Houdini 19.0 リファレンス スタンドアローンのユーティリティ

hotl utility

Command line utility to work with .hda/.otl files.

On this page

Overview

About .hda files

Houdini stores digital assets in .hda files.

The .hda file format is a binary archive format which stores a hierarchy of data about one or more assets, including the asset’s node type definition, metadata, shelf tools associated with the node type, and binary blobs (called “sections” or “extra files”), such as Help files, icons, and textures.

(.otl (operator type library) is the old extension for these files, which still works. You may still have files with this extension in your path. The new “official” extension is .hda (Houdini digital asset). For backwards compatibility, these files are still located in an otls directory on the Houdini path.)

In general we recommend that you store one asset (node type) per .hda file. This allows maximum flexibility for you to install one asset and not another. It also makes it easy to see which assets are/will be installed by what files are on the path. However, an .hda file can contain any number of assets. This can also be useful, for example to share a library of all the necessary assets for a studio or project as one file.

Expanded directories

Because .hda is a binary format (and not a standard format like .zip), it’s hard to get information about the contents just by looking at the file. This utility lets you pull information out of the archive file into forms that are easier to work with. It can print metadata from an .hda file, merge existing libraries, or convert .hda files into an “expanded” directory form.

An “expanded” asset library contains files with metadata about the library itself, and separate subdirectories for each asset in the library. The subdirectories contain files with asset metadata, the node definition, and the contents of sections (“extra files”).

You can install assets from an expanded directory directly in Houdini (without having to convert back to an .hda file first) if the directory is in HOUDINI_PATH/otls with an .hda or .otl extension.

The expanded directory format is useful for the following:

  • Storing asset definitions in version control. Since most of the contents of a library expand to plain text, version control systems can show changes to the asset as diffs.

  • Making batch and/or scripted changes to assets.

For example, a studio could implement the following custom asset workflow:

  • Asset authors save assets in expanded format. The expanded assets are tracked with version control.

  • Test scripts can check the contents of the saved assets by inspecting the expanded files, without needing to run Houdini.

  • A script could using this -m or -M options to merge all the expanded “source” assets to a .hda file of all the studio’s custom assets to share with users.

Tips and notes

  • Remember that the expand/collapse usages always have the directory first and the .hda file second. This may be the opposite of what you might expect in the expand case.

  • You can also merge libraries, convert .hda files to unpacked directories, and unpacked directories to .hda files, in Houdini’s Asset Manager user interface.

    In Houdini’s main menus, choose Assets ▸ Asset Manager. Right-click an asset library in the list of installed libraries and choose Convert to unpacked format (or Convert to packed format).

    This converts the files/directories “in place” (that is, it replaces a file with an expanded directory with the same name, or a directory with an .hda extension with a file).

  • The three expansion options (-x, -X, or -t) treat the binary node definition contents differently. You need to use the corresponding option (-c, -C, or -l respectively) to “collapse” the resulting directories back into a file.

    If you don’t know how a particular directory was expanded, you can look for the presence or absence of two files.

    • If a subdirectory contains Contents.gz, the directory was expanded with -x, and you can collapse it with -X.

    • If a subdirectory contains Contents.mime, the directory was expanded with -t, and you can collapse it with -l.

    • Otherwise, the directory was expanded with -X, and you can collapse it with -C.

General arguments

-h

Prints the help information.

-a

When used with an option that writes an .hda file, this sets the contents of the file’s Author field. If you don’t supply this argument, the command uses your username.

Printing info

hotl [-B|-V] testgeo.hda

Prints out metadata about the node types in the library (referred to as “operators” in the output). For example:

Operator type library: testgeo.hda
Operator:     mygeo
Label:        My Geo
Path:         oplib:/Object/mygeo?Object/mygeo
Icon:         OBJ_geo
Table:        Object
License:
Extra:
User:
Inputs:       0 to 0
Subnet:       false
Python:       false
Empty:        false
Modified:     Mon Jul 12 13:21:01 2021

If the file contains multiple node types, it prints the fields of each node type separated by a blank line.

You can use the following options to modify the output:

-B

Prints only the full name of each node type, instead of each asset’s metadata.

For example:

Object/mygeo
Object/testgeo

This can be useful for listing all the available assets in a file without needing to run Houdini, such as in a test script or asset management system.

