On this page

概要

vexexec [-j nthreads] [-p nproc] [-t] [-v list] [-V verbose] [-A precision] <program.vex> <program arguments> ... 

説明

vexexecは、コマンドラインでCVEXシェーダを実行します。これはHoudiniや他の負荷が高いコンテキストを起動することなく、例えばprintf関数などの単純なVEXコードをデバッグするのに使います。

-jオプションには、走らせるCPUスレッドの数を指定します。

-pオプションでは、シェーダが実行するVEX配列のサイズを指定します(デフォルトでは、シェーダはスカラープログラムとして実行されます。つまり、デフォルトが1です。)。 -pの値を大きくするほど、より大きな配列サイズでプログラムの挙動のテストや実行をすることができます。 つまり、HoudiniとMantraでより多くのシェーダを実行できることを意味します。 例えば、VOP SOPをジオメトリ内のポイントの数と同等の配列サイズにします。

-tオプションは、VEXを実行するタイミングを有効にします。

-vオプションには、バインドする追加入力をカンマ区切りのリストで指定します。

-VオプションにはVEXを実行した時の詳細レベルを指定します。-Vオプションの引数は、以下の引数を組み合わせることができます:

  • 0:

    詳細レベルを0に設定します。

  • 1:

    詳細レベルを1に設定します。

  • 2:

    詳細レベルを2に設定します。

  • c:

    ログメッセージにカラーを付けることができます(デフォルト)。

  • C:

    ログメッセージのカラーを無効にします。

  • t:

    ログメッセージにタイムスタンプを付けることができます(デフォルト)。

  • T:

    ログメッセージのタイムスタンプを無効にします。

  • p:

    VEXプロファイリングを有効にします。

  • P:

    VEXプロファイリングとNAN検出を有効にします。

例:

  • -V 2PC:

    詳細レベルを2に設定し、VEXプロファイリングとNA検出を実行し、ログメッセージのカラーを無効にします。

-Aオプションは、実行精度を設定します。デフォルトは32です。設定可能な値は、3264のみです。

バインド

vexexecで対応している事前定義シェーダのパラメータバインドが少しだけあります。これはシェーダのコンテキストを管理するために使用します。 -vコマンドラインオプションを使えば、新しいバインドを追加することができます。

int proc = 0;

現在のプロッセッサ番号。

int ival = 0;

データの現在のバッチへのオフセット。

float fval = 0;

[0,1]のランダムな浮動小数点に初期化される変化する値。

vector vval = 0;

[0,1]のランダムな浮動小数点に初期化される変化する値。

vector4 pval = 0;

[0,1]のランダムな浮動小数点に初期化される変化する値。

これらの値はシェーダを実行後にCVEXで照会されます:

export float result = 0;

浮動小数点結果。

サンプル

cvex simple(int proc = 0; export float result = 0)
{
    result = proc * proc;
    printf("proc = %g, proc^2 = %g\n", proc, result);
}

simple.vflに保存して、以下のコマンドを実行します:

vcc simple.vfl
vexexec -p3 simple.vex

出力:

