このビデオでは、Rig Attribute VOP ヘルプページ にある KineFX Curve Solver VOP サンプルファイルについて掘り下げています。
このシーンファイルは、KineFX のジョイントの数をダイナミックに調整しつつチューブに対してスキニングする方法を紹介し、Curve Solver VOP ノードの様々なシグネチャの使い方について説明しています。

コメント

  • mushogenshin 1 ヶ月, 1 週間 前  | 

    Thanks so much for showing us the workflow!

  • Stanislav D 4 週間 前  | 

    Please, upload these lessons to Youtube! They deserve more views.

Please log in to leave a comment.