CCボタンをクリックして、日本語サブタイトルをオンにしてご覧ください。

このビデオは、TopoBuild ツール内の4つのモード(ビルド、分割、ブラシ、スムース)を紹介します。 TopoBuild は、デフォルトでは、ビルドモードで開始します。このモードでは、ガイドポイントを元にポリゴンを作成していきます。 ビルドモードでは、追加のオプションがあり、選択範囲をまっすぐにしたり、エッジに沿って均等に配置したり、選択範囲を真円状に変換したりすることもできます。 スプリットモードでは、エッジ上にポイントを追加したり、手動で分割したり、Shiftキーを押しながらエッジループを追加したりすることができます。 ブラシモードでは、ブラシのサイズに応じた低解像度ジオメトリの領域を、高解像度のテンプレートサーフェスに「シュリンクラップ」させた状態で移動できます。 これは、ポイント/エッジ/フェースを個別に選択して移動/編集するのではなく、おおまかな領域を編集したい場合などに理想的です。 スムーズモードは、境界線のエッジをロックし固定しつつ、内部ジオメトリのポイント配置をリラックスさせてます。

コメント

  • 現在コメントはありません

Please log in to leave a comment.