Houdini 19.0 リファレンス ウィンドウ

Edit Node Gallery Entryウィンドウ

このウィンドウではノードギャラリーのエントリーを編集することができます。

このウィンドウにアクセスするには、ノードをクリックして、 Save to Gallery を選択します。Material Paletteツリーまたは Windows ▸ Gallery Manager からエントリーをダブルクリックすると、既存のギャラリーエントリーにアクセスすることもできます。

ノードギャラリーでは、特定のノードタイプの構成を事前に定義して保存することができ、例えばMaterial SHOPのギャラリーであるMaterial Paletteがそれに該当します。このダイアログではギャラリーエントリーの作成・編集が可能です。

ギャラリーエントリーをMaterial PaletteやGallery Managerから選択してネットワークエディタ(Material Paletteの場合はビューア内のジオメトリ上)へドラッグアンドドロップするとノードが新規に作成されます。

ギャラリーエントリーはノードのパラメータエディタのギアアイコンメニューを開いて既存ノードを変更することもできます。メニューには、そのノードに適用可能なギャラリーエントリーが表示されます。

パラメータ

Entry Name

ギャラリーエントリーの内部名。この名前は特定のギャラリーファイル内では固有でなければなりません。

Label

Material Palette、Gallery Manager、パラメータエディタのギアアイコンメニューで表示されるギャラリーエントリーのラベル。

Icon

ギャラリーエントリーのツリーに表示するアイコン。

Allow Icon Regeneration

アイコンを更新します。チェックボックスがオフの場合、古いサムネイルが使われ、アイコンを再生成しないように設定します。

Description

このフィールドのテキストは、Material Palette、Gallery Managerでポップアップツールチップとして表示されます。

Categories

Material Palette、Gallery Managerで分類するカテゴリ名で、カンマ(,)区切りのリストで指定します。つまり、カテゴリ名を複数持つことが可能です。

カテゴリにはスラッシュ/を含めることができます。これは、サブカテゴリの区切り文字として解釈されます。 その区切り文字の右側のサブカテゴリ名が、その左側で指定されたメインカテゴリのサブブランチとして表示されます。

Keywords

Material Paletteやツールパレットにあるキーワードポップアップメニューで、エントリーの表示を絞るのに使用するキーワードのスペースまたはカンマ(,)区切りのリスト。

Help URL

Material PaletteやGallery ManagerのエントリーでF1キーを押した時に表示されるヘルプブラウザのURL。

OTL Path

このギャラリーエントリーからノードを新規に生成する前に読み込むべきOTLファイルのパスを指定します。これは、ギャラリーエントリーが通常ではHoudiniで読み込まれないデジタルアセットを使って作成している場合に役に立ちます。

Node Category

このギャラリーエントリーで作成または修正するノードのクラス。

Node Types

オペレータタイプ名のスペースまたはカンマ(,)区切りのリストで、このギャラリーエントリーを適用するオペレータクラス内のオペレータのタイプを指定します。一般的には、オペレータタイプは1個だけ指定しますが、ワイルドカードを含めて複数指定することもできます。

複数タイプを指定すると便利な場合があります。例えば、OpenGLパラメータを含んだ非常に単純なマテリアルからギャラリーエントリーを作成した時、このギャラリーエントリーはOpenGLパラメータを持つ任意のSHOPに適用することができます。このノードのすべての他のパラメータは変わらないままです。

Node Type/Node Categoryのペアが、パラメータエディタのギアアイコンメニューで、どのギャラリーエントリーを表示するか決めます。

Set node information/Source Node

現行のHoudiniセッションの既存ノードの中から、どのノードをギャラリーエントリーに保存するのか決めて、ギャラリーエントリーを構成するパラメータと内容(ノードがサブネットの場合)を定義します。新規でギャラリーエントリーを作成する時は、常にこのオプションがオンになっています。これはギャラリーエントリーには、空っぽではなくて何かのパラメータ値とノードコンテンツを保存しておきたいと思うのが通常だからです。逆に、既存のギャラリーエントリーを編集する時は、このオプションはオフになっています。そのため、ギャラリーエントリーをインスタンス化する必要がなく、またはエントリーに定義するパラメータと内容の現行の設定を気にする必要がないまま、LabelやCategoriesのフィールドを編集することができます。

ウィンドウ