Houdini 19.0 PDG/TOPsを使ってタスクを実行する方法 pdg

pdg.attribFlag module

ワークアイテムアトリビュートのフラグの列挙値。

この列挙には、pdg.WorkItemアトリビュートに格納されるフラグメタデータに対応したタイプが含まれています。

pdg.attribFlag.NoFlags

アトリビュートにフラグを設定しません。

pdg.attribFlag.All

アトリビュートにすべてのフラグを設定します。

pdg.attribFlag.NoCopy

下流ワークアイテムにコピーしないことをアトリビュートにマークします。

pdg.attribFlag.EnvExport

ワークアイテムがプロセス外で実行された時にアトリビュート値が環境変数にエクスポートされます。

pdg.attribFlag.ReadOnly

アトリビュート値が読み込み専用で変更不可です。

pdg.attribFlag.Internal

アトリビュートがPDGで作成されたビルトインです。

pdg.attribFlag.Operator

アトリビュートはオペレータパスを参照します。

pdg.attribFlag.Transfer

アトリビュートは、ワークアイテムがクックされた時にリモートのスケジューラディレクトリに転送すべきファイルパスを参照します。

pdg.attribFlag.Dependent

アトリビュートが同じノード内の内部依存(これらの内部依存がそれと同じアトリビュートの値をまだ持っていない場合)にコピーされます。

pdg.attribFlag.NoDirty

アトリビュートは、ワークアイテムの再生成中にアトリビュート値が変更されてもワークアイテムをDirty(変更あり)にしません。 アトリビュートは、他のアトリビュートまたはワークアイテムIntrinsicsを追加/削除または変更すると、ワークアイテムをDirty(変更あり)にします。

pdg.attribFlag.InputFile

The attribute refers to a file that should be treated as an extra input to the work item. If the file changes on disk between cooks, then any cached outputs for the work item are also invalidated.

pdg

attributes

  • pdg.AttributeFile

    ファイル配列のワークアイテムアトリビュート。

  • pdg.AttributeFloat

    浮動小数点配列のワークアイテムアトリビュート。

  • pdg.AttributeInt

    整数配列のワークアイテムアトリビュート。

  • pdg.AttributePattern

    アトリビュート名をパターンにマッチングさせるユーティリティ。

  • pdg.AttributePyObject

    Pythonオブジェクトのワークアイテムアトリビュート。

  • pdg.AttributeString

    文字列配列のワークアイテムアトリビュート。

  • pdg.BasePattern

    pdg.AttributePatternとpdg.ValuePatternの基本クラス。

  • pdg.File

    パスと関連メタデータを持ったファイルオブジェクト。

  • pdg.ValuePattern

    値のマッチングまたは値の配列を生成するためのユーティリティ。

  • pdg.attribErrorLevel

    アトリビュートをワークアイテムに追加した時のエラー処理オプションの列挙値。

  • pdg.attribFlag

    ワークアイテムアトリビュートのフラグの列挙値。

  • pdg.attribMatchType

    デフォルトのアトリビュートパターンマッチタイプの列挙値。

  • pdg.attribMergeType

    The enumeration of different merge operations that can be applied to attributes

  • pdg.attribOverwrite

    ワークアイテムアトリビュートの上書きオプションの列挙値。

  • pdg.attribType

    ワークアイテムアトリビュートのタイプの列挙値。

cooking

  • pdg.CookOptions

    クックオプション用コンテナ。

  • pdg.EvaluationOptions

    グラフ評価オプション用のコンテナ。

  • pdg.cacheMode

    プロセッサ系ノードで利用可能なファイルキャッシュモードの列挙値。

  • pdg.cookType

    指定可能なクックモードの列挙値。

  • pdg.generateWhen

    プロセッサ系ノードが対応しているワークアイテム生成モードの列挙値。

  • pdg.regenerateReason

    クック中にノードがワークアイテムを再生成する理由の列挙値。

data

  • pdg.dataType

    PDGデータタイプの列挙値。

  • pdg.generationType

    Generate系コールバックで実行されるワークアイテム生成のタイプ。

events

  • pdg.Event

    グラフが走っている間に発生したイベントを表現します。

  • pdg.EventEmitter

    イベントを発行することができるオブジェクトの基本クラス。

  • pdg.EventHandler

    ノードまたはグラフに追加されたハンドラー関数を表現します。

  • pdg.EventType

    pdg.Eventのタイプ。

exceptions

  • pdg.AttribError

    ワークアイテムアトリビュートにアクセスした際にエラーが発生した時に引き起こす一般的な例外。

  • pdg.CookError

    グラフを走らせてエラーが発生した時の汎用的な例外。

  • pdg.ServiceError

    PDG Service Managerの処理中にエラーが発生した時に引き起こされる汎用例外。

expressions

  • pdg.EvaluationContext

    スレッドローカル評価コンテキストに作用するグローバル関数を含んだモジュール。

internal

  • pdg.MemoryInfo

    ノードとそのワークアイテムに関するメモリ情報。

nodes

  • pdg.Dependency

    ノードの外部依存関係を表現します。

  • pdg.FeedbackBegin

    フィードバックループの開始ブロック用のディペンデンシーグラフプロセッサノードのサブクラス。

  • pdg.FileDependency

    ノードの外部ファイルへの依存性を表現します。

  • pdg.Graph

    GraphContextオブジェクト内のディペンデンシーグラフを表現します。

  • pdg.GraphContext

    ディペンデンシーグラフのトップレベルオブジェクト。

  • pdg.Node

    ディペンデンシーグラフノードの基本クラス。

  • pdg.NodeOptions

    pdg.Nodeインスタンスの設定に使用される要約情報。

  • pdg.Port

    PDGノードの入力、出力、パラメータ。

  • pdg.Processor

    プロセッサを表現したディペンデンシーグラフノードのサブクラス。

  • pdg.nodeSubtype

    PDGノードタイプのサブタイプ。

  • pdg.nodeType

    PDGノードの主要タイプ。

  • pdg.portType

    pdg.Portオブジェクトのタイプ。

schedulers

  • pdg.Scheduler

    Pythonで実装されたタイプを持つスケジューラオブジェクト。

  • pdg.SchedulerBase

    ディペンデンシーグラフ内のスケジューラを表現します。

  • pdg.workItemDataSource

    The ways that the scheduler can transfer work item data to remote machines

services

types

  • pdg.TransferPair

    A utility class return as the result of a custom file transfer handler

  • pdg.TypeRegistry

    カスタムノード、ワークアイテム、スケジューラタイプすべてのレジストリを含んだオブジェクト。

  • pdg.acceptResult

    onAcceptWorkItemコールバックの戻りタイプ。

  • pdg.cacheResult

    カスタムキャッシュハンドラーから返すことができるキャッシュ結果の列挙。

  • pdg.dirtyHandlerType

    設定可能なDirtyハンドラータイプの列挙。

  • pdg.language

    カスタムPDGタイプを定義する際に使用する言語の列挙値。

  • pdg.regenerateResult

    カスタムRegenerationハンドラーが返すことができる結果の列挙値。

  • pdg.registeredType

    カスタムクラスをPDGに登録する時のオブジェクトのタイプ。

  • pdg.result

    ノードコールバック実装の戻りタイプ。

  • pdg.scheduleResult

    スケジューラのonSchedulerコールバック実装の戻りタイプ。

  • pdg.tickResult

    onTickコールバックの戻りタイプ。

  • pdg.transferResult

    The enumeration of file transfers results that can be returned by a custom transfer handler

  • pdg.workItemReadyResult

    スケジューラのisWorkItemReadyコールの戻りタイプ

workitems