Houdini 19.0 ノード TOPノード

URL Request TOP node

URLからデータを要求するワークアイテムを作成します。

Since 19.0

このノードは、URLに対してHTTPリクエストを実行するワークアイテムを作成します。 そのレスポンスデータは、ワークアイテムアトリビュートまたはディスク上の外部ファイルのどちらかに保存されます。

パラメータ

URL Request

Generate When

このノードがワークアイテムを生成するタイミングを決めます。 このノードがどの生成モードを必須にしているのか、もしくは、ワークアイテムを動的に生成させる必要があるのかどうか分からないのであれば、通常では、これを“Automatic”のままに設定してください。

All Upstream Items are Generated

このノードは、すべての入力ノードが自身のワークアイテムを生成した時にワークアイテムを生成します。

All Upstream Items are Cooked

このノードは、すべての入力ノードが自身のワークアイテムをクックした時にワークアイテムを生成します。

Each Upstream Item is Cooked

このノードは、入力ノード内のワークアイテムがクックされる度にワークアイテムを生成します。

Automatic

入力ノードの生成モードに基づいて生成モードが選択されます。 入力ノードのどれかがその入力のクック時にワークアイテムが生成されている場合、このノードには Each Upstream Item is Cooked が設定されます。 そうでない場合、 All Upstream Items are Generated が設定されます。

Perform Request During

ワークアイテム生成時またはワークアイテムクック時のどちらでHTTPリクエストを実行するのかを決めます。 ワークアイテム生成時にHTTPリクエストを実行する場合、すべてのHTTPリクエストが完了するまで生成ステップはブロックされます。 つまり、HTTPリクエストが結果を返さない限り、ノードにワークアイテムが 追加されません

Request

以下のパラメータを使用することで、URL、クエリの引数、リクエストタイプ(GET、POSTなど)を構成することができます。

HTTP Request Type

実行するHTTPリクエストの タイプ を指定します。 次のリクエストタイプから選択することができます:GET, POST, PUT, HEAD, DELETE。

Custom User Agent

有効にすると、このパラメータの値がこのノード内のワークアイテムによって作成されたHTTPリクエストのユーザエージェント文字列として追加されます。

Request Timeout

有効にすると、このノード内のワークアイテムによって作成されたHTTPリクエストは、指定した時間(秒)が過ぎてもレスポンスを受信しなかった場合に失敗します。

Allow Direction

有効にすると、HTTPリクエストは、別のHTTPステータスコードを出すエンドポイントに到達しない限りリダイレクトに従います。 無効にすると、HTTPリクエストは、リダイレクトに 従わず 、30xステータスコードを返します。

