Karma Renderer FAQs


Karma と Mantra の主な違いは?

Mantra は Houdini から出力する ifd ファイルフォーマットを使ってレンダリングを行いますが、ifd は Solaris の LOP での対応予定はありません。 Karma は USD ファイルフォーマットを使ってレンダリングを行い、Solaris の LOP コンテクストからのみ使用できます。

Karma は本番制作に使用できる状態ですか?

H18 において、Karma はベータとして提供され、制作に使用するための機能が十分ではありません。個別機能の有無に関しては、下記のテーブルをご参照ください。

Solaris をライティングに使用するのであれば、RenderMan など別の Hydra デリゲートの使用が考えられます。

H18 出荷時の Karma Beta と Mantra の比較は?
機能 Mantra Karma [Beta]
     
CPU レンダラ 対応 対応
GPU レンダラ 対応予定無 今後のリリースで計画中
     
USD/Solaris Support 対応予定無 対応
IFD Support 対応 対応予定無
Open Image IO はい | 環境変数で設定 対応
     
標準サーフェスシェーダ Principled - VEX Principled - VEX
VEX シェーディング 対応 機能のいくつかは未だ開発中
     
CVEX: Lens Shader (VR Camera) 対応 開発中
CVEX: ボリュームプロシージャル 対応 今後のリリースで計画中
     
トゥーンシェーディング VEX シェーディング VEX シェーディング
エッジ/ダートマスクのレンダリング 対応 今後のリリースで計画中
テクスチャベイク 対応 今後のリリースで計画中
     
マテリアルオーバーライド Material Stylesheets [USD] | マテリアルのアサイン後、Material Variation LOP を使用
     
アダプティブサンプリング 対応 一部対応 | 開発中
モーションブラー 対応 対応
被写界深度 対応 対応
サブサーフェススキャッタリング 対応 一部対応 | 開発中
ボリューム 対応 80% 対応 | 開発中
Heightfields 対応 今後のリリースで計画中
インスタンシング 対応 対応
ネスト化インスタンシング 対応予定無 対応
遅延ジオメトリロード 対応 今後のリリースで計画中
サブディビジョン HoudiniSubdiv/OpenSubdiv OpenSubdiv
ディスプレイスメントシェーディング 対応 対応
群衆サポート 対応 一部対応 | USDSkel に対応でも最適化は今後
NURBS 対応 今後のリリースで計画中
レンズシェーダ 対応 今後のリリースで計画中
IES ライト 対応 今後のリリースで計画中
Absorption and Nested Dialectrics 対応 今後のリリースで計画中
     
デノイズ Optix Optix | Intel 今後対応予定
AOVs 対応 対応
Deep Images 対応 今後のリリースで計画中
Cryptomatte 対応 今後のリリースで計画中
     
Fur & Hair 対応 一部対応 | 開発中
Render Curves 対応 一部対応 | 開発中
     
Viewport Render 対応 対応
Render View 対応 今後のリリースで計画中
ディスクへのレンダリング出力 対応 対応
HQueue - 分散レンダリング 対応 Husk 経由で対応
スタンドアロン、コマンドラインレンダリング 対応 Husk 経由で一部対応 | 開発中
チェックポイント 対応 一部対応 | 再開は今後の予定
     
VEX 関数    
- Gather Loop 対応 開発中
- Illuminance Loop 対応 開発中
- trace (VEX関数) 対応 開発中