プロシージャルワークフロー

自主映画制作やインディゲーム開発のゴールは、小規模チームと低予算であってもプロフェッショナルなクオリティの作品を創ることです。

Houdini Indie は Houdini FX の持つ全機能を手頃な価格で提供、これを実現させます。

モデリング

手作業でモデリングしてもプロシージャルに行っても、 Houdini Indie により大規模形状がかつてないほど高速に作成できます。Houdini Indie のモデリングツールは、映画やTV、ゲームやVR 制作に必要な正しいサーフェス・トポロジ生成を容易にし、ビューポート内でインタラクティブに、またはネットワークエディタ内でプロシージャルに操作することができます。ポリゴン、NURBS、サブディビジョンサーフェイスといった広範囲のモデリングツールから選択、プロシージャル手法により、安定したコンストラクションヒストリを保持、高精細なモデルの作成が出来ます。

Boolean

Bevel

PolyFill

キャラクタ & アニメーション

Houdini Indie はキャラクタや怪物のリギングやアニメーションの為の完全なソリューションを提供しています。これらのツールには自動リギング、筋肉や皮膚、クロス、ヘアやファーなどが含まれます。新しい Biharmonic スキンキャプチャはリギングの貴重な時間を節約、FEM を元にした筋肉は迫真的な結果を生成します。

ノードベースのアプローチは典型的なキャラクタリギング TD の作業方法と完全に一致します。キャラクタはパイプラインに親和性の高い Digital Asset ノードに簡単にまとめ上げられ、不可視リグ、キャラクタピッカー、ポーズライブラリなどと併用してアニメーション可能です。Houdini Indie には完全な群衆ソリューションも含まれ、中ー遠景キャラクタの操作が可能です。

VFX

Bullet によるリジットボディ破壊から Pyro FX による炎と煙、砂や雪、そして FLIP 流体による液体まで、 Houdini Indie は、巨大で激変する視覚効果作成に力を与えます。最高峰の映像またはゲームスタジオが使用するツールと同じツールを使って、幅広い自然な効果をシミュレーションすることができます。ソルバはすべて統合環境下で動作するので、エフェクトをキャラクタや環境とシームレスに重ね合わせることができます。

地形

Houdini Indie の地形システムは、プロシージャルノイズやペイントなどでエリアをマスクしながらレイヤを元に地形の作成や編集を行っていきます。操作は画像合成によく似ているので、 Houdini Indie での地形ワークフローは親しみ易いと感じるでしょう。Heightfield を元にした地形は、流体シミュレーション、群衆エージェント、パーティクル、RBD/破壊 そして Pyro FX の衝突ジオメトリとして変換なしで動作します。

ライティング / テクスチャリング / レンダリング

Houdini Indie のライティングワークフローは柔軟で力強い環境を提供、ライトの管理、シェーダ構築、ショットの定義を可能にします。Houdini Indie には Mantra と呼ばれる物理ベースのレンダリングソリューションが同梱されていますが、Renderman、Redshift、Arnold、Octane などのサードパーティレンダラーにも対応しています。

ゲームアート

ゲーム業界は巨大でリッチな世界を創造するため、コンテンツの量と質に対する需要の急増に直面しています。Houdini Indie のプロシージャルなワークフローにより、タスクの繰り返しを自動化し、必要なところにのみ開発チームを注力し、質の高いコンテンツ生成を可能にします。Houdini Indie は反復時間を短縮、バリエーションを増やし、ゲームプレイを向上させます。Indie の価格は皆様にお手頃で、無料の Engine Indie を含めて、AAA 開発者が使用しているのと同じ強力なプラットフォームを提供します。

Houdini Engine Indie

Houdini Engine Indie はプロシージャルノードベースアプローチをお気に入りのアプリケーション上に実現します。繰り返し何度も適用できるレシピを定義したネットワークを構築、これを一つにまとめてカスタムスマートアセットを作成します。これらのアセットを同僚と共有、例えば Autodesk® Maya®、Cinema 4D® などの3D アプリケーションや Unity® または Unreal Engine® などのゲームエディタに直接ロードできます。アセットにパラメータ追加して編集を可能にし、ハンドルを設定することでインタラクティブな操作が可能になります。1 つのアセットは複数回使用でき、コアアセットに加えられた変更は、たとえ制作進行の終盤であっても、アセットのすべてのインスタンスの更新を可能にします。

制限付き商用ライセンス

Houdini Indie の商用目的での使用は次の条件に制限されます:

  • 年間合計粗利益が $100,000 (約1千万日本円) 以下の営利団体とその契約事業者。
  • 企業・営利団体およびその契約事業体による Houdini Indie 購入可能数は 3 ライセンスまで。
  • Houdini Indie は商用版の Houdini と同じパイプラインで使用することはできません。
  • Houdini Indie は、シーンおよびアセットの保存に独自のファイルフォーマットを使用しています。
  • アニメーションレンダリングの最大解像度は 1920x1080 です。
  • Houdini Indieは、RenderMan、Arnold、OctaneRender といったサードパーティ製レンダラとの連携が可能です。今後、V-ray、Maxwell Render への対応を予定しています。
これらの制限事項の詳細はEULA (エンドユーザー使用許諾契約書) を参照してください。