Base URL

リクエストのベースURLを指定します。 例えば、https://www.sidefx.comです。

Set URL Parameters

このノードがベースURLに追加パラメータを追加する方法を決めます。

None

何もURLパラメータを追加しません。

From Attributes

Attribute Pattern パラメータ内のパターンを使って指定されたアトリビュート名/値に基づいてURLパラメータが設定されます。

From Multiparm

Num URL Parameters マルチパラメータを使用して明示的にパラメータを追加します。

Attribute Pattern

URLクエリパラメータとして追加するアトリビュートを指定します。

このパラメータは、 Set URL ParametersFrom Attributes に設定されている時にのみ利用可能です。

Num URL Parameters

ベースURLに追加するURLクエリパラメータの数を指定します。

このパラメータは、 Set URL ParametersFrom Multiparm に設定されている時にのみ利用可能です。

Name

URLクエリパラメータの名前。

Value

URLクエリパラメータの値。

Payload

以下のパラメータを使用することで、 POSTPUT のリクエストを作成する時に、リクエストと一緒に送信されるペイロードデータを構成することができます。

Set Payload From

ペイロードデータの指定方法を決めます。

None

リクエストと一緒にペイロードデータを送信しません。

Attribute

Attribute Nameパラメータで指定されたワークアイテムアトリビュートの内容に基づいてペイロードデータが設定されます。

File

ディスク上のファイルからペイロードデータを読み込みます。

Custom String

ペイロードがCustom Payloadパラメータで指定されたカスタム文字列値に設定されます。

Attribute Name

上流のワークアイテム上のペイロードデータを含んだアトリビュートの名前を決めます。

このパラメータは、 Set Payload FromAttribute に設定されている時にのみ利用可能です。

File Type

ファイルパスの指定方法を決めます。

このパラメータは、 Set Payload FromFile に設定されている時にのみ利用可能です。

Upstream Output File

上流のワークアイテムの出力ファイルリストからファイルが読み込まれます。 このファイルリストは、 File Tag パラメータで指定します。

Custom File Path

File Path パラメータのカスタム値でファイルが指定されます。

File Tag

上流の出力ファイルを読み込む時に使用するファイルタグを決めます。

このパラメータは、 File TypeUpstream Output File に設定されている時にのみ利用可能です。

Multipart Names

同じ File Tag が関連付けられた上流ファイルが複数存在し得ます。 このパラメータを有効にすれば、HTTPリクエストは、このパラメータで指定された値パターンで決定されたパート名を使用して、そのようなファイルをマルチパートリクエストとしてPOSTします。

このパラメータは、 File TypeUpstream Output File に設定されている時にのみ利用可能です。

File Pattern

ペイロードデータのファイルパスを決めます。

このパラメータは、 File TypeCustom File Path に設定されている時にのみ利用可能です。

Custom Payload

このパラメータのフィールドの内容がペイロードデータとしてHTTPリクエストに追加されます。

このパラメータは、 Set Payload FromCustom String に設定されている時にのみ利用可能です。

Convert Payload to Object

有効な時、ペイロードの内容がPythonオブジェクトに変換されます。

Response

以下のパラメータを使用することで、リクエストからのレスポンスデータの保存方法を設定することができます。

Save Response Data To

レスポンスデータの保存方法と保存先を決めます。

None

リクエストからのレスポンスデータが破棄されます。

Attribute

HTTPリクエストを作成したワークアイテムの文字列アトリビュートにレスポンスデータが直接保存されます。

File

ワークアイテムの出力ファイルとして追加されるディスク上のファイルにレスポンスデータが保存されます。

Save As

レスポンスデータの保存方法を決めます。

このパラメータは、 Save Response Data ToAttribute に設定されている時にのみ利用可能です。

Sting

レスポンスデータが文字列アトリビュートとして保存されます。

JSON Object

レスポンスデータがJSONとして再解釈され、PyObjectアトリビュートとして保存されます。

Attribute Name

ワークアイテムアトリビュートの名前を指定します。

このパラメータは、 Save Response Data ToAttribute に設定されている時にのみ利用可能です。

File Path

レスポンスの保存先のファイルパスを指定します。 このパスは出力ファイルとしてワークアイテムにも追加されます。

このパラメータは、 Save Response Data ToFile に設定されている時にのみ利用可能です。

File Tag

File Path の出力ファイルに関連付けるファイルタグを指定します。

このパラメータは、 Save Response Data ToFile に設定されている時にのみ利用可能です。

Automatic

このノードは、ファイルの拡張子に基づいてタグを検出します。

Custom

Custom File Tag を使用します。

Custom File Tag

レスポンスデータをファイルとして保存する際のワークアイテムの出力タグを指定します。

このパラメータは、 File TagCustom Tag に設定されている時にのみ利用可能です。

Save as Binary

有効にすると、レスポンスデータをファイルに保存する際に、出力ファイルがバイナリとして扱われます。

Stream Response Data

有効にすると、レスポンスデータは、リクエストを処理するリモートサーバーからその保存場所にストリーミングされます。 無効にすると、レスポンスデータ全体を必ずメモリに読み込んだ後でないとそのデータを保存することができません。

