Houdini 19.0 リファレンス ウィンドウ

カラーエディタ

カラーエディタはカラーを選択する展開型インターフェースです。

On this page

概要

To...Do this

カラーエディタを開く

パラメータエディタで、カラーパラメータの左側にあるカラースウォッチをクリックします。

カラーホイール

ホイールからカラーを選びます。

カラーホイール上のリングをクリック

色相のみを変更します。

カラーホイール上でドラッグ

少しずつHSV値を変更します。

カラーホイール上でドラッグ

大きくHSV値を変更します。

TMIRGまたはBを押したままドラッグ

スライダの1つのみを変更します。

カラースライダ

カラースライダにより、下記のいろいろなコンポーネントモデルを使ってカラーを選択できます:TMI(温度、マゼンタ、強度)、HSV(色相、彩度、値)およびRGB(レッド、グリーン、ブルー)

TMIは、特定の映画/写真のカラー処理に便利なモデルです。例えばRGBでは、暖色を表現するのに赤を上げて青を下げ、寒色を表現するのに青を上げて赤を下げます。 TMIモデルでは、これはTemperatureのスライダで表現することができます。Intensityもカラーの“特徴”を維持したままカラーを“明るく”したり“暗く”したりすることができるので役に立ちます。

Show color presets

プリセットカラーのパレットを表示します。

Show image picker

画像カラーピッカーを表示します。

Dynamic TMI/RGB sliders

動的スライダがオフの場合、スライダの背景に表示されているカラーは、編集したカラーと同じように更新されません。

Color correction

ボタンがオフの時、インターフェース内のカラーはガンマ補正されません。

これは、 Edit ▸ Color Settings, Color Corrections タブ, Color pickers and swatches チェックボックスのショートカットです。

Pick color from screen

アイコンをクリックして、Houdiniウィンドウで任意の場所をクリックします。

Blackbody temperature

メニューから温度を選択するには、アイコンを右クリックします。正確な温度をケルビンの度単位で入力するには、アイコンをクリックして、その温度を入力します。

Secondary colors

いろいろな選択方法に基づいて、“二次”カラーの小パレットを表示できます(補色など)。これらのカラーは、現在のカラーを変更すると動的に変化します。

  • (補色などの)二次カラーを表示するには、PreviousおよびCurrentカラースウォッチで、Show secondary colorsメニューをクリックして、カラースキームを選択します。

  • 二次カラースウォッチのスライダを使用して、色の広がりを調整します。

  • 二次カラースウォッチで1つのカラーをクリックして、現在のカラーにします。

カラープリセットパレット

右上でColor presetsアイコンをクリックして、プリセットカラーのパレットに切り替えます。

To...Do this

現在のカラーをプリセットに保存する

Altまたは⌥ Optionを押しながら、パレットの四角形をクリックします。

プリセットからカラーを削除する

⌃ Ctrlを押しながら、パレットの四角形をクリックします。

画像からカラーを選択する

右上で画像カラーピッカーアイコンをクリックして、画像からカラーを選択するインターフェースに切り替えます。

表示する画像ファイルを選択します。

ディスクから画像をリロードします。

画像からカラーを選択します。

⇧ Shift +

画像の領域に長方形を描きます。長方形内の平均カラーが選択されます。

Alt +

テクスチャリファレンスのエクスプレッションを、文字通りのカラー値ではなく、編集中のパラメータにコピーします。

画像をパンします。

または

イメージをズームイン/アウトします。

ウィンドウ