Houdini のインストール
  • Houdini のインストールには管理者権限 ("Admin", administrator, root または sudo できること) が必要です。
  • Houdini を初めてインストールする場合、またはメジャーアップグレード (例: 16 から 17、17 から 17.5) を行う場合、ライセンスツール (License Server) のインストールも必須です。
  • 既存のインストールに同じバージョンのデイリービルドを追加する場合には、ライセンスツールのインストールは不要です。
  • 一般的に、新しいバージョンの Houdini のインストールに、以前のバージョンの Houdini のアンインストールは不要です。

Windows:

  1. ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックし、Houdini セットアップ プログラムを起動します。
  2. インストーラ内での指示に従いインストールを続けます。終了後、アプリケーションは、デフォルトでは以下から使用できます:
    • Start Menu (スタート メニュー) ->All Programs (プログラム) ->Side Effects Software->Houdini バージョン
  3. インストール中にライセンスが発見されなかった場合、終了時にライセンシング用のUIが表示されます。
    • Apprentice を使用する場合、Apprentice Licensing を選択します。
    • Indie または商用ライセンスを使う場合、Commercial Licensing を選択します。

License Administrator の要領で Houdini のライセンスツールにアクセスできます。

さらなる詳細はHoudini 製品のライセンス をご参照ください。

Linux:

Installer は root または sudo で実行する必要があります。

  1. ターミナルを開きます。
  2. ダウンロードした .tar.gz アーカイブを展開します。例: $ tar -xvzf houdini-17.5.229-linux_x86_64_gcc6.3.tar.gz
    これにより houdini-17.5.229-linux_x86_64_gcc6.3/ というディレクトリが作成されます。
  3. houdini.install スクリプトを実行します。:
    • $ cd houdini-17.5.229-linux_x86_64_gcc6.3/
    • $ sudo ./houdini.install
    • マウスを使用して houdini.install ファイルをダブルクリックすることも可能です。ターミナルでインストーラが起動します。
  4. インストール中にライセンスが発見されなかった場合、終了時にライセンシング用のUIが表示されます。
    • Apprentice を使用する場合、Apprentice Licensing を選択します。
    • Indie または商用ライセンスを使う場合、Commercial Licensing を選択します。

License Administrator の要領で Houdini のライセンスツールにアクセスできます。

さらなる詳細はHoudini 製品のライセンス をご参照ください。

Mac:

  1. ダウンロードした .dmg ファイルをダブルクリックして、Houdini 設定プログラムを実行します。
  2. インストーラ内での指示に従いインストールを続けます。終了後、アプリケーションは、デフォルトでは以下から使用できます:
    • Applications (アプリケーション) → Houdini → Houdini version
  3. インストール中にライセンスが発見されなかった場合、終了時にライセンシング用のUIが表示されます。
    • Apprentice を使用する場合、Apprentice Licensing を選択します。
    • Indie または商用ライセンスを使う場合、Commercial Licensing を選択します。

License Administrator の要領で Houdini のライセンスツールにアクセスできます。

さらなる詳細はHoudini 製品のライセンス をご参照ください。