Houdini Engine FAQs


Houdini Engine をどういう風に使用できますか?

Houdini Engine は、Houdini Engine API を用いて作成されたプラグインから使用することができます。プラグインはホストアプリケーション内で動作、Engine がクックした結果をホストアプリケーションに渡します。これには、Houdini ソフトウェアのインストールと、Houdini Core、Houdini FX または Houdini Engine のいずれかのライセンスが必要です。

アーティストは、 Autodesk Maya, Unity, Unreal, Cinema 4D 用に開発されたプラグインを使用して、 Houdini Engine へのアクセスできます。3DS Max 用のプラグインは現在開発中です。制作会社は Houdini Engine API を用いて独自のプラグインを作成し、大規模パイプラインへの統合を実現することができます。独自プラグインの実行には、商用版の Houdini Engine のライセンスが必要です。Houdini Engine Indie ではここに列挙されたプラグインの実行が可能です。

Houdini Engineプラグインの価格は?

Houdini Engineプラグインは無料で利用可能ですが、プラグインを実行するには、Houdini Engine、Houdini Core あるいはHoudini FXのライセンスが必要です。プラグインが Houdiniデジタルアセットを読み込む際に、適切なライセンスがチェックアウトされます。

Houdini Engine のライセンシングはどのように機能しますか?

Houdini Core または Houdini FX のライセンスを既にお持ちの場合、そのライセンスで Houdini Engine の実行が可能です。ホストアプリケーションのみで作業を行いたい場合向けに、 Houdini Engine ライセンスが用意されました。 Houdini Engine ワークステーション ライセンスは年間価格 57,500円+税、また同一組織内でのライセンス共有に適したフローティングライセンスは、年間価格 92,000円+税からになっています。フローティングライセンスにはボリュームライセンス価格もございます。

新たな Houdini Engine ライセンスは Houdini Batch ライセンスと統合されているため、ファームでのバッチ処理も行えます。これにより、制作現場では一つのライセンスを二つの用途に使用することができ、必要に応じた使い分けが可能です。 Houdini Batch ライセンスは廃止される予定で、より用途の広い Houdini Engine ライセンスへの変換については Side Effects 社にお問い合わせください。

Houdini Core または Houdini FX のライセンスを既にお持ちの場合、そのライセンスで Houdini Engine の実行が可能です。ホストアプリケーションのみで作業を行いたい場合向けに、 Houdini Engine ライセンスが用意されました。 Houdini Engine ワークステーション ライセンスは年間価格 57,500円+税、また同一組織内でのライセンス共有に適したフローティングライセンスは、年間価格 92,000円+税からになっています。フローティングライセンスにはボリュームライセンス価格もございます。

新しい Houdini Engine ライセンスは Houdini Batch ライセンスと統合されたため、ファームでのバッチ処理も行えます。これにより、制作現場では一つのライセンスを二つの使用用途に応じた使い分けが可能です。 Houdini Batch ライセンスは退役になり、より用途の広い Houdini Engine ライセンスへの変換については SideFX ないし担当代理店にお問い合わせください。

さらに、アーティストは Houdini Engine を Cinema 4D や Maya など、複数のホストアプリケーション内で実行することができるため、フローティング ライセンスによる管理が容易になります。また、 Houdini Engine ライセンスは Houdini デジタルアセットがホストアプリケーション内で開かれた場合にのみチェックアウトされるので、 Houdini Engine を使用していない時にはライセンスが消費されません。

Houdini Engineのライセンス価格は?

Houdini Engineワークステーションライセンスは年間価格 57,500円+税、また同一組織内でのライセンス共有に適したフローティングライセンスは、年間価格 92,000円+税からになっていますからご購入いただけます。フローティングライセンスにはボリュームライセンス価格もございます。 詳しくは こちら をご覧ください。

Houdini Engine で動作する Maya のバージョンは何ですか?

Houdini Engine for Maya プラグインは Autodesk Maya 2012 以上で動作し、 OSX 、 Windows および Linux 上でのご利用が可能です。

Houdini Engine は Maya LT で使用することはできますか?

Maya LT は現在プラグインをサポートしていないため、 Houdini Engine for Maya をご使用いただくことはできません。

Houdini EngineとHoudini Batchのライセンスはなぜ統合されたのですか?

制作現場における複数ライセンスの管理を容易にするため、新たなHoudini Engineライセンスには二つの用途があります。一つは、Houdini Engineをホストアプリケーション内で実行すること、二つめは、ファームでのバッチ処理です。こうしたバッチ処理はHoudini自体が行う場合と、ファーム上のHoudini Engineを使用してホストアプリケーションが行う場合があります。

所有している Houdini Batch ライセンスを Houdini Engine ライセンスに交換すべきでしょうか?

Houdini 13.0 ビルド 401 以降をお使いであれば、Houdini Engine のライセンスに対応しています。それ以前のビルドであれば、Houdini Batch ライセンスを続けて使用する必要があります。

Houdini Engine APIのドキュメントはどこにありますか?

Houdini Engine APIのドキュメントは、 http://www.sidefx.com/docs/hengineで参照いただけます。

Houdini Engine 試用版の利用はできますか?

はい。 Houdini Engine を 30 日間お試しいただける試用版は、初回インストール時の 1 回に限りご利用いただけます。ご試用期間中は、 Engine のすべての機能をご利用いただくことが可能ですが、 30 日間のご試用期間終了後に Houdini デジタルアセットをロードするには、 Houdini 、 Houdini FX 、 Houdini Engine のいずれかのライセンスが必要です。

Houdini Apprentice および Apprentice HD で Houdini Engine を実行することはできません。

Education ライセンスを使用して Houdini Engine を実行することはできますか?

Houdini Education ライセンスで Houdini Engine を実行することはできますが、 Houdini Apprentice や Apprentice HD ライセンスで 実行することはできません。学生は学校の実習室の Education ライセンスを使用して、ホストアプリケーションで Houdini Engine を実行してください。

なぜプラグインのソースコードはGithub上で公開されるのですか?

コミュニティのコードベースへの貢献を奨励し、制作現場でのカスタムプラグイン開発を可能にするためです。このソースコードを修正し、独自のプラグインとしてコンパイルすれば、Houdiniとともに出荷される公式プラグインに組み込まれるソースコードの変更に貢献することができます。

Github のどこにプラグインソースコードはありますか?

Maya プラグインと Unity プラグインのソースコードはこちらの Side Effects Githubページで見つけることが出来ます。