SSL Verification

以下のパラメータを使用することで、HTTPS URLにリクエストを行なう時に実行されるSSL証明書の検証を設定することができます。

Verify SSL Certificate

HTTPSリクエストを行なう時にSSL証明書の検証を実行するかどうかを決めます。

Custom Cert File

証明書を検証するために信頼できるCA証明書を含んだカスタムファイルのパスを指定します。

Client Cert Type

カスタムのクライアント側証明書の指定方法を決めます。

None

証明書を指定しません。

Single File

単一の.pemファイルで証明書を指定します。

Cert/Key Pair

秘密鍵と証明書を含んだペアで証明書を指定します。

Error Handling

以下のパラメータは、このノードがリクエストエラーを処理する方法を決めます。

On Request Failure

リクエストが失敗した場合のその報告方法を決めます。

Ignore

リクエストの失敗を報告しません。

Report Warning

リクエストの失敗を警告として報告します。

Report Error

リクエストの失敗をエラーとして報告します。

Status Code Attrib

有効にすると、リクエストからのHTTPステータスコードが、指定されたアトリビュートに格納されます。

Save Response Headers

有効にすると、リクエストからのレスポンスヘッダが、ワークアイテム上のアトリビュートに格納されます。

Retry Failed Requests

有効にすると、失敗したリクエストは、成功するか最大試行回数に到達するまで試行されます。

Max Retries

Retry Failed Requests が有効な時、このパラメータは、失敗したリクエストの最大試行回数を決めます。

Retry Backoff

試行の間合い(秒)。

試行の間合いに実際に使用される式はbackoff * 2^(num_failures-1)です。 失敗する度に待ち時間が指数関数的に長くなります。

Retry Status Codes

試行されるHTTPステータスコードをスペースまたはカンマで区切ったリスト。

Schedulers

TOP Scheduler Override

このパラメータは、このノードのTOPスケジューラを上書きします。

Work Item Label

このノードがワークアイテムにどのようにラベルを付けるのかを決めます。 このパラメータによって、固有でないラベル文字列をワークアイテムに割り当てることができ、そのラベルを使用してアトリビュートパネル、タスクバー、スケジューラジョブ名のワークアイテムを区別することができます。

No Label

このノードのワークアイテムにラベルを付けません。

Inherit From Upstream Item

ワークアイテムは親ワークアイテムのラベルを継承します。

Custom Expression

ワークアイテム毎に評価される Label Expression カスタムエクスプレッションをワークアイテムのラベルに設定します。

Node Defines Label

ワークアイテムのラベルをこのノードの内部ロジックで定義します。

Label Expression

有効にすると、このパラメータを使用して、このノードで作成されたワークアイテムに独自のラベルを指定することができます。 このパラメータには、ワークアイテムアトリビュートの参照またはビルトインのプロパティを含めたエクスプレッションを使用することができます。 例えば、$OS: @pdg_frameは、フレーム値に基づいて各ワークアイテムのラベルを設定します。

Work Item Priority

このパラメータは、現行スケジューラがこのノード内のワークアイテムの優先度を設定する方法を決めます。

Inherit From Upstream Item

ワークアイテムは、親ワークアイテムの優先度を継承します。ワークアイテムに親ワークアイテムがなければ、その優先度は0に設定されます。

Custom Expression

ワークアイテムの優先度は、 Priority Expression の値に設定されます。

Node Defines Priority

ワークアイテムの優先度は、このノード自身の内部優先度計算に基づいて設定されます。

このオプションは、 Python Processor TOP, ROP Fetch TOP, ROP Output TOPのノードでのみ利用可能です。 これらのノードは、各自のノードロジックで実装された優先度設定スキームを定義しています。

Priority Expression

このパラメータには、ワークアイテムの優先度を設定するためのエクスプレッションを指定します。 このエクスプレッションは、ノード内のワークアイム毎に評価されます。

このパラメータは、 Work Item PriorityCustom Expression に設定されている時にのみ利用可能です。

TOPノード

  • Attribute Array

    ワークアイテム上に配列アトリビュートを作成/変更します。

  • Attribute Copy

    あるブランチのワークアイテムのアトリビュートを他のブランチのワークアイテムにコピーします。

  • Attribute Create

    入力のワークアイテムすべてに対してアトリビュートを作成または設定します。

  • Attribute Delete

    ワークアイテムからアトリビュートを削除します。

  • Attribute Rename

    ワークアイテム上のアトリビュートの名前を変更します。

  • Attribute from String

    ファイル名などの文字列からアトリビュート値を解析します。

  • Block Begin Feedback

    For-Loop with Feedbackブロックを開始します。このブロック内のTOPノードは直列で実行され、オプションで入力のワークアイテム毎にループさせることができます。

  • Block End Feedback

    For-Loop with Feedbackブロックを終了します。このブロック内のTOPノードは直列で実行され、オプションで入力のワークアイテム毎にループさせることができます。

