PRODUCTION TECH DEMO

Project Titanは、Houdini のプロシージャルワークフローを実制作環境でテストするためのインハウス技術デモで、3D 環境の生成に Unreal Engine 5 の最新テクノロジを活用しています。このデモ用に作成されたツールとテクニックは、学習資料やダウンロード可能なコンテンツとしてコミュニティに共有されます。

プロシージャルツールのサポートのため、 Kitbash3D によるジオメトリが大きな役割を果たし、Houdini ツールで再構成するテクスチャモデルを提供しています。



UNREAL ENGINE 5 PLUGIN

Houdini Engine for Unreal Engine 5 は Houdini インストーラに含まれているので、最新の Houdini ビルドをインストールすれば使用可能になります。
プラグインに関する詳細は github レポジトリで確認可能です。

Unreal 5 Plugin on Github

PROJECT TITAN | Process

プロジェクト・タイタンへようこそ。この紹介ビデオではこのインハウス技術デモの開発プロセスを探り、コンセプトアートからプロシージャルツールまで、プロジェクトの範囲を理解することができます。

PROJECT TITAN | Tools

Project Titan には、Houdini Engine プラグインにより Unreal エディタ内で動作する、さまざまなツールが用意されています。これらのツールをエディタ内で使用することにより、環境アーティストは、アーティスティックなコントロールと演出性を維持しながら、より迅速にレベルを構築することができます。建物の生成、フェンスの作成、プロップの追加など、このプロシージャルなワークフローにより、小規模なチームでも印象的なレベルのディテールをすばやく実現することが可能になります。

Building (ビル)
Fences and Platforms (フェンスとプラットフォーム)
Ads and Billboards (ビルボード)
Cables and Wires (ケーブルとワイヤ)
Cloth (クロス)
Scaffolding and Construction (足場と建材)
Foilage (植生)
Lamps (ランプ)
Pipes (パイプ)
Stacking (重なり)
Train Rig (電車リグ)
VAT Characters (VAT キャラクタ)
        

DEV BLOG & TUTORIALS

今後数ヶ月間、このセクションには、Project Titanで使用された制作テクニックを探るディスカッションやチュートリアルを更新していく予定です。これにより、HoudiniとUnreal Engine 5の連携について、より深い洞察が得られることでしょう。


Train Destruction FX Tutorial (電車破壊 FX)

May 13, 2022 | 列車衝突のシミュレーションを Houdini で作成し、頂点アニメーションテクスチャで Unreal に送る方法について説明します。車輛メッシュをフラクチャリングとシミュレーション用に準備する方法について学び、シミュレーションの準備ができたら、頂点アニメーションテクスチャ経由でシミュレーションをメッシュとテクスチャとして保存、Unreal シェーダとして設定し、変形を再生する方法について学びます。

レッスンに進む

VAT Characters Tutorial (VAT キャラクタ)

Apr 18, 2022 | キャラクタの動きを、ボーンやスケルトンメッシュを使わず VAT で定義し、キャラクタを生成する方法を紹介します。アニメーションは、頂点アニメーションテクスチャから行われます。そして、レベル内に配置したキャラクタにバリエーションを追加する方法を学びます。

レッスンに進む

Rail Tool Tutorial (レールツール)

Apr 18, 2022 | カーブを描くことでレールシステムを生成する Rails ツールの設定方法について説明します。この上空インフラは、Project Titan のレベル内での列車の移動に使用されます。

レッスンに進む

Tree Pivot Painter Tutorial (樹木ピボットペインタ)

Apr 18, 2022 | Pivot Painter により、風のエフェクトで樹木を生き生きと表現する方法を紹介します。Pivot Painter はSideFX Labs のツールで、風などのエフェクトをリアルに追加できます。樹木の生成方法と、Pivot Painter の全データを取得する方法を紹介します。

レッスンに進む

Fence Tool Tutorial (フェンスツール)