-V

As part of printing each asset’s metadata, prints the names of the sections (extra files) associated with the asset. For example:

Operator type library: testgeo.hda
Operator:     mygeo
Label:        My Geo
Path:         oplib:/Object/mygeo?Object/mygeo
Icon:         OBJ_geo
Table:        Object
License:
Extra:
User:
Inputs:       0 to 0
Subnet:       false
Python:       false
Empty:        false
Modified:     Mon Jul 12 13:21:01 2021
Sections:
        DialogScript
        CreateScript
        TypePropertiesOptions
        Help
        Tools.shelf
        ExtraFileOptions
        InternalFileOptions
        Contents.gz

This can be useful for finding assets that have (or don’t have) a certain section.

Convert an .hda file to a directory of files

hotl -x|-X|-t directory hdafile

Expands the contents of the hdafile into a tree of files under directory.

The different options control how the node definition is expanded.

-x

Expand the metadata and sections for each asset into separate subdirectories, but do not expand the node definition data. The node definition data is kept in a compressed Contents.gz file in each asset subdirectory.

-X

Expand the metadata and sections for each asset into separate subdirectories, and decompresses the node definition files into a Contents.dir subdirectory instead of leaving them in them Contents.gz archive.

This option saves binary sections of the node definition into separate files. Contrast with -t below.

-t

Expand the metadata and sections for each asset into separate subdirectories, and expands the node definition files into a Contents.dir subdirectory.

This option saves binary sections of the node definition into a single MIME-encoded Contents.mime file.

Tip

This option may be better for storing asset libraries in version control systems (such a Subversion and Git). The raw node definition files produced by -X can look like text but actually contain arbitrary binary data, which may confuse version control systems.

If you use -t, you can pass an additional option:

-p

Include timestamps (saved inside the .hda file) for each section in the MIME file.

Convert an expanded directory back into an .hda file

hotl -C|-C|-l [-b] directory hdafile

Combines the files under the directory into a new archive hdafile.

The different options for collapsing a directory correspond to how the directory was originally expanded (see above).

-c

The opposite of -x. Looks for a Contents.gz file in each asset’s subdirectory, and uses that as the node definition.

-C

The opposite of -X. Looks for individual files in a Contents.dir directory in each asset’s subdirectory, and combines them into the node definition.

-l

The opposite of -t. Looks for individual files in a Contents.dir directory with a Contents.mime file containing the binary sections.

When collapsing a directory into a file, you can also use the following option:

-b

Create a backup copy of the output .hda file.

Merge asset libraries

hotl <-m|-M> [-e] source_hda... dest_hda

Copies the contents of one or more “source” libraries into the “destination” library. Each “library” can be an .hda file or expanded directory.

The different options control how to merge node types with the same name:

-m

Keeps node types with duplicate names. When installed in Houdini, one of the node types will override the other, based on Houdini’s asset name resolution rules.

-M

Node type definitions from later “source” files overwrite node types with the same name from earlier source files.

You can also use the following options:

-e

Do not copy over empty shelf tools sections.

--chmod arg

After merging, change the file permissions on the destination file (in UNIX).