proc = 0, proc^2 = 0

proc = 1, proc^2 = 1

proc = 2, proc^2 = 4

スタンドアローンのユーティリティ

  • abcconvert

    Alembicフォーマット間を変換します。

  • abcecho

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • abcinfo

    Alembicファイルに関する情報を出力します。

  • chchan

    チャンネルコレクションをアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • chcp

    チャンネルコレクションファイルを他のフォーマットにコピーします。

  • chinfo

    チャンネルコレクションファイルに関する情報を出力します。

  • claudio

    CHOPデータ(clip)をオーディオフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchan

    CHOPデータ(clip)をアクションチャンネルフォーマットへ(から)コピーします。

  • clchn

    CHOPデータ(clip)をチャンネルコレクションフォーマットへ(から)コピーします。

  • clcp

    CHOPデータ(clip)を他のフォーマットにコピーします。

  • clinfo

    CHOPデータ(clip)ファイルに関する情報を出力します。

  • dsmconvert

    ディープシャドウ/カメラマップをあるフォーマットから別のフォーマットへ変換します。

  • dsmmerge

    2つ以上のディープシャドウ/カメラマップファイルを結合します。

  • dsparse

    ダイアログスクリプトを解析して表示します。

  • gabc

    AlembicとHoudiniのジオメトリ間を変換します。

  • gconvert

    Houdiniポリゴンフォーマット間を変換します。

  • gdxf

    DXFポリゴンをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • geodiff

    ジオメトリの差分を表示します。

  • geps

    EPSファイルをHoudiniポリゴンフォーマットへ変換します。

  • giges

    IGESジオメトリファイルを変換します。トリムNURBSパッチとカーブを扱います。

  • ginfo

    ポリゴンファイルの統計情報を出力します。

  • glightwave

    LightWaveファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • gpdb

    .pdbファイルとHoudiniフォーマットを双方向に変換します。

  • gplay

    ジオメトリビューア。

  • gply

    .plyファイルとHoudiniフォーマットを双方向に変換します。

  • gptex

    ジオメトリファイルからPtexture画像ファイルを作成します。

  • greduce

    ファイルのポリゴンを削減します。

  • gwavefront

    .objファイルをHoudiniフォーマットへ(から)変換します。

  • hbrickmap

    i3dファイルまたはボリュームプリミティブgeo/bgeoファイルをPixar Brickmapファイルに変換します。

  • hcollapse

    ディレクトリ構造を折り畳みます。

  • hcpio

    CPIOアーカイブコマンドのサブセットコマンドでhipファイルの抽出/折り畳みができます。

  • hexpand

    hipファイルをディレクトリ構造に展開します。

  • hkey / License Administrator

    ライセンスとライセンスサーバーオプションを表示/管理するためのグラフィカルユーザインターフェースを開きます。

  • hrender

  • hsc

    Bloscファイル(.sc)の圧縮または解凍をします。

  • hscript

    コマンドラインのHScriptインタプリタ。

  • hserver

    Houdiniは、このプロキシサーバーを介してsesinetdライセンスデーモンと通信します。

  • husk

    Karmaまたは一部の他のHydraクライアントを使ってUSDファイルをレンダリングするためのコマンドラインユーティリティ。

  • i3dconvert

    3DテクスチャファイルフォーマットをHoudiniジオメトリへ(から)変換します。

  • iautocrop

    ピクセル値に基づいて画像をクロップします。

  • icineon

    10ビットCineonフォーマット画像を8ビットフォーマットへ変換します。

  • icomposite

    画像をレイヤーでコンポジットします。

  • iconvert

    画像フォーマットを変換します。

  • icp

    画像のある領域を新しい画像に分離します。

  • idenoise

    画像ファイルからノイズを除去します。

  • idiff

    画像の差分を表示します。

  • iflip

    画像の向きを反転します。

  • iinfo

    画像に関する情報を出力します。

  • ilut

    標準チャンネルフォーマットまたは他のLUTからLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutcomp

    2つのLUTから1つのLookup Table(.lut)を生成します。

  • ilutinfo

    Lookup Table(LUT)ファイルの情報をプリントします。

  • imaketx

    画像ファイルから.exrまたは.ratのmipmapテクスチャを生成します。

  • imdisplay

    画像をMPlayウィンドウで開きます。

  • iprint

    画像のRGBA値をテキストとして出力します。

  • iquantize

    画像の色数を減らします。

  • isixpack

    立方体の6面を意味する6枚の画像または十字展開した画像から環境/反射マップを生成します。

  • itilestitch

    クロップウィンドウを含んだ一連の画像ファイルを一枚の画像にまとめます。

  • izg

    Z深度画像を8ビットのグレースケールに変換します。

  • Launcher

    Houdini Launcherは、Houdiniとそのコンポーネントをダウンロード、インストール、アップグレード、アンインストールします。

  • mcacclaim

    AcclaimモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcbiovision

    BioVisionモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcmotanal

    Motion Analysis TRCモーションファイルをHoudiniのスクリプトとチャンネルファイルに変換します。

  • mcp

    画像シーケンスを動画ファイルに変換します。

  • minfo

    動画ファイルに関する情報を出力します。

  • mqserver

    PDG/TOPs用メッセージキューサーバー

  • sesictrl

    コマンドラインからHoudiniライセンスサーバーオプションを設定します。

  • sesinetd

    Houdiniライセンスサーバー。このプログラムはバックグラウンドで実行されてHoudiniライセンスを管理します。

  • siminfo

    シミュレーションキャッシュファイルの統計をプリントします。

  • spiff

    テキストの差分を表示します。

  • spy

    UNIXファイルシステムを操作するシェルユーティリティ。

  • vexcache

    VEXコンパイルキャッシュを照会または編集します。

  • vexexec

    CVEXシェーダを実行します。