  • CSV Input

    CSVファイルのデータをワークアイテムのアトリビュートにコピーします。

  • CSV Output

    ワークアイテムのアトリビュートをCSVファイルに書き出します。

  • Command Send

    実行させたいコードを共有サーバーに送信します。

  • Command Server End

    サーバーブロックを終了します。

  • Deadline Scheduler

    Thinkbox社のDeadlineソフトウェア用PDGスケジューラ。

  • Download File

    1つ以上のURLからコンテンツをファイルにダウンロードします。

  • Environment Edit

    ワークアイテムのコマンドラインが実行する環境下で設定する変数を編集します。

  • Error

    条件が満たされた時に警告またはエラーを出します。

  • FFmpeg Encode Video

    静止画像シーケンスを動画に変換します。

  • FFmpeg Extract Images

    動画ファイルから静止画像シーケンスを抽出します。

  • File Compress

    ファイルをアーカイブに圧縮します。

  • File Copy

    実行時またはノードがファイルを生成した時に、ファイルをある場所から別の場所にコピーします。

  • File Decompress

    入力のワークアイテムで指定されたアーカイブファイルを個々のファイルに解凍します。

  • File Pattern

    特定のパターンに合致したファイルに基づいてワークアイテムを生成します。

  • File Range

    特定のファイルパターンに基づいたフレーム範囲からワークアイテムを生成します。

  • File Remove

    指定したパスのファイルを削除します。

  • File Rename

    ファイルを名前変更または移動させます。

  • Filter by Expression

    上流のワークアイテムを条件付きでフィルタリングします。

  • Filter by Range

    指定したフレーム内またはアトリビュート範囲内にある上流のワークアイテムを絞り込みます。

  • Filter by State

    上流のワークアイテムをその状態によってフィルタリングします。

  • Generic Generator

    アトリビュートなしでコマンドラインを実行するワークアイテムを生成します。

  • Geometry Import

    SOPまたはジオメトリファイルのポイントまたはプリミティブをワークアイテムアトリビュートまたは一時ファイルに読み込みます。

  • HDA Processor

    デジタルアセットをクックするワークアイテムを生成します。

  • HQueue Scheduler

    HQueueを使用してワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • Houdini Server Begin