スタンドアローンのユーティリティ

  • abcconvert

    Alembicフォーマット間を変換します。

  • abcecho

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • abcinfo

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • chchan

    チャンネルコレクションをアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • chcp

    チャンネルコレクションファイルを他のフォーマットにコピーします。

  • chinfo

    チャンネルコレクションファイルに関する情報を出力します。

  • claudio

    CHOPデータ(clip)をオーディオフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchan

    CHOPデータ(clip)をアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchn

    CHOPデータ(clip)をチャンネルコレクションフォーマットへ(から)コピーします。

  • clcp

    CHOPデータ(clip)を他のフォーマットにコピーします。

  • clinfo

    CHOPデータ(clip)ファイルに関する情報を出力します。

  • dsmconvert

    ディープシャドウ/カメラマップをあるフォーマットから別のフォーマットへ変換します。

  • dsmmerge

    2つ以上のディープシャドウ/カメラマップファイルを結合します。

  • dsparse

    ダイアログスクリプトを解析して表示します。

  • gabc

    AlembicとHoudiniのジオメトリ間を変換します。

  • gconvert

    Houdiniポリゴンフォーマット間を変換します。

  • gdxf

    DXFポリゴンをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • geodiff

    ジオメトリの差分を表示します。

  • geps

    EPSファイルをHoudiniポリゴンフォーマットへ変換します。

  • giges

    IGESジオメトリファイルを変換します。トリムNURBSパッチとカーブを扱います。

  • ginfo

    ポリゴンファイルの統計情報を出力します。

  • glightwave

    LightWaveファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • gpdb

    .pdbファイルとHoudiniフォーマットを双方向に変換します。

  • gplay

    ジオメトリビューア。

  • gply

    .plyファイルとHoudiniフォーマットを双方向に変換します。

  • gptex

    ジオメトリファイルからPtexture画像ファイルを作成します。

  • greduce

    ファイルのポリゴンを削減します。

  • gwavefront

    .objファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • hbrickmap

    i3dファイルまたはボリュームプリミティブgeo/bgeoファイルをPixar Brickmapファイルに変換します。

  • hcollapse

    ディレクトリ構造を折り畳みます。

  • hcpio

    CPIOアーカイブコマンドのサブセットコマンドでhipファイルの抽出/折り畳みができます。

  • hexpand

    hipファイルをディレクトリ構造に展開します。

  • hkey / License Administrator

    ライセンスとライセンスサーバーオプションを表示/管理するためのグラフィカルユーザインターフェースを開きます。

  • hotl utility

    Command line utility to work with .hda/.otl files.

  • hrender

  • hsc

    Bloscファイル(.sc)の圧縮または解凍をします。

  • hscript

    コマンドラインのHScriptインタプリタ。

  • hserver

    Houdiniは、このプロキシサーバーを介してsesinetdライセンスデーモンと通信します。

  • husk

    Karmaまたは一部の他のHydraクライアントを使ってUSDファイルをレンダリングするためのコマンドラインユーティリティ。

  • i3dconvert

    3DテクスチャファイルフォーマットをHoudiniジオメトリへ(から)変換します。

  • iautocrop

    ピクセル値に基づいて画像をクロップします。

  • icineon

    10ビットCineonフォーマット画像を8ビットフォーマットへ変換します。

  • icomposite

    画像をレイヤーでコンポジットします。

  • iconvert

    画像フォーマットを変換します。

  • icp

    画像のある領域を新しい画像に分離します。

  • idenoise

    画像ファイルからノイズを除去します。

  • idiff

    画像の差分を表示します。

  • iflip

    画像の向きを反転します。

  • iinfo

    画像に関する情報を出力します。

  • ilut

    標準チャンネルフォーマットまたは他のLUTからLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutcomp

    2つのLUTから1つのLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutinfo

    Lookup Table(LUT)ファイルの情報をプリントします。

  • imaketx

    画像ファイルから.exrまたは.ratのmipmapテクスチャを生成します。

  • imdisplay

    画像をMPlayウィンドウで開きます。

  • iprint

    画像のRGBA値をテキストとして出力します。

  • iquantize

    画像の色数を減らします。

  • isixpack

    立方体の6面を意味する6枚の画像または十字展開した画像から環境/反射マップを生成します。

  • itilestitch

    クロップウィンドウを含んだ一連の画像ファイルを一枚の画像にまとめます。

  • izg

    Z深度画像を8ビットのグレースケールに変換します。

  • Launcher

    Houdini Launcherは、Houdiniとそのコンポーネントをダウンロード、インストール、アップグレード、アンインストールします。

  • mcacclaim

    AcclaimモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcbiovision

    BioVisionモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcmotanal

    Motion Analysis TRCモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcp

    画像シーケンスを動画ファイルに変換します。

  • minfo

    動画ファイルに関する情報を出力します。

  • mqserver

    PDG/TOPs用メッセージキューサーバー

  • py23convert

    Convert Python 2 expressions in HDAs to Python 2/3.

  • sesictrl

    コマンドラインからHoudiniライセンスサーバーオプションを設定します。

  • sesinetd

    Houdiniライセンスサーバー。このプログラムはバックグラウンドで実行されてHoudiniライセンスを管理します。

  • siminfo

    シミュレーションキャッシュファイルの統計をプリントします。

  • spiff

    テキストの差分を表示します。

  • spy

    UNIXファイルシステムを操作するシェルユーティリティ。

  • vexcache

    VEXコンパイルキャッシュを照会または編集します。

  • vexexec

    CVEXシェーダを実行します。