Houdini 19.0 ノード レンダーノード

DSM Merge render node

2つ以上のディープシャドウ/カメラマップファイルを結合します。

On this page
Since 10.0

パラメータ

Render

直近のレンダーコントロール設定でレンダリングを開始します。

Controls…

レンダリング前にレンダーパラメータの調整が可能なレンダーコントロールダイアログを開きます。

Render with Take

レンダリング時に、指定したテイク内の設定を使います。現行テイクを使うのであれば、 Current を選択します。

Valid Frame Range

Render Frame Range または Render Frame Range Only に設定した時に、レンダリングするフレームを制限します。

Render any frame

レンダラーがどのフレームもレンダリングすることができます。

Render frame range

以下に設定した範囲のフレームのみをレンダリングしますが、その範囲内のフレームが他の範囲のフレームを参照していれば、レンダラーがその他の範囲のフレームをレンダリングすることができます。

Render frame range only (strict)

以下に設定した範囲のフレームのみをレンダリングし、その範囲内のフレームが他の範囲のフレームを参照していても、レンダラーがその他の範囲のフレームをレンダリングすることができません。

Merged Output

それぞれの結果のファイルを結合します。

Opacity Limit

DSM/DCMファイルでは、ファイル内の各ピクセルはすべてのZ深度での不透明度を記録しています。 このパラメータを使用すると、ピクセルで蓄積された不透明度を超えたすべてのデータを切り刻むことにより、 閾値を超えたデータを結合処理中に消去できます。

Compositing

サンプルを出力時に事前に合成するか、合成しないかを制御します。 デフォルトは、入力そのものが何を指定しているかにより決定されます。

Input Files

結合するDSM/DCMのファイル数。

Source File 1

1番目の入力DSM/DCM。

Scripts

様々な実行ステージで実行されるスクリプトコマンドを指定することができます。 パラメータに対して選択されたエクスプレッション言語によって、このコマンドがHScriptステートメントなのかPythonステートメントなのか判断されます。

実行する前に、このノードが自動的にグローバル現行ノードとして設定されます。

代わりにファイルからステートメントを実行したいのであれば、 .cmd拡張子(言語がHScriptに設定されている場合)または.py拡張子(言語がPythonに設定されている場合)が付いたファイルのパスを指定してください。 スクリプトには追加で引数を指定することもでき、シェルと同様の方法で引数が解析されます。

Pre-Render Script

任意のレンダリング前に、このスクリプトを実行します。

Pre-Frame Script

各フレーム前に、このスクリプトを実行します。

Post-Frame Script

各フレーム後に、このスクリプトを実行します。

Post-Render Script

すべてのレンダリング後に、このスクリプトを実行します。

ローカル変数

N

レンダリング中のフレーム。

NRENDER

レンダリングするフレームの総数。

レンダーノード