Houdini 18.5 基本

検査モード

On this page

概要

3Dビューの左側にあるツールボックスで Inspectionモードをオンにすることができます。 Inspectionモードがオンの時、Houdiniは、マウスカーソル下の情報を小さいウィンドウで表示します。

Inspectionモードは、(オブジェクトとジオメトリのネットワークに対しては)3Dビュー、レンダービュー、コンポジットビューで動作します。

Tips

  • そのアイコンの右クリックメニューのオプションを使用することで、Houdiniが表示する情報を選択することができます。

  • Inspectionモードは、レンダリング内で何のオブジェクトが特定のピクセルを生成したのかを調べるのに役立ちます。

  • Viewツール(例えば、Spaceを押したまま)に切り替えると、Houdiniはその情報ウィンドウを一時的に非表示にします。

  • Inspectionツールが非常に遅すぎる場合は、そのオプションの Magnify Area Under Cursor をオフにしてみてください。

オプション

Inspectionモードアイコンを右クリックすると、オプションメニューが表示されます。

Magnify Area Under Cursor

マウスカーソル下の領域を虫眼鏡で表示します。

Inspect Objects

マウスカーソル下のオブジェクトに関する情報を表示します。

Show Bound Info

オブジェクトの表示ジオメトリの境界ボックスを表示します。

Show Bundle/Group Membership

オブジェクトが属しているグループとバンドルすべてを表示します。

Show Python Script Output

カスタムPythonスクリプト($HOUDINI_SCRIPT_PATH/scene/inspect_object.py)の出力を表示します。

Inspect Primitives

マウスカーソル下のプリミティブに関する情報を表示します。

Show Group Membership

プリミティブが属しているプリミティブグループすべてを表示します。

Show Intrinsics

プリミティブ内のIntrinsic(組み込み)アトリビュートすべてを表示します。

Show Material Assignment

プリミティブレベルのマテリアルの割り当てが存在すれば、それを表示します。

Show Python Script Output

カスタムPythonスクリプト($HOUDINI_SCRIPT_PATH/scene/inspect_prim.py)の出力を表示します。

Inspect Pixels

rawフレームバッファのピクセル値に関する情報を表示します。

基本

はじめよう

次のステップ

カスタマイズ

導師レベル