Houdini 19.0 リファレンス ウィンドウ

Viewer Handle Code Generatorウィンドウ

Viewer Handleコードを生成するユーティリティ。

概要

Viewer Handle Code Generator ダイアログは、新しくPythonビューアハンドルスクリプトを作成することができます。 このコードジェネレータには、基本からもっと複雑なビューアハンドル実装まで事前に定義されたサンプルが用意されています。 各サンプルには、クラス実装と必須のcreateViewerHandleTemplateコールバック関数が用意されています。

サンプルだけでなく、このコードジェネレータでは、複数のオプションから選択して特定のイベントハンドラーの骨組みコードを生成することができます。

Note

このコードジェネレータダイアログは、コードを生成するためのツールであって、Pythonハンドルコードの編集を補助するためのツールではありません。 一度ダイアログオプションを入力して受け入れると、そのコードが生成されて、Pythonエディタにコピーされます。 コードジェネレータに戻ることも、オプションを変更することも、コードを必要に応じて更新させることもできません。

To...Do this

基本情報を入力する

  1. Name フィールドにビューアハンドル名を入力します。このフィールドは必須であり、省略するとエラーメッセージが表示されます。

  2. オプションで、その新しいビューアハンドルの LabelDescriptionIcon を入力します。LabelとDescriptionを省略するとそれらはビューアのハンドル名フィールドから推測されます。Iconを省略するとが使用されます。

Sample を選択する

  • Blank: 空っぽのクラス実装を生成します。これがデフォルトのサンプルです。

  • Complete: 利用可能なすべてのイベントハンドラーを含んだ空っぽのクラス実装を生成します。

  • Gadget: PythonハンドルのGadgetについて説明したコードを生成します。

  • Rotate: ジオメトリのY回転パラメータを変更する単純な回転ハンドルを生成します。

  • Translate: ジオメトリをワールド空間で移動させるピボットGadgetを持った移動ハンドルクラスを生成します。

  • Scaling: ジオメトリをX,Y,Z軸に沿ってスケールさせるスケールハンドルクラスを生成します。

Event Handlers を選択する

  • 選択したサンプルコードをカスタマイズしたいのであれば、 Event Handler オプションのどれかを選択してください。

Debug Context Menu を選択する

新しいPythonビューアハンドルコードを生成する

  • Accept ボタンをクリックすると、新しいコードが生成され、それがPythonエディタに上書きコピーされます。

  • Pythonビューアハンドルファイルが既にディスク上に存在した場合、Houdiniは、それを上書きするのか、その新しいビューアハンドルをキャンセルしたいのか尋ねるダイアログを表示します。

  • その新しいPythonハンドルがロードされ、Viewer Handle Browserツリー内にリストされます。

現在のコード生成をキャンセルする

  • Cancel ボタンをクリックすることで、コード生成のタスクがキャンセルされます。

入力をリセットする

  • Clear ボタンをクリックすることで、Pythonハンドル名、サンプル、イベントハンドラーなどを含むダイアログ入力がリセットされます。

ウィンドウ