグルーミングカーブを動かします。

  • Guide Groom

    スキンジオメトリからガイドカーブを生成し、このノードに含まれている編集可能なSOPネットワークを使って、それらのカーブに対して細かい処理をします。

  • Guide Simulate

    入力ガイドに対して物理シミュレーションを実行します。

  • Hair Card Generate

    密集したヘアーカーブを、そのグルームのスタイルと形状を維持しつつポリゴンカードに変換します。

  • Hair Card Texture Example

    ヘアーカード用テクスチャの作成方法を示したサンプル。

  • Hair Generate

    スキンジオメトリとガイドカーブからヘアーを生成します。

  • Handle

    ボーンを制御するIKツールです。

  • Indirect Light

    間接光はシーン内の他のオブジェクトから反射した照明を生成します。

  • Instance

    インスタンスオブジェクトは他のジオメトリ、ライト、サブネットワークでさえもインスタンス化します。

  • LOP Import

    LOPノード内のUSDプリミティブからトランスフォームデータを取り込みます。

  • LOP Import Camera

    LOPノードからUSD Camera Primを取り込みます。

  • Labs Fire Presets

    たいまつや小さい炎や1メートル級のサイズまでの色々なサイズのプリセットを使って、迅速に炎のシミュレーションを生成してレンダリングします。

  • Labs Impostor Camera Rig

    このOBJは、Impostor Texture ROPで使用するカメラリグをセットアップします。

  • Labs LOD Hierarchy

    LOD階層を作成してFBXとしてエクスポートします。

  • Light

    シーン内の他のオブジェクトに光を当てます。

  • Light template

    組み込みレンダリングプロパティがない非常に限られたライトです。これは、ユーザ自身で必要なプロパティを選択して独自のライトを作成するときのみ使います。

  • Microphone

    Spatial Audio CHOP用にリスニングポイントを指定します。

  • Mocap Acclaim

    Acclaimモーションキャプチャーをインポートします。

  • Mocap Biped 1

    モーションキャプチャーアニメーションが設定された男性キャラクタ。

  • Mocap Biped 2

    モーションキャプチャーアニメーションが設定された男性キャラクタ。

  • Mocap Biped 3

    モーションキャプチャーアニメーションが設定された男性キャラクタ。

  • Null

    シーンの位置決め、通常は親子関係を設定するのに使います。このオブジェクトはレンダリングされません。

  • Path

    方向付き曲線(パス)を作成します。

  • PathCV

    Pathオブジェクトを使って制御頂点を作成します。

  • Python Script

    Python Scriptオブジェクトは、モデリングしたオブジェクトを定義するジオメトリオペレータ(SOP)用のコンテナです。

  • Ragdoll Run Example

    単純なラグドールのセットアップを示した群衆サンプル。

  • Reference Image

    絵を定義するコンポジットノード(COP2)用コンテナ。

  • Rivet

    オブジェクトサーフェスに鋲を作成します。通常は親子関係を設定するのに使用します。

  • Simple Biped

    フルコントロール付きのシンプルで効率的なアニメーションリグ。

  • Simple Female

    フルコントロールを備えたシンプルで能率的な女性キャラクタアニメーションのリグ。

  • Simple Male

    フルコントロールを備えたシンプルで能率的な男性キャラクタアニメーションのリグ

  • Sound

    Spatial Audio CHOPで使う音声放出ポイントを定義します。

  • Stadium Crowds Example

    スタジアムのセットアップ方法を示した群衆サンプル。

  • Stereo Camera Rig

    シーン内のゼロ視差設定平面と軸違いレンズ間の距離を制御するパラメータを用意しています。

  • Stereo Camera Template

    デジタルアセットとしてより機能的なステレオカメラリグが構築できる機能を提供しています。

  • Sticky

    サーフェスのUVに基づいて粘着オブジェクトを作成します。通常は親子関係を設定するのに使用します。

  • Street Crowd Example

    2つのエージェントグループを使ったストリートのセットアップを示した群衆サンプル。

  • Subnet

    オブジェクト用のコンテナです。

  • Switcher

    他のカメラからのビューに切り替えます。

  • Toon Character

    アニメーションが用意されたトゥーンキャラクタ。

  • Top Network

    TOP Network Objectには、タスクを実行するノードが含まれています。

  • VR Camera

    VR画像のレンダリングに対応したカメラ。

  • Viewport Isolator

    ビューポート毎に独立した制御が選択できるPython Script HDA。

  • glTF

  • オブジェクトノード

    オブジェクトノードはシーン内で、キャラクタ、ジオメトリオブジェクト、ライト、カメラなどのオブジェクトを表示します。

  • 共通オブジェクトパラメータ

    共通オブジェクトパラメータについて。