    持続型Houdiniコマンドサーバーを起動します。

  • ImageMagick

    一括で画像変換、サイズ変更、画像モザイクなどのImageMagickの機能に簡単にアクセスすることができます。

  • In Process Scheduler

    In-Processワークアイテムのスケジューリングを制御します。

  • Invoke

    入力ジオメトリに対してコンパイルブロックを呼び出します。

  • JSON Input

    JSONファイルからデータを抽出してアトリビュートを作成します。

  • JSON Output

    JSON出力を生成する色々なオペレーションを実行します。

  • Labs Archive Project

    現行HIPファイルの依存関係を収集してアーカイブ(書庫)にするユーティリティTOP。

  • Labs Concatenate Text

    複数のテキストファイルを単一ファイルに結合します。

  • Labs Cut Geometry to Partitions

    入力ジオメトリを分割します。

  • Labs Data Diff

    様々なジオメトリ、テキスト、画像ファイルを比較します。

  • Labs Extract Image Metadata

    iinfoを使用して画像メタデータを抽出します。

  • Labs File Cache Filter

    ファイルのキャッシュ化で使用されるワークアイテムを分割します。

  • Labs File Cache Partitioner

    ファイルキャッシュの範囲とWedge値に基づいてワークアイテムを分割/生成します。

  • Labs Filter by Value

    特定のアトリビュート値で1つ以上のワークアイテムをフィルタリングします。

  • Labs Filter by Value

    指定したアトリビュート値で複数のワークアイテムをフィルタリングします。

  • Labs Generate from Imageplanes

    画像内に見つかった画像平面に基づいてワークアイテムを生成します。

  • Labs Wedge

    アトリビュート値を可変させてワークアイテムを生成します。

  • Local Scheduler

    ローカルマシン上でワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • Make Directory

    ディレクトリを作成します。

  • Maya Server Begin

    持続型Mayaコマンドサーバーを起動します。

  • Merge

    上流のすべてのワークアイテムを結合します。

  • Node Pattern

    マッチしたノードに基づいてワークアイテムを生成します。

  • Nuke Server Begin

    持続型Nukeコマンドサーバーを開始します。

  • Null

    何もしません。

  • OP Notify

    何かしらのTOPワークが完了したことを通知します。

  • Output

    サブネット出力。

  • Partition by Attribute

    アトリビュートに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Bounds

    境界アイテムを使って、ソースアイテムを空間的に区分けします。

  • Partition by Combination

    ワークアイテムを2個毎、3個毎などに区分けします。

  • Partition by Comparison

    既存の比較を使ってワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Expression

    エクスプレッションに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Frame

    フレームに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Index

    インデックスに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Iteration

    フィードバックループの反復に基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Node

    ノードに基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Range

    範囲に基づいてワークアイテムを区分けします。

  • Partition by Tile

    軸に平行な境界ボックスを使ってワークアイテムを空間的に区分けします。

  • Perforce

    PDG経由でPerforceコマンドを実行します。

  • Python Partitioner

    Pythonスクリプトを使ってワークアイテムを区分けします。

  • Python Processor

    Pythonスクリプトを使ってワークアイテムを生成します。

  • Python Scheduler

    Pythonベースでプログラミング可能なPDG用スケジューラ。

  • Python Script

    Pythonスクリプトを実行するワークアイテムを生成します。

  • Python Server Begin

  • ROP Alembic Output

    埋め込まれたROP Alembic ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Composite Output

    埋め込まれたComposite ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP FBX Output

    埋め込まれたFBX ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Fetch

    ROPノードまたはROPネットワークをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Geometry Output

    埋め込まれたGeometry ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Karma Render

    埋め込まれたKarma ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP Mantra Render

    埋め込まれたMantra ROPノードをクックするワークアイテムを生成します。

  • ROP USD Output

    組み込まれたUSD ROPノードをクックするワークアイテムを作成します。

  • Range Extend

    上流のワークアイテムのフレーム範囲を広げて、必要に応じて新しいワークアイテムを追加します。

  • Range Generate

    指定した範囲のワークアイテムを生成します。

  • Render IFD

    Mantraを使ってIFDファイルをレンダリングするワークアイテムを生成します。

  • SQL Input

    SQLクエリの作成と行毎にワークアイテムを生成する入力ノードです。

  • SQL Output

    SQL INSERTクエリを生成する出力ノードです。

  • Send Email

    電子メールを送信します。

  • ShotGrid Create

    ShotGridエンティティを作成します。

  • ShotGrid Delete

    ShotGridからエンティティを削除します。

  • ShotGrid Download

    ShotGridからAttachmentをダウンロードします。

  • ShotGrid Find

    ShotGridエンティティを検索します。

  • ShotGrid Server Begin

    持続型ShotGridコマンドサーバーを起動します。

  • Shotgun Update

    Shotgunエンティティを更新します。

  • Shotgun Upload

    Shotgunにファイルをアップロードします。

  • Sort

    アトリビュートのリストからワークアイテムを並べ替えます。

  • Split

    上流のワークアイテムを2つのグループに分けます。

  • Subnetwork

    TOPノード用コンテナ。

  • Switch

    ネットワーク分岐を切り替えます。

  • TOP Fetch

    他のTOPネットワークをクックします。

  • TOP Fetch Input

    TOP Fetchで取得したネットワークの入力。

  • Text Output

    テキストを新しいファイルに書き出したり、既存ファイルに書き足します。

  • Tractor Scheduler

    PixarのTractorを使ってワークアイテムのスケジュールを組みます。

  • URL Request

    URLからデータを要求するワークアイテムを作成します。

  • USD Add Assets to Gallery

    USDアセットをAsset Galleryに追加します。

  • USD Import

    USDステージで見つかったPrimsからワークアイテムを生成します。

  • USD Import Files

    USDステージで見つかったファイル参照からワークアイテムを作成します。

  • USD Render

    USDファイルを書き出すワークアイテムを作成します。

  • Wait for All

    上流のワークアイテムすべてが完了するのを待ちます。

  • Wedge

    アトリビュート値を色々と変えながらワークアイテムを生成します。

  • Work Item Expand

    ファイルリストまたはパーティションを複数のワークアイテムに展開します。

  • Xml Input

    XMLファイルからデータをワークアイテムアトリビュートに抽出します。