Skinning Converterは、トポロジが変わらないメッシュの変形シーケンスをボーンベースのアニメーションに変換するための Houdini Digital Asset (HDA) です。 各種パラメータを用いて、期待する結果を得ることを可能にします。


Direct Conversion

メッシュの変形シーケンスがあって、これをボーンベースのアニメーションに変換したい場合、単にツールの最初の入力に接続するするだけです。インターフェイスには、期待する結果を得るために微調整可能なパラメータが提供されています。

Global Settings (グローバル設定)

"Convert to Bones" ボタンは入力メッシュシーケンスを変換します。

ユーザは、ベイクするフレームの範囲指定することが出来ます。デフォルトでは、start-end のフレーム範囲になっています。

Capturing Method (キャプチャ方法) は、Biharmonic Capture (バイハーモニックキャプチャ) または Proximity Capture (近接点キャプチャ) のいずれかを使用するように構成可能です。通常、Biharmonic Captureを使用することをお勧めします。理由は、 Proximity Capture よりも精度が高いからです。ただし、Proximity Capture を使用することで、キャプチャ処理速度を向上させることができます。

Capture Frame (キャプチャフレーム) は、どのフレームを使ってキャプチャポーズを決定するかを決定します。 最初のフレームを使用することをお勧めします。

Max Bone Influences は、影響を受けるボーンの数をコントロールします。 値が大きいほど結果は滑らかになりますが、ゲームエンジン内での負荷も増加します。

Bone Placement Control

Bone Placement Control タブでは、ボーンの配置を生成する2つの方法、Uniform と Adaptive のいずれかを選択できます。

Uniform はボーンをメッシュ上にただ均一に分散します。これは迅速に結果を求めたい場合に便利です。詳細なデフォメーションを保持しなくとも良いシーケンスの場合、これが最善の方法です。

Adaptive はメッシュシーケンスのモーションを解析し、与えられたルールセット (Area Deformation、Curvature、Velocity)に基づいて最も重要と思われる領域にボーン密度を増加します。 その後 "Primary" ボーンスライダによって、重要領域内のボーンの数を制御します。


Input Bones

このツールは、2番目の入力にカスタムのボーンの配置情報を入力することを可能にします。 これにより、ボーンの配置場所を決定するための独自の方法の使用が可能になります。この際にツールは指定されたキャプチャフレームでトランスフォームをロックします。

Drawn Bones

このツールも非常に便利な機能で、メッシュ上にボーンをペイントする可能にし、非常に正確な配置を得ることが出来ます。ネットワーク内のツールを選択し、Enterキーを押してペイントモードに入ります。ツールの下部にストロークを表示され、ここで各ストロークの削除も可能です。このモードを終了するには、Escape を押すだけです。


Error Visualisation

"Error Visualisation" タブでは、入力メッシュシーケンスと一致しない変換結果の領域をすばやいデバッグを可能にします。緑色は同一、黄色はほぼ同じ、赤色は離れていることを意味します。

Converted Output フィールドは変換された出力メッシュを参照し、 Maximum Error, and Accumulated Error の2つのいずれかの方法を使用してソースと比較します。Maximum は、任意の時点におけるすべてのフレームの最大誤差を表示します。色分けは、指定した誤差許容値に基づいて行われるので、コンバージョンの正確さを設定することができ、ツールは精度 (距離差) を表示します。ツールは、メッシュに着色するだけでなく、これらの値をアトリビュートとして格納するので、改善プロセスの自動化も可能になります。

Accumulated Error (累積誤差) 法は、指定された許容誤差に基づき、ソースと結果の間においてすべての点の差の累積を計測します。これはワールド座標で行われます。


CREATED BY

PAUL AMBROSIUSSEN

Paul Ambrosiussen is currently a Technical Artist and Game Tools Developer at SideFX Software. He finished his BASc in International Game Architecture and Design at NHTV University of Applied Sciences in Breda. Paul enjoys writing tools to support effective art-pipelines, and maintaining tool / workflow quality for the artists he is assisting. His goal is to help others create amazing things in a better, faster and more flexible way. He creates tutorials, gives live lectures, attends events, and presents custom workshops to customers.

More from Paul Ambrosiussen

コメント

  • ztyqaz111 7 ヶ月, 2 週間 前  | 

    Very useful!
    Can i create bones from different topology mesh sequence?

    • ztyqaz111 7 ヶ月, 2 週間 前  | 

      sop_polydeform&SKINNING CONVERTER i found it!

      • Ambrosiussen 7 ヶ月, 2 週間 前  | 

        Hi!

        Glad to hear you found a solution!
        If you have questions, feel free to send me a DM.

        Paul

  • dedeks3000 6 ヶ月, 1 週間 前  | 

    Great Video !

  • Matt Vitalone 5 ヶ月, 4 週間 前  | 

    This tool looks great. We have an in-house Maya tool that does this, but it seemed like something that Houdini would naturally be better at.

  • DiegoM 5 ヶ月, 3 週間 前  | 

    Hello! Is there some way to change the size of the visualization spheres? I have some really dense geometry and I have areas that are being covered up entirely by the spheres. Thank you!

    • Ambrosiussen 5 ヶ月, 3 週間 前  | 

      Hey DiegoM,

      Unfortunately not without diving into the tool and adding one line of code. I will add it to my to-do list though :)
      If you want to quickly make the edit yourself, simply dive into the tool, and just above the "Copy to Points" marked in orange, put an attribute wrangle (set to run over points).. In that wrangle, simply write "@pscale = 0.1;" 0.1 meaning 10% of current size, so change it to whatever you need.

      Paul

  • Walter Low 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

    How do i export it for a game engine once i am done with the process of converting?

    • Ambrosiussen 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

      Hi Walter,

      You can use the Filmbox ROP to export an FBX file containing all the data you need.

      Paul

      • waltz 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

        Thanks for the prompt response Paul ;)

  • Alain2131 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

    Hey Paul, awesome tool ! Very usefull and easy to use, thanks a lot !
    Is there a possibility to have the same for rigging wires ? I tried to use the tool on a bunch of wires (even separated wires), and the result is bad :(

    • Ambrosiussen 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

      Hey!

      The tool works less successfully on surfaces that have a lot of small motion on them.
      What you could try is using the "custom bone input" on the tool, and feed the tool points that lie in the center of the wire. (Like a spine)
      Let me know if that works for you!

      Paul

      • Alain2131 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

        Hey Paul,
        thanks for the fast reply !
        Actually, this is exactly what I did ! Sadly, weird results occured, see https://image.ibb.co/e4zqWc/wire_rigging.jpg.

        • Ambrosiussen 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

          Hmm yeah that's what I figured. :/
          You could either try to increase the number of bones. (Probably dont want to do that)
          Or use the VAT tool.

          • Alain2131 3 ヶ月, 2 週間 前  | 

            Indeed, can't have too much bones.
            Thanks, will look into it !
            Awesome tool nonetheless, still a life-saver !

Please log in to leave a comment.