Apr 12, 2022 | Unreal ゲームエディタ内でフェンスツールを使い、入力カーブを元にフェンスを作成する方法について説明します。フェンスの出力は、ジオメトリとそのインスタンスの組み合わせで、角の部分は、様々な角度になるよう新しくジオメトリが作成されます。

レッスンに進む

Platform Tool Tutorial (プラットフォームツール)

Apr 12, 2022 | 基本的な形状を元にプラットフォームを生成する ツールの使用方法について説明します。このツールは、新しいジオメトリをプラットフォームとして作成し、その周囲にインスタンス化されたディテールを追加します。

レッスンに進む

Shrub Tool Tutorial (低木ツール)

Mar 31, 2022 | Unreal で直接使用できる Shrub (低木) ツールについて説明します。枝と葉をプロシージャルに生成する方法と、入力形状に適合するようにツールを設定する方法について説明します。ツール自体には、デフォルトの低木をすばやく生成するための組み込み形状がいくつかあります。ノード ネットワークはデジタル アセットにまとめられ、様々な種類の低木を Unreal Engine 内で生成できるようになります。

レッスンに進む

Ivy Tool Tutorial (ツタツール)

Mar 31, 2022 | 入力形状からツタを伸ばすツールをゼロから作る方法を紹介します。このツールは、枝を生成、その枝に葉を配置します。また、このツールにはツタの枝の落下のためのシミュレーションが組み込まれています。このツールを Houdini のデジタルアセットとしてパッケージ化し、分かり易いインターフェイスを元に Unreal Engine で使用する方法について説明します。

レッスンに進む

Train Tool Tutorial (電車ツール)

Mar 23, 2022 | Train ツールは、モジュラーモデルの基礎となるリグをパッケージ化し、アニメーション可能な列車を作成するツールで、主な機能は、モデルの作成とオートリグの2つです。パターンに基づいて列車の外観をすばやく生成し、トグルを有効にするだけでリグをセットアップできます。

レッスンに進む

Cloth Tool Tutorial (クロスツール)

Mar 18, 2022 | Cloth ツールを使用すると、Unreal Engine 内でクロス シミュレーション元にジオメトリの生成が可能になります。このレッスンでは、Vellum ノードを使用してデジタルアセットツールにクロスシミュレーションを追加する方法を学びます。その後、Houdini Engine プラグイン経由で Unreal で使用します。

レッスンに進む

Stacking Tutorial (スタッキングツール)

Feb 16, 2022 | スタッキングツールを使うと、積み重ねたオブジェクトを素早く環境に配置できます。選択したアセットをあらかじめ定義されたボリュームに詰め込むアセットスタッカーについて説明します。

レッスンに進む

Cable Tutorial (ケーブルツール)

Jan 26, 2022 | このチュートリアルでは、Houdini Engine プラグイン経由で Unreal で使用できるケーブルツールの作成方法について説明します。このツールは、アンカーポイントを設定し、そのポイント間でケーブルを垂らします。

レッスンに進む

Panel Discussion (パネルディスカッション)

Jan 26, 2022 | タイタンプロジェクトリードの Simon Verstraete が、ゲストアーティストの Lea Kronenberger と Robert Schröer と、プロジェクト・タイタンにおけるそれぞれの役割について語りました。一つのチームとしてどのようにクリエイティブな作業を複数のイテレーションで行っていったかを紹介しています。


チーム紹介

プロジェクト・タイタンは、最終的な3D環境の作成にプロシージャルツールを活用し、ほぼタイムの小規模なチームによって達成されました。

Simon Verstraete 
Project Lead | SideFX

Lea Kronenberger
Environments/Assets

Maximilian Lessle
Props/Assets

Frederik Plucinski
Art Director

Robert Schröer
Environments

Anna Molamphy
Houdini Tools

Thomas Marcotte
Houdini Tools

Special Thanks

Carl Drifter  |  Thomas Tobin  |  Benjamin Yde  |  Lino Drieghe  |  Mike Golden  |  Chase Hardy