Houdini 18.5 基本

Houdiniユーザインターフェース

On this page

概要

1. メインメニュー

上部にあるメインメニューは常に同じで、ファイルのインポートやレンダリングの管理などのよく使う機能に迅速にアクセスすることができます。

2. シェルフ

シェルフには、シーンビューでインタラクティブに作業するための便利なツールがたくさん並んでいます。迅速にアクセスするために、ここに独自のスクリプトツールを作成することができます。

3. 3Dシーンビュー

Scene Viewペインは、現在のシーンファイルの3D表現を表示します。シェーディングスタイルを変更したり、表示品質を増減することができます。このペインの上部にあるコントロールで、ビューポートのレイアウトとシェーディングスタイルを変更することができます。

4. ツールボックス

ツールボックスには、選択、移動、回転、スケール、さらに検査モードスナップなどの非常によく使用するツールが集まっています。

5. オペレーションツールバー

シーンビューの上部にあるツールバーには、現在選択されているノードで重要なコントロールが表示されます。パラメータエディタを最小化したビューで作業をする時に、これらのコントロールを使用します。

6. ディスプレイオプション

ビューの右側にあるアイコンボタンは、よく使用する表示オプションに迅速にアクセスすることができます。このツールバーの Display Optionsボタンをクリックすると、すべての表示オプションのウィンドウが開きます。

7. パラメータエディタ

このペインでは、現在選択されているノードのパラメータを編集して、そのノードの挙動を変更することができます。

8. ネットワークエディタ

このペインでは、現在のネットワーク内のノードを表示します。ノードを作成したり、ノードを選択してパラメータエディタでそのパラメータを見たり、ノードを接続することができます。

9. プレイバー

プレイバーには、再生コントロールと タイムライン があります。ここでは、アニメーションフレームをスクラブさせたり、どのフレームにキーが打たれているのか確認することができます。

10. ヘルプボタンとテイクコントロール

ヘルプボタンをクリックすると、サイドペインにオンラインヘルプブラウザが開きます。これは、Houdiniで作業を続けたままヘルプを見るのに非常に便利です。テイクコントロールに関する情報は、テイクのページを参照してください。

11. ステータスライン

メインウィンドウの下部にあるラインに、あなたが作業している時の状態と進捗更新情報を表示します。

12. クックコントロール

これらのコントロールは、シーンが非常に複雑で更新が遅い時にシーンビューの自動更新を無効にします。詳細は、クッキングを参照してください。

Houdiniでの作業

Houdiniには、操作性を補助する方法が主に2つあります:

初心者は、おそらく最初にシェルフツールだけを使用した方が快適で、ユーザの中には、独自のノードをまったく作成する必要がない人(例えば、キャラクタアニメータ)がいます。 とはいえ、モデリングやエフェクトの仕事では、Houdiniを最大限に利用するには、通常では、この2つのスタイルを場合によって切り換える必要があります。 ネットワークを作り始めたり変更するのが簡単なシェルフツールを使用することが多く、また、より複雑なネットワークを作成するには、ノードを追加したりノードを編集します。

ツールボックス

ツールボックスは、シーンビューの左側にあります。 ここには、選択、トランスフォーム、ビューイング、レンダリングのツール、さらにはスナップオプションとレンダリングを開始するためのメニューがあります。

選択ツール は、シーンビュー内でオブジェクトやコンポーネントを選択することができます。オブジェクトとコンポーネントの選択を参照してください。

移動、回転、スケールのツールは、ビューア内でハンドルを使って選択をトランスフォームさせることができます。

Poseツールは、キャラクタリグを制御するための特別なオプションを使って選択をトランスフォームします。

Handlesツールは、現行ノードのノード固有のハンドルを表示します。ビューア内でEnterを押すことでHandlesツールに切り替えることもできます。

スナップトグルは、グリッド、カーブ、ポイントへのスナップと複数スナップのオン/オフをすることができます。詳細は、スナッピングを参照してください。

ビューツールは、ビューをトラック、タンプル、ドリーすることができます。このツールを直接選択しなくても、通常ではSpaceを押したままにすれば、作業中に一時的にこのモードにすることができます。

レンダリング領域ツールは、ビューの一部を矩形で描画して、その部分をレンダリングすることができます。このレンダリングは、作業していると自動的に更新されます。

検査モードをオンにすることで、マウスカーソル下のものに関する追加情報をマウスカーソル付近にフローティングウィンドウで表示することができます。 これは、Render Viewなどの画像ビューで特に役に立ちます。

フリップブックボタンは、ビューアでの再生をアニメーションとしてキャプチャーすることができます。詳細は、フリップブックを参照してください。

Renderメニューボタンは、簡単にウィンドウにレンダリングすることができます。このボタンは、古いバージョンのHoudiniの頃の時と比べてあまり役に立ちません。その理由は、今ではRender Viewを使用してレンダリング結果をプレビューすることができ、 Render メニュー(メインメニュー内)を使用して最終レンダーをセットアップして起動させることができるからです。

オペレーションコントロールツールバー

シェルフ上のツールを使用したり、ネットワークエディタでノードを選択した時、そのノードの最も重要なパラメータが3Dシーンビューの上部のツールバーに表示されます。 それらのコントロールは、パラメータエディタが非表示の時でも、そのツール/ノードの操作を修正することができます。 そのツールバーの端にあるヘルプボタンをクリックすると、現在のノードのヘルプを表示することもできます。

基本

はじめよう

次のステップ

カスタマイズ

